1年生 総合 レポート発表

Web担当K 学習 タグ: ,

1年生の総合学習では、ゴールデンウィーク中、課題が出されていました。
それは、「障がいのある人が暮らしやすい社会になっているか」というテーマでのレポート作成です。
どんな障がいに目を向けるのか、さらに日常のどんな工夫に目を向けるのか、それぞれ自分自身で考えるところから始まります。
そこから本で調べたり、映画を見たり、誰かにインタビューしたり、実際に施設を訪問してみたり…
それぞれ自分なりの視点で、今ある身の回りの生活を改めて見つめました。

そしてゴールデンウィークが開けた先日、クラス全員がみんなの前で発表しました。
DSC07429
テレビ画面に写されたレポートを読みながら、みんな真剣に耳を傾けていました。
そして時々「へえ~!」とか、「それ知ってる!」など、様々な反応が。
DSC07448

そんな発表の一部をご紹介します。

「私の住む街は目の不自由な人にどんな対応が出来るか」
最寄り駅周辺の商店街でフィールドワーク、図書館や交番、コンビニやスーパーマーケットに実際に足を運び、そこで働く人に「もしも目の不自由な人がやってきたらどんなことをしているか」とインタビューしました。
1つも段差のない場所があったり、中には「そういう対応はしたことないので…」という施設も。DSC07426

「視覚障がい者の立場に立ってみて」
目をつぶり、手を引いてもらいながら、最寄り駅付近を歩いてみました。
無音の横断歩道は怖くて渡れない…点字ブロックの上を走る自転車とギリギリですれ違い…
身近に障がい者がいるという意識を高め、物や機械に頼らず自分たちがサポートをすることの大切さを学びました。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求