1年生 音楽 「家にある身近な物」で音を出してみよう

Web担当O 学習 タグ: ,

1年生の音楽の授業です。
休校期間中に「家にある身近な物」で音を出してみよう!ということで、ストローやコップを使って吹いたり叩いたりしながら、音の出るしくみについて学んできました。
今日の授業では、「紙笛」づくりに取り組んでいます。
設計図にしたがって、切って、折って…。
足がピロピロしている不思議な形。
「先生、これ音でるんですか?」けげんそうな顔をしている生徒も。
息を入れるとどうなるかな?

みんなで試したいところですが、教室で歌ったり、吹いたりすることはできないので、続きは「おうち」で!

帰宅後、吹いてみての驚きの結果に続々とClassroomから配信される課題(フォーム)から感想が寄せられました。試行錯誤の様子が伝わってきます。

スクリーンショット 2020-06-15 11.46.16

【生徒の感想より】

紙笛の結果を見ると疑問が出てきた。なぜ息を吹くと切り込みを入れたピラピラはくっついているのか?普通に考えると、息を吹いたら紙が空気に押されてピラピラは開くはずだと思う。それなのに、ピラピラの紙が細かい振動、微振動によりくっついたり、離れたりして音を出している。理由としては、口から出す空気の流れが、あまりにも急な速さで移動しすぎているため、紙笛のピラピラが反応して音を出しているのだろうか?。今後、解明していきたい。(生徒A)

意味が分からない。分からないけど、色々ためしてみた。例えば、風は前にも上にも来るけど横には風は来ていなかった。吹く息の強さを変えてみても、結果はかわらなかった。V字の角度を変えても変わらなかった。紙をまったいらにしても変わらなかった。別の紙でタコ足を短めにしたら、吹いても紙は動かなかった。でもタコ足を長くしたら、同じように動くようになった。(生徒B)

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求