学習

中2新体験!和光高校体験授業に参加しました。

Web担当K.M 学習, 行事 タグ:
20190205 - 8

2年生が和光高校体験授業に参加しました。たくさんの講座があり、生徒の興味関心で受講することができます。和光高校の教員が授業者、ということで、中学生もドキドキでした。この日の授業は「化学変化は突然に…?」「プログラミングって必要?」「縄文体験してみよう〜火起こし〜」「小さな小さなリニアモーターカーを作ろう」の4つでした。別日に「方言音読会」「四次元って何?」「版画で作るTシャツデザイン」「貿易ゲーム」が開講予定です。100名を超える中学生が応募しました。

20190205 - 3

20190205 - 2

感想
ふだんやらないことを体験できて良かったです。どの方向にすればどこに行くのかとか色々考えながら動かしたりして、楽しかったです。貴重な体験ができて良かったです。(生徒A

ロボットを思い通りに動かすのは難しかったけど、最後にうまくいった時はすごく嬉しかった。こういうのがあるのってすごいなーと思った。(生徒B)

「プログラミング」と聞くと、難しいのかな?と思っていたけど、3才とかでもできると聞いてびっくりした。実際に体験もできて、すごく面白かった。でも、思いどおりにいかなかったりして大変だった。 (生徒C)

20190205 - 1

20190205 - 5

感想
化学変化楽しそうだなって思っていて、やってみたら、量を多くしたり、少なくすることで、変化する時間が違うっておもしろいことだなって思いました。面白かったです。(生徒D)

講座名にある「突然に、、、」の意味が最初はよくわからなかったけれど、やってみるとわかった。確かに「突然」とても面白かった。 (生徒E)

化学変化の時間を変えることができるというのは面白いと思った。仕組みをきいて酸が銅に炭素を入れたときのようだなと思った。(生徒F

20190205 - 4

感想
初めて作ったけど、とても楽しかった。教え方がとっても分かりやすかった。電池だけでアルミのぼうが動くのはほんとうにすごいと思った。(生徒G)

アルミホイルが勝手に動いておもしろかった。磁石を均等に置くのがむずかしくてずれてしまって時々とまってしまったけど、楽しかった。 (生徒H)

フレミング左手の法則など、電極が変わることによっておきる動きの変化などが知れて良かったです。(生徒I)

20190205 - 6

20190205 - 7

感想
縄文時代がいつかなんて普だんは考えもしないからよかった。火はつけられなかったけど、楽しかった。みんな夢中になってて、こういう授業はいいな~と思った。火をつけるのは思ってたより難しくて、縄文人はすごいなあと思った。(生徒J)
火おこししたことが無かったから、どんなふうかなと思ったけど、とっても大変で縄文人すごいなと思った。今はマッチとかコンロがあるからすぐについちゃうけど、あたりまえのことをあたりまえと思っちゃだめだなと改めて思った。(生徒K)

一言でいうと縄文人はすごい。そうぞうしてるよりめちゃめちゃむずかしかった。3人1組で30分くらいやってたのに火をつけることはできなかった。縄文人の人は1人でもつけることができるし3分ほどでつけられると聞いておどろいた。火をつけるのがどんなにたいへんかわかった。(生徒L)

中学3年生 演劇 オーディション

Web担当KN 学習, 行事 タグ: ,

3年生は、引き続き演劇に向けてクラスごとに取り組んでいます。
先日、キャスト決めのオーディションが行われました。

あるクラスでは、大教室を貸し切り、照明も落とし、本番さながらでスタート。
IMG_1188
どの役も複数の立候補があるため、演じる人も観る人も本気です。
IMG_1185
色々な組み合わせで読んでみたり、動きながら演じる人、表情豊かに読む人と、様々です。
演者の息がぴったり合うと、会話の面白さが生まれ、笑いが起きます。
そして演じ終わるたびに、自然と拍手がわいていました。
IMG_1186
立候補者全員の演技が終わると、顔を伏せ挙手で投票をします。
最後、全ての役が決まると、みんなもホッとした表情に。
総演出からの「一緒にがんばろう」というメッセージで、オーディションは無事に締めくくられました。
IMG_1187

