2年生 総合 「ちがい」から見えてくるものは何か?

ブログ担当M 学習 タグ: ,

2年生の総合学習では「世の中や自分の中にある『ちがいから見えてくるものは何か?』を深めていく」をテーマに学んでいます。

今までは、学年全員でアジア系アメリカ人の英語の先生から「自分がこれまで感じた『ちがい』」を聞いたり、福島大学の先生から「放射能汚染水」の問題を通して感じている「ちがい」を聞いたり、卒業生から「ジェンダー」を巡る「ちがい」について聞いたりしました。

1 2

ジェンダーについて考える前に『タンタンタンゴはパパふたり』の絵本を聞きました。

4 3

 

ジェンダーについてのお話を聞いています。

6 5

6月の時点で自分が追求したいと考えている「ちがい」を学級ごとに廊下に貼り出しました。

講師の方たちのお話や、仲間の意見をヒントに、2学期に自分が探求する具体的な「ちがい」を見つけるために図書室で文献を読んでいます。

7

7月中旬には一人一人が自分の追究する「ちがい」を学級内で発表し、夏休みでさらに自分の探求したい「ちがい」について家族や文献からヒントをもらい、9月の総合学習に備えます。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求