2年生 総合 農業とは

Web担当O 学習 タグ: ,

2年生の総合学習の授業に3名の方に来ていただき農業についてお話を伺いました。

農業

川崎市で農業をされている小泉さんは、環境保全型農業、そして持続・継承可能な農業とは何か、というお話をしてくださいました。

農作物のブランド化のためにホームページやロゴを作っているというお話、また開催しているイベントの内容を聞いて、生徒たちは「農作物を作るだけではないのか」と驚いていました。

福島県で有機農業をおやりになっている菅野さんは、原発事故から8年経った福島県の現状をお話ししてくださいました。

「持続可能な環境・循環・共生の社会」をつくりたいという強い想いを語ってくださり、生徒たちは熱心に耳を傾けていました。

印象的だったのは食品残差についてのお話です。多くの場所では食品残差を石油で燃やして処理していますが、菅野さんは資源循環という考えで堆肥にして土にかえす取り組みをされているそうです。

その他にも土壌汚染の研究内容や土の仕組み、農業について、生き方について、社会についてのお考えを伺いました。

最後は詞の朗読をしてくださいました。

「わたしたちは食べ物を作っているだけではない。」という菅野さんのお言葉が胸にささりました。

農業2

最後は先日添加物の学習会をしてくださった近藤さんが「日本と東京の農業」についてのお話をしてくださいました。

クイズに答えながら東京で作られている農作物や育てられている家畜について学びました。

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求