中学3年生 演劇づくり

Web担当KN 学習 タグ: , ,

3年生は、3月の卒業演劇に向けて、各クラス脚本決めに奮闘しています。
選挙で決まった演出団が選んだ脚本を、1週間の間で5本前後読み、
その中からクラスで話し合って「これぞ!」という1作品に絞り決定します。
s_IMG_1164 (1)
そんな脚本読みでは、あるクラスは教室で円になって読み合わせをしました。
みんなで一緒に読む、ということを目指す演出団の作戦の1つです。
「これもオーディションだと思って、大きな声で、なりきって読んで欲しい」
そんな演出の呼びかけに応じて、キャストに立候補した人たちも臨場感たっぷりに演じます。
s_IMG_1163 (1)
最後、読み終わったら、これも演出団が作った「オリジナル評価表」に記入を。
「テーマはあるか」「飽きないか」「クラスに合っているか」
大事なポイントを星の数で評価します。
IMG_1165
さて、各クラスいったいどんな脚本に決まるでしょうか。
ここからが3年生の演劇の始まりです。

中学1年生 総合学習 インターネットのつきあい方を考える

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学1年生の総合学習の3学期のテーマは「インターネット(internet)」。(1学期は「障がい」,2学期は「演劇」)
DSCF3652
現在では,スマートフォンも普及し,当たり前のようにインターネットを利用しています。
しかし,インターネットをどのくらい理解できているでしょうか。
インターネットはよいものでしょうか。悪いものでしょうか。
SNSとは?
単なるパソコン通信との違いは?
などわかっているようでわかっていないことがたくさんあります。
これから十数時間をかけ,インターネットについて研究していきます。

1月15日(火)は Kick off。
DSCF3654
身近にある「LINE」についての利点や問題点を説明から入り,今後の見通しについての説明がありました。
DSCF3656
生徒はどのようなことに気づき,どのようなつきあい方を目指せばよいのでしょうか。
研究を通じてヒントを見つけていきましょう。

「アフリカの子ども兵士たち」〜中学生のわたしたちにできること〜

Web担当K.M 学習 タグ:
20190111 - 1

2年生の総合学習企画に、NPO法人テラルネッサンス理事長の小川真吾さんをお招きして、「アフリカの子ども兵」についてお話しを伺いました。子ども兵として誘拐されたり、服従させるための生々しいやりとりなどを聞き、わたしたち日本人の日常ちおあまりにかけ離れた現実に衝撃をうけている様子でした。紛争や戦争がなぜ続いているのか?という問いや、なぜ子どもが兵士として戦場で戦えるようになったのか?など
20190111 - 3

(さらに…)

中学3年生 国語 『十字架』

Web担当KN 学習 タグ: ,
IMG_1154

中学3年生の国語では、冬休み、1冊の本を読み、そのあらすじをまとめるという宿題が出されました。
その小説は、重松清さんの『十字架』。
手にすると分厚く、骨のある1冊です。

本を読むのがあまり得意ではない人は、最初自信がなさそうにしていましたが、
冬休み前の授業で少しだけ教員が音読すると、物語の世界にすっと引き込まれていく姿が見られました。
休み時間じっと机に向かって本を読み進めている人も何人もいます。

そして冬休みが明け、手元に本を1冊置き、授業がスタートしました。
初回の授業ではまず、1冊の中で自分が注目した1文を選び、それを次の授業で発表します。
IMG_1156
「西に傾いた太陽は、もう二度と空のてっぺんに後戻りすることはない」
この1文に注目した生徒は、
過去に過ちを犯してしまった人も過去には戻れないことを意味するのではないか、
だとすると空のてっぺんとは何を示すのか…と自分なりの考察を発表しました。
IMG_1157
また、「胸の奥に降りそそぐような涙」とはどんな涙か。
「人の命の重さは作文では書けない」そんな台詞の持つ意味は何か。
「ようやく『被害者』になれた」と言った主人公の気持ちはどんな気持ちだろうか。
IMG_1153
ひとりひとり全く違う言葉に注目し、それぞれの思いで小説を読み進めていることが交流されました。
「そんな細かいところに注目したのかあ」
「あ、私も同じところが気になった!」
お互いの読みを交流すればするほど、小説の世界が深まっていきます。

これから、さらにどんな風に物語の世界を味わっていくのか、楽しみな3年生です。

中学1年生技術科「木製スピーカーの製作に向けて(木材加工)」

Y.N 学習 タグ:

中学1年生技術科の3学期の製作実習は木材を扱った加工実習です。

今年度は「デザイン(設計)」をキーワードにこれまで学習を積み重ねてきました。

いよいよ、自分自身の力で製品(プロダクト)の設計を行い、加工する実習に入ります。

ものはいきなり加工できるわけではなく、詳細な図面がなければ加工ができません。

2学期最後の授業では、図面をひくことを行いました。

20181130_091634.vr

 

20181130_091128

 

