スマホと向き合う取り組み。自ら学び討論で深める(1年生総合学習)

Web担当K.M 学習

2/23(金)5・6時間目の「総合」の時間は、「スマートフォン研究」の学年発表会を行いました。和光中学校では「現代社会の多様な問題を調査研究し、考える視点を持つ総合学習の時間」を大切にしています。3学期の総合学習のテーマは「インターネット・携帯電話・スマートフォン」についてです。1月にグループを決め、それぞれのグループの研究テーマを決めるところからスタートしました。

新聞や雑誌、インターネットを使って調べたり、アンケートをとったりし、メリットやデメリットをまとめ、その上で対策や「独自ルールを作るためにはどうすればよいのか」などを各グループで考えました。クラス内でのグループ別発表を経て、クラスの代表のグループが学年での発表を行いました。

180225 - 8

企画や運営は合同三役会が担当し、生徒が主体となった発表となりました。

180225 - 9

わかりやすい資料を使った発表、プレゼンテーションソフトを用いた発表、体の動きを取り入れた発表など各グループが発表の方法も工夫していました。

180225 - 10

1組の発表 炎上、使用状況、アプリ、依存症、家庭ルール、SNS、ネットイジメ

180225 - 1

2組の発表 スクールカースト、LINEで起きている問題、スマホ依存

180225 - 2

3組の発表 SNSトラブルとその対策、スマホ依存

180225 - 3

4組の発表 スマートフォンとの付き合い方、他校のスマホルール、スマートフォンのメリット・デメリット

180225 - 4

質問をして、内容をさらに深めようとした生徒もいました。

180225 - 5

このあとクラスごとに、「1年生独自ルール」の策定に向け、話し合いを進めていきます。調べて終わり、知って終わりではなく、「自分たちにあったルール」にするためにはどうすればよいかをじっくりと考えていきます。

180225 - 6

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求