1年生 国語 仮説・検証レポート

Web担当K 学習 タグ: ,

1年生の冬休みの課題は「仮説・検証レポート」でした。
2学期に授業で学習した「説明的文章」の発展として、自分でテーマを決めて取り組んだ一枚レポートです。

s-0003 (1) s-0004

①テーマを決める→②仮説を立てる→③仮説を検証するための調査方法を考える→④調査の結果を表やグラフ、図などにまとめる→⑤仮説はただしかったかどうか考察する

調査はできるだけ実際に体を使って数えたり、身の回りの人にアンケートをしたりするような、自ら動いて調べる方法を追求しました。

s-0002 (1) s-0001 (1)

3学期にお互いのレポートを読み合いました。
「何おにぎりが好きか?」「コロナが落ち着いたら何したい?」「スマホに依存してしまう前に制限かける!」「ガムは本当に集中力をあげてくれるのか、また味はどのくらいまで続くのか」「俺は本当に運が良いのか」など、思わず笑ってしまうようなテーマや結果を知りたくなる興味深いテーマ。そして一日中最寄り駅で電車の本数を数えるような根気強い調査方法など、検証の仕方にもそれぞれ工夫があり、お互いの。レポートを真剣に読み合っていました。
「理想の食器」というテーマのレポートは、①家中のスプーンを集め、②カレー・アイス・ポタージュをそれぞれの形状のスプーンで食べてみるという、まさに自分にしかできない調査の方法で、③口やスプーンのサイズとの関係を詳しくまとめて考察しています。

どの本にも載っていないユニークな中学1年生の「仮説・検証レポート」でした。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求