2年生 音楽 「鎮魂歌へのリクエスト」とベートーヴェンの想いを考察

Web担当O 学習 タグ: ,

2年生の音楽の授業でこんな課題が出ました。
ベートーヴェンの交響曲第9番合唱付「歓喜」の終楽章で演奏される合唱と、
信長貴富作「鎮魂歌へのリクエスト」の歌詞をそれぞれ分析し、「共通する思い」を明らかにして、なぜ「鎮魂歌の」ではなく「鎮魂歌への」にしたのかを考えなさい。

IMG_2041

生徒の考察です
<1人目>
ベートーヴェンの「歓喜」4楽章の最後に「全ての人は兄弟になる」とある。兄弟は平等なもので、ここから農園主と奴隷や権力者と民衆という一方が一方を支配する世の中ではなく、みんなが平等である世をベートーヴェンが願っていたとわかる。「鎮魂歌へのリクエスト」では2番の最後で「ぼくみたいに・・・」とある。「置いてけぼりにされない」とはつまり全ての人が平等な立場にあり、亡くなってもしっかりと埋めてもらえ、社会から忘れられた、置いて行かれた存在にならないということだ。どちらの曲もすべての人が平等に生きることのできる世を願っている。鎮魂歌は人を弔うために歌う歌だが、弔うことは次の世をその人のためにもっと良くすることと考えているのではないか。そのため、「への」とすることで次の世がこうなってほしいという思いを伝えている。

<2人目>
私は「交響曲第9番合唱付」と「鎮魂歌へのリクエスト」の共通点は「差別の無い、平和な世界を求めている」ということだと思います。交響曲第9番の方に「再び1つに結び合わせ」と書いていあります。これは「世界の人全てを1つに」ということだと思います。だから差別がない世界を望んでいるのだと思いました。そして、ブルースは黒人奴隷とされた人々の歌なので、差別を望んでいるはずがないと考えました。そして平和というのは交響曲が出来た時は、フランス革命で世の中が混乱していて、ベートーヴェンは平和という「喜び」を求めてこの曲を書いたのだと思います。ブルースも「素晴らしい音楽がほしいんだ」とあるので、平和になってほしい、音楽がほしいということだと思います。「鎮魂歌のリクエスト」ではなく、「鎮魂歌へのリクエスト」にした理由は、死者も生きている人も平和を願っているということだと思います。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求