3年総合学習「幸せってなんだろう」

Web担当KN 学習 タグ: , ,
写真④
先週、中学3年生の今年の総合のテーマが発表されました。
ずばりそれは…『幸せってなんだろう』
聞いた瞬間「哲学だ!」と嬉しそうな声をあげる生徒達。「考えたこともないよ~」「言葉にしようと思うと難しい」色々な思いが飛び交う中、まずは早速以下の2つのお題について、自分の今の思いを書いてもらいました。
「私のシアワセは○○○である」
「私のフシアワセは○○○である」
写真①
写真②
そしてそれを大きな付箋に書き、全て黒板に貼り出すと…十人十色、様々な「シアワセ」「フシアワセ」が並び圧巻!
写真③
その後、今度は一人ずつ自分の「シアワセ」「フシアワセ」について、前に出て発表します。恥ずかしそうにもじもじしたり、時に笑いが起きて和んだり…ですが次第にそれぞれの言葉に引き込まれ、みんな真剣に耳を傾けていきます。
写真⑤
写真⑥
発表が終わった後、今度はひとりひとり、「1番共感したシアワセ・フシアワセ」「1番びっくりしたシアワセ・フシアワセ」をクラスの中から選び感想を書きます。どんな感想が飛び出すか楽しみですね。

それではいくつか、生徒の発表したシアワセ・フシアワセをご紹介します。

【私のシアワセは…】

生活必需品以外のものがなくなること。戦争、学校、工場とかがなくて、一日中遊んでいたい。家とかはあってほしい。頭の良いサルみたいに暮らしたい。(3年男子)

家族と一緒にごはんを食べること。私の父は昼に起きて深夜に帰るということが多い。なので家族全員そろってごはんを食べることが少ない。周に1・2回あれば良い方だ。そこで学校の課題のことや、昨日起きた出来事などを語っている。当たり前だけど、それが無くなってしまったら「幸せ」と思うことができなくなってしまうから。(3年女子)

夢があり、それを目指していること。目指すものがあるならば、たとえ逆境でも生きる実感を持って挑むことが出来るだろう。生きている限り、目的に向かえるものだから。もし目的を果たしたところで、終わってはいけない。次々と浮かぶ欲を持ち続ければ、「過程」が1番幸せなのではないか。つまり生きることが幸せ…?それは性急であろうか。(3年男子)

1人でいること。1人でいたら、誰にも迷惑をかけずに、誰も傷つけないでいられるから。自分自身が自由に出来るし、自分をおさえる訓練にもなるから、1人の空間で自分を見つめ直して反省して、本を読んで、漫画を読んで、「勉強」と言われない時間、YouTubeを見て過ごしたい。「自由な時間」とは別で、静かで1人でいるときは、幸せに近い感情を得ることが出来る。(3年女子)

【私のフシアワセは…】

人間が空を飛べないこと。空を飛んでいる動物は楽しそうに空を飛んでいるから。(3年男子)

自分のことをイヤだと思ってしまうことがあること。受験とか、これからどうするのとか、進路についての悩みが多くて、でもそれにちゃんと向き合わない自分がいるから、いっこうに解決しない。考えていくうちに、どんどん迷ってしまう。そんな自分のことをイヤだなって思ってしまう。ほんの一瞬だったとしても、自分を嫌ってしまうことは不幸だと思った。(3年女子)

知りすぎること。知らぬが仏という言葉があるが、まさにその通りということが多い。知識は大事だが、余計なことを知るとまともに生活できなくなることもある。その「知識」にずっと追われることもあり、怖くなる。友達関係だって雑学だって、知りすぎることの怖さは意外とキツイものだと思う。(3年男子)

周りの大人。私の周りの一部の大人は、私が少し「おかしい」と思ったことを言っただけで「反抗」と取り、気分が悪くなります。そうすると私は「おかしい」と言える権利がなくなるので不幸せです。小さな頃は「反抗」を知らないし、目上の人に「おかしい」と言わなかったのをいいことに、何も言わないと思っているのでしょうか?それとも私が「言うことをきかない子ども」なんでしょうか?(3年女子)

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求