環境マイスター 新津春子さんをお招きして(3年総合学習)

Y.N 学習 タグ: ,
 1月25日、まだ雪の残る中、最年少で全国ビルクリニーング競技会第1位に輝き、環境マイスターの資格をもつ、新津春子さんを学年親和会としてお招きし、3年生と保護者でお話を伺いました。
    中国残留孤児二世として17歳で来日された時は、三食パンの耳を味つけせずに食べて暮らしていたこと。
 その生活から脱出するために、とにかくお金を稼ごうと決意し、言葉がわからなくともできる清掃の仕事に就いたこと。
 中国にいる時には「日本に帰れ」と言われ、日本に来ると「中国に戻れ」と言われ、二つの国から拒否された気がしていたこと。
 勉強が好きでなかったこと。
 様々なマイナスがある中で、それをマイナスとせずに、前を向いて、明るく楽しみを見つけながら働き続けて、現在に至りました。
環境マイスター 新津春子さん

環境マイスター 新津春子さん

  「この世界に選ばれたから、私は生まれてきた。 私は中国の良いところ、日本の良いところの両方を知っている。自分が自分を(否定して)殺してはダメ。辛いことがあっても、もうちょっと自分を信じてやってみることが大切。そして今目の前にあるやるべきことをやらない人は、自分に優しくないよ。今の幸福だけを守っている。今やっていることが、いつどこで役にたつかわからないよ。自分にも他人にも、そしてモノにも優しくあってほしい。」という力強い言葉に、私たちは力づけられました。
3年生と
3年生と
  最初は、新津さんの呼びかけに、すくには反応できなかった3年生でしたが、最後の全員写真撮影では朗らかに新津さんとおしゃべりを楽しみ、すてきな1枚が撮れました。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求