行事

中学3年生、こまつ座『どうぶつ会議』を観劇!

Web担当KN 行事 タグ: ,
『どうぶつ会議』舞台写真④

先日、中学3年生は、3月の卒業演劇に向けて、本物のプロの舞台、
こまつ座の『どうぶつ会議』を学年全員で観劇してきました。
『どうぶつ会議』舞台写真③
午前中で授業が終わり、おのおの初台の新国立劇場に集合します。
迷わずに来られるか心配でしたが、無事、全員が開演時間に揃いました。
IMG_1192
上演中は、メモを一生懸命取る生徒や、双眼鏡で舞台の隅々にまで目を向ける生徒など、
自分たちの受け持つ役割によって、観るところ、感じるものが違ったようです。
『どうぶつ会議』舞台写真②
終演後、「楽しかったー!」「あそこのシーンってさ…」と、
それぞれ会話に花を咲かせながら帰って行きました。
とても刺激的で、今後のクラスでの演劇作りに向けて、
アイデアやヒントをたくさんもらった1日でした。

※舞台写真はこまつ座にお借りしました。

<生徒の感想文>
1人目→自分は音響だから、音に着目しなきゃいけないのに、
それを忘れさせるぐらい音が溶け込んでいたので、
そういう音響になりたいと思いました。(男子)

2人目→大人へ向けたテーマだけど、子どもの心にも刺さる内容でした。
動物たちが最初に「寝るな」とか「喋るな」と言っていたのが、
マナーのようなものに重なっているのが面白かったです。
みんなで歌うところが、自分も物語の登場人物になったみたいで、
動物が訴えていることの現実味を実感しました。(女子)

3人目→まず、大道具の仕事のおおきな木を少しずつ上下に動かしているところが、
風に揺れる自然な気を再現していて、とても自然だった。
照明の、歌うシーンで毎回照らし方が違ったところとか取り入れていって、
その場面を表現していきたい。(男子)

キャストは台詞を言っているときより、
むしろ言っていない時の方が動物っぽい仕草や顔をしていて、
どの人に目をやっても楽しいのがすごいと思った。
それから、真剣なシーンで声のトーンを落とすとき、
声は低くなるのに、楽しいシーンの時と全然声量が
変わっていなかったのが、すごいと思ったし、できるようになりたい。(女子)

中2新体験!和光高校体験授業に参加しました。

Web担当K.M 学習, 行事 タグ:
20190205 - 8

2年生が和光高校体験授業に参加しました。たくさんの講座があり、生徒の興味関心で受講することができます。和光高校の教員が授業者、ということで、中学生もドキドキでした。この日の授業は「化学変化は突然に…?」「プログラミングって必要?」「縄文体験してみよう〜火起こし〜」「小さな小さなリニアモーターカーを作ろう」の4つでした。別日に「方言音読会」「四次元って何?」「版画で作るTシャツデザイン」「貿易ゲーム」が開講予定です。100名を超える中学生が応募しました。

20190205 - 3

20190205 - 2

感想
ふだんやらないことを体験できて良かったです。どの方向にすればどこに行くのかとか色々考えながら動かしたりして、楽しかったです。貴重な体験ができて良かったです。(生徒A

ロボットを思い通りに動かすのは難しかったけど、最後にうまくいった時はすごく嬉しかった。こういうのがあるのってすごいなーと思った。(生徒B)

「プログラミング」と聞くと、難しいのかな?と思っていたけど、3才とかでもできると聞いてびっくりした。実際に体験もできて、すごく面白かった。でも、思いどおりにいかなかったりして大変だった。 (生徒C)

20190205 - 1

20190205 - 5

感想
化学変化楽しそうだなって思っていて、やってみたら、量を多くしたり、少なくすることで、変化する時間が違うっておもしろいことだなって思いました。面白かったです。(生徒D)

講座名にある「突然に、、、」の意味が最初はよくわからなかったけれど、やってみるとわかった。確かに「突然」とても面白かった。 (生徒E)

