1年生 国語 名言に出会う

Web担当K 学習 タグ: ,

1年生の国語2では、1年間のまとめとして「名言」を通してその学びを深めています。

まずは長い時を超えて私たちに今も届く、先人たちの残した名言に触れました。
次に、そこで触れた名言にまつわることに関して、自分で調べたいテーマを決めて、まとめました。

s-C1BE40FD-0CA6-4810-8780-FEC989626EDD s-2C7305EF-FEC2-45B6-B30C-F56948CB1F71

福沢諭吉の『学問のすヽめ』にある「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉をテーマに選んだ生徒は、社会の授業で学んだ「人権」と結びつけ、学びを深めていました。

s-AE18FC33-770A-41C1-B0DF-BEB2E8ABD444

調べてまとめる作業を終えての感想には、
「夏目漱石の本名が金之助だったとは驚いた!生い立ちを調べて見て、49歳の若さで亡くなっていたことを知りもっと歳をとって書いたものだと思っていたのでイメージと違った。作品をしっかり読んでみたいと思った」
など、知らなかったことを知ったときの驚きや喜び、また「それについてもっとこんなことを知りたくなった」とさらなる学びへの意欲が感じられました。

s-AD579324-5867-4C94-B3EA-414647E95A46

そして最後に自分自身が今までの人生で出会った「名言」をみんなに紹介するという授業を行いました。
ゲーテの名言から友達に言われた一言まで、どれも実感を持って心に残っている言葉ばかりでした。
全てを紹介する時間がないので、班の中で紹介し合い、班の中で一押しの名言を相談して、クラスに発表しました。自分の名言を紹介するのは少し照れ臭そうでしたが、仲間の名言を真剣に受け止める姿が印象的でした。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求