人とかかわる仕事に…ベアリング作りからラーメン道へ!ラーメン店「いっぷく」マスターをお招きして(3年総合)

Web担当K.M 学習 タグ:

「働くこと・生きること」をテーマに、この日の総合学習は学校正門の目の前にあるラーメン屋さん。「いっぷく」。そのマスター(店長)をお招きして、人生の転機や今のお仕事のやりがいなどについて伺いました。雰囲気を動画でご覧下さい。64秒

僕は小学校の時から「いっぷく」にいっていて、すごくおいしいと思っていた。マスターが今までにいろんな経験をしていてびっくりしました。アクアラインを作った人と聞いてすごくびっくりしたし、すごいなーと思った。売上がトップクラスだったのにラーメンの道を歩んだことはすごくカッコ良いなと思いました。豚骨のスープを作るのに18時間もかかるとは思ってなかった。地下に冷蔵庫があってそこに何百杯分ものスープがあるって聞いて驚いた。「いっぷく」のお店でお客さんが笑顔になれるのは、マスターのすごい笑顔の効果だと思う。

すごい熱い生き方をしていて、かっこいいなと最初に思いました。福岡で修行を積んで、福岡から帰るその日のうちにラーメン屋に電話したと言う話を聞いて、自分の気持ちの通りに動けるところがすごくカッコ良いと思いました。正直、ラーメン屋でラーメンを食べるのは大好きだけど、どこの店も添加物も色々入っているだろうと勝手に思っていましたが、今日はお話してもらってそういうことも安心できて、和光を卒業するまでに「いっぷく」に行ってみたいな、と思いました。今日は楽しいお話をありがとうございました 。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求