化学変化の時間を変えることができるというのは面白いと思った。仕組みをきいて酸が銅に炭素を入れたときのようだなと思った。(生徒F

20190205 - 4

感想
初めて作ったけど、とても楽しかった。教え方がとっても分かりやすかった。電池だけでアルミのぼうが動くのはほんとうにすごいと思った。(生徒G)

アルミホイルが勝手に動いておもしろかった。磁石を均等に置くのがむずかしくてずれてしまって時々とまってしまったけど、楽しかった。 (生徒H)

フレミング左手の法則など、電極が変わることによっておきる動きの変化などが知れて良かったです。(生徒I)

20190205 - 6

20190205 - 7

感想
縄文時代がいつかなんて普だんは考えもしないからよかった。火はつけられなかったけど、楽しかった。みんな夢中になってて、こういう授業はいいな~と思った。火をつけるのは思ってたより難しくて、縄文人はすごいなあと思った。(生徒J)
火おこししたことが無かったから、どんなふうかなと思ったけど、とっても大変で縄文人すごいなと思った。今はマッチとかコンロがあるからすぐについちゃうけど、あたりまえのことをあたりまえと思っちゃだめだなと改めて思った。(生徒K)

一言でいうと縄文人はすごい。そうぞうしてるよりめちゃめちゃむずかしかった。3人1組で30分くらいやってたのに火をつけることはできなかった。縄文人の人は1人でもつけることができるし3分ほどでつけられると聞いておどろいた。火をつけるのがどんなにたいへんかわかった。(生徒L)

系列小学校で「歌の会」がありました!

Web担当KN 行事 タグ: , , ,

先日、和光小学校(世田谷)と和光鶴川小学校(中高隣接)の
それぞれで「歌の会」が開かれました。
image1 (1)
「歌の会」とは、和光中学校の3年生が、付属の小学校を訪れ、
小学生と合唱をお互いに聴き合うという会です。
懐かしい母校に足を運んで、嬉しそうに先生に手を振る生徒や、
小学生を見て「かわいいー」と和む生徒など、いつもと違う環境にウキウキな3年生。

中学生が合唱を披露する前に、メッセージが贈られます。
image1 (2)
小学校の頃の思い出や、あっという間だった中学校生活について、
小学生もじっと耳を傾けます。
そして、3年間の思い出の詰まった「遙か」「花の名」の2曲を披露。
image1 (3)
その後、お返しとして、小学生が元気な歌をプレゼントしてくれました。
その真っ直ぐで素敵な歌声に胸を打たれ、涙する中学生も。
また、小学生の代表の言葉では「とても成長したなあと思いました」という嬉しいお言葉を頂き、会場が笑いに包まれました。

<中学3年生から小学生に贈られた言葉(一部抜粋)>
鶴小を卒業してから3年、本当にあっという間の毎日でした。
この間のことのように感じるのに、思い出そうと思うと、
なかなか全部を思い出せなくて寂しかったのですが、
思い出の品を見返すと、どんどん鶴小の思い出が蘇ってきて嬉しかったです。
生活ノートの先生のコメントが、優しくて、とってもあたたかかったです。
毎日出してくれた通信では、卒業式の時のものに
「先生は君たちの個性を伸ばしてあげられたでしょうか?」という文がありました。
たくさん伸ばしてもらいました。
鶴小の、誰のどんな意見も大切にしてくれて、
先生たちが子どもひとりひとりのことを考えてくれる。
みんなで力を合わせて頑張れる、挑戦できる、楽しく体験して学べる。
そんなところが、とってもあったかくて大好きでした。
みんなが仲間で、家族のような近い存在で成長していける、
私にとって安心できる場所でした。

