「文庫川柳」「文庫短歌」をつくろう!(2年国語)

Web担当K.M 学習 タグ:
中学2年生の国語では、俳句・短歌・川柳を学習しています。
そのスタートとして、「文庫川柳」「文庫短歌」の創作に取り組みました。
「文庫川柳」「文庫短歌」とは、かつてインターネット上で話題になった、本のタイトルを組み合わせて並べて、5・7・5のリズムをつくるというもの。
教室でお手本の写真を見せると、「すごい!」「よくこんなふうに組み合わせたね」と興味津々な様子。
「文字の数」ではなく「音の数」を必ず数えること、そんな大切なポイントをいくつかおさえた後、早速図書室に向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「この本のタイトル使えそうじゃない?」
「これとこれを組み合わせるとさ…」
リズムを指折り数えながら、図書室をうろうろする生徒たち。面白そうなタイトルの本を見つけると、そこから次々と構想が膨らんでいきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「あともう5音足りなくて…」
「今どんなイメージを持ってる?そこから言葉を連想させて…」
司書の先生にアドバイスをもらいながら、ああでもないこうでもないと行ったり来たり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

できあがった作品は全て写真撮影をし、その後クラスで交流します。
「すごい!」と思わず感心してしまうものから、奇妙な組み合わせに思わず笑ってしまうものまで、個性的な作品ばかり。
以下、生徒の作った作品を一部ご紹介します。
文庫川柳

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文庫短歌

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求