インターネット上にあるさまざまな製品を参考に自分がつくりあげたいデザインを固めていきます。

しかし、外観は分かっても仕組みがわからない…。○○cmと書いてあっても画面上ではよく分からない。

20181130_092343

どんな仕組みでできているのかと思考を巡らせたり、友達と話して確認してみたり。

使う材料を手に取ったり、製作例に自分の端末を置き、確認しながら思い思いの形をつくりあげていきます。

IMG_20181130_093832

 

 

 

1年生 音楽 合唱の準備

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学1年生の音楽では,覚和歌子作詞,信長高富作曲の「いのちの地図」という合唱曲に取り組んでいます。
この曲の歌詞には「はじまりの誰かに会ってみたい」「名前も知らない遠い昔の大勢の誰かに会ってみたい」とあります。
自分の命はどこから始まったたんだろう?
どこをどうやって自分に繋がってきたんだろう?
そんな素朴な疑問を歌にした曲です。
自分をずっと昔へ辿っていくと何になるのでしょう?
「アダムとイブでしょ?」「ミジンコ!!」「アメリカ人!!」色々な予想が飛び交いました。

そこで,この日の授業では司書教諭と一緒に「命の始まり」と「人の始まり」について調べてみました。
IMG_3782
アメーバの時代まで遡ってみると,確かにどこからを命と呼ぶのか。
IMG_3780
生命・人の起源をどこに設定するかはなかなか難しいことが分かってきた様です。
音楽の授業はスキルを学ぶだけではありません。
歌詞の意味まで考えることで,合唱により深みが増していきます。

中学1年生 英語 生徒が主体の授業

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学1年生の英語は,否定文と疑問文について学習しました。

英語の学習はだんだん複雑になってくると,教員から一方的に説明してもなかなかしっくりこないものです。
このセクションでは,あえて教員は何も教えないという手法を取りました。
各自が文法に関する内容を自由にiPadなどで調べ,研究レポートとしてまとめました。
まとめたレポートは教室に貼り出され,その中から全員のテキストになる「1枚」が選びました。
IMG_0101 (1)
そして,このレポートを基に,各々で否定文と疑問文について学習しました。
IMG_0098<img
調べて終わりではなく,理解を深めるための問題をいくつか解きました。
IMG_0095 (1)

現在は研究レポートを活用しながら,長文読解をグループで行っています。
担当教員の実話を元に,歴史や現代の社会問題などを読み解き考えることのできるテキストができました。
さぁ,不定詞や関係代名詞など習ったことのないものがふんだんに出てくるテキストを,
彼らはどこまで自然に訳せるでしょうか。
期待が高まりますね!

中学1年生 総合学習 性と生を考える

Web担当KN 学習 タグ: ,

11月13日(火)5・6時間目の「総合」は,村瀬幸浩先生の講演会でした。
題目は「性と生を考える」。
この会は親和会(和光のPTAに相当する会)とのタイアップ企画。
和光では中学1年生の「保健体育」の時間に性について学習しています。
性について正しい知識を持つことはとても大切なことです。
DSCF3596
村瀬先生のお話は,
1.思春期とはどんな時期なのか
2.ひとを愛する感情,愛されたい思い
3.いろいろな人がいるから楽しい…多様な人を受け入れあえる学校,社会,世の中へ
でした。
性的なこと(成長や関心など)については,個人差が大きいことです。
人に自分の考えを強制したり,権利を侵害したりしてはいけないことです。
DSCF3598
性教育というと,身体のことを勉強するということが多いのですが,
村瀬先生は他者を思いやる心を知ることも大切だと教えてくれました。
中学生が作った相聞歌(そうもんか)も紹介してくださり,
思春期ならではの心の動きを歌から学びました。
村瀬先生はこども向け新聞の回答者を務めていたこともあり,
そのときの質問と回答もいくつか紹介してくれました。
性のことはなかなか面と向かっては相談しにくいもの。
同じような悩みを抱えていた和光中生もいるのでは?

性の正確な知識を学ぶこと。
そして,性だけの問題ではなく,自分自身の生の問題として考えること。
自分を好きになること。自分自身の魅力を発見すること,創っていくこと。

ここ数年話題に上っているLGBTについても先生からお話を聞きました。
「『なぜ同性愛者になったの?』と聞く時点ですでに差別になっている」こと,
人間は誰もが「両性性」を持っていることなど,とてもわかりやすく説明してくださりました。

性と生について深く学べた1時間強でした。
このあと,保護者だけで村瀬先生と懇談する時間もありました。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求