集中HR(2年生)のようす

Web担当K.M 行事 タグ:
20190125 - 3

20190125 - 2

学校を離れ、チャイムを気にすることなく、とことん話し合う。それが「集中HR」です。中学校3年間の折り返しのこの時期に学級、仲間、授業、日常…など学校生活のすべてが話しあいのテーマになります。今、どんなことをじっくり話し合ってみたいか、そんなアンケートを学級リーダー集団が作り、まとめ、整理し、議事進行・運営を担います。ふだん思っていても、なかなか素直に言えなかったり、自分への指摘を非難された、と思い込んで反発してしまっていたり。朝の9時から解散の16:30まで。今日は1日中、クラスメイトと話し合いました。話せば話すほど、もっと話したくなる…。「おつかれさまー」「さようならー」ていねいにお辞儀をして、最後の生徒が帰っていきました。

20190125 - 1

中学3年生 演劇 オーディション

Web担当KN 学習, 行事 タグ: ,

3年生は、引き続き演劇に向けてクラスごとに取り組んでいます。
先日、キャスト決めのオーディションが行われました。

あるクラスでは、大教室を貸し切り、照明も落とし、本番さながらでスタート。
IMG_1188
どの役も複数の立候補があるため、演じる人も観る人も本気です。
IMG_1185
色々な組み合わせで読んでみたり、動きながら演じる人、表情豊かに読む人と、様々です。
演者の息がぴったり合うと、会話の面白さが生まれ、笑いが起きます。
そして演じ終わるたびに、自然と拍手がわいていました。
IMG_1186
立候補者全員の演技が終わると、顔を伏せ挙手で投票をします。
最後、全ての役が決まると、みんなもホッとした表情に。
総演出からの「一緒にがんばろう」というメッセージで、オーディションは無事に締めくくられました。
IMG_1187

3学期始業式が行われました!

Web担当KN 行事 タグ: ,

1月8日(火)から3学期がスタートしました。
1時間目には体育館で始業式が行われました。
DSCF3637
体育館はとても寒かったですが,
「あけましておめでとう」という元気なあいさつで寒さも少し吹き飛びました。

校長先生からは,ハラスメントやいじめについての話がありました。
小学校のときに「いじめたことがある人」「いじめられたことがある人」に手を挙げてもらいました。
「いじめたことがある人」の人数は「いじめられたことがある人」の人数の1/10ほどでした。
いじめた人はすぐに忘れてしまうかもしれませんが,いじめられた人はいつまでも覚えているという良い例でした。
DSCF3642

大人の世界にもハラスメントやいじめはあります。
それをなくしていくためにはどうすればよいでしょうか。
やっている側が自覚することは当然のこととして,周りで見ている人「傍観者」の存在も大きいです。
なかなか難しいことですが,見ているだけではなく,実際に行動することが求められています。

DSCF3649

新しい執行委員長からの話もあり,
「1年生は新入生を迎える準備を」
「2年生は生徒総会での総括を受けての取り組みを」
「3年生は残り3か月でアドバイスを」というメッセージがありました。

さぁまとめの3学期。
よいスタートが切れましたね!

有志スポーツ大会が行われました!

Web担当KN 自治活動, 行事 タグ:

12月19日(水)の午後,有志スポーツ大会が行われました。
生徒会執行部が中心となり企画しました。
執行委員会が中心となり,企画・運営がなされました。
DSCN1931
種目はバレーボール,バスケットボール,サッカーの3つ。
有志ということもあり,参加チームは少なかったですが,熱く盛り上がりました。
DSCN1945
和光の良さは,勝負でありながら,相手を悪く言わないところ。
さわやかな汗が流れる学期末の午後となりました。
執行委員会としても最後の仕事でした。執行委員会の皆さんお疲れ様でした。

和光の生徒総会とは?

Web担当KN 行事 タグ:

12月18日(火)に生徒総会がありました。
DSCF3607

和光の生徒総会はとても盛り上がります。それは,学校の中に話し合う文化が存在するから。
先輩に気を使って…ということもないから,1年生も臆することなくどんどん発言します。
議長は選挙で選ばれた人(↓)が担当します。
DSCF3613

これまでに,執行委員会(↓)から出た議案書を基に,クラスの三役を中心にクラス内で何時間も議論し,事前準備をしてきました。
DSCF3609

クラスの三役(↓)はクラス内での討議を代弁するために後ろで待機します。
DSCF3625

今回の主な議題は,①掃除への取り組み,②飲食ルール・校外マナー,③言い合える関係についてです。

①の掃除については,どのようにしたらよいのか,具体的な改善策を持っているクラスからのアドバイスがありました。
DSCF3621

②の飲食ルールや校外マナーはこれまでの生徒会が時間をかけて作り上げてきたものです。それを破ってしまうのはなぜなのか。破っている人はどのように感じているのかなどを全校生徒で議論しました。守っていない人の名前も具体的に挙がり,名前の挙がった人からの反省やそのときの気持ちなどの発言もありました。
DSCF3620
特に,「個人的な問題なのだから個人が反省すればよい」に対し,「それでは根本的な問題解決にはならない」という意見が出て激論が交わされました。

③は,今年の生徒会の重点スローガンである「言い合える関係でつくろう和光」が実現できていたかの振り返りです。どのクラスにも注意しにくい関係というのが大なり小なり存在します。3年生からは「お互いを知るということが言い合える関係を作るための第一歩。言わないことには始まらないから,勇気を出して言ってみると言うことも大切」「Try&Happiness」というメッセージがありました。
DSCF3630

議論の最後に,執行委員長から「言い合える関係は和光の要。話し合うことがとても重要。」というコメントがありました。
総会の目的は,解決のためのヒントを得ること,そのための話し合いをすること。そう考えると実りのある総会になったと思います。

この生徒総会をもって現執行委員会が解散し,年明けからは新体制となります。

縦割りお楽しみ会 黄色ブロック

Web担当KN 自治活動, 行事 タグ: , ,

テストが終わってほっと一息。
そんな中、本日1年2組・2年2組・3年2組の3クラス合同で、お楽しみ会が行われました。
DSC05814
この3クラスは、4月に行われたオリテ運動会で同じ黄色ブロックだった懐かしのチームメイト。
3年生の「もう一度みんなで集まって交流を深めたい!」という強い思いから、
1学期から計画を進め、ようやく本日決行となりました。

まずは4チーム対抗のドッジボール。
DSC05812
校庭に描いた大きな円を4つに分け、4チーム一斉に、2つのボールでドッジボールが始まります。
2つのボールがあちこちから飛んでくるため、一瞬の油断が命取りに。
あちこちから歓声や悲鳴があがります。
「もう少し3年男子は優しく投げてください-!」
途中からはそんな女子からの訴えにより、たくましい男の子達も手加減してくれていました。

次はドロケイ。
DSC05835
3年生全員が鬼となって、後輩達を全力で追いかけます。
上下関係のない和光生だからこそ、追いかける方も追いかけられる方も本気です。
寒い中、全速力で走り回る姿は、まさに「子どもは風の子」。
最後、逃げ切った人は景品の飴をもらって嬉しそうにしていました。

「卒業まで仲良くしてください!」
DSC05842
という3年生の爽やかな声かけで幕を閉じたお楽しみ会。
縦割りの絆と優しい気づかいが見られた時間となりました。

新執行委員が決まりました!

Web担当KN 自治活動, 行事 タグ: ,

11月30日(金)の午後,生徒会の新執行委員を選ぶ選挙が行われました。
DSCN1681
生徒会執行委員は,生徒の代表で,和光中学校の「顔」ともいえる存在です。
執行委員長1名,副執行委員長2名(1名は文化部長,1名は生活部長),書記長1名の計4人がいわゆる4役というポストです。
今年は,それぞれのポストに2年生が1人ずつが立候補し,信任投票となりました。
DSCN1680
一方,執行委員のポストは8名に対し,9名が立候補し,こちらは競争総選挙となりました。
DSCN1816
激戦の末,1年生3名,2年生5名が当選しました。
毎週火曜日には,執行委員会が開かれ,真剣な議論が行われています。
現在も執行委員を務めている生徒も多くいます。
新執行委員会は12月18日(火)に予定されている生徒総会の後からスタートする予定です。
各候補者の「公約」がどれだけ実現されるか楽しみです。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求