塩化銅を電気分解するとどうなる?

Web担当KN 学習 タグ: ,

和光中学校の理科ではさまざまな実験を行っています。中学3年生の1学期は「イオン」を学習します。その導入として,今日は「塩化銅の電気分解」の実験をやりました。青色の水溶液が塩化銅(II)水溶液です。
DSC00487
電気を流すと,気泡と茶色の物質が。 気泡は「プールのにおいだ!」。塩素と断定。茶色の物質は?銅かもしれない…。酸化銅かも…。ということで磨いてみよう!となりました。水溶液から取り出して,薬さじで磨くと…。「光った!」「金属光沢だ!」。銅であることを確認できました。
DSC00491
このあとの授業では「なんで塩化銅から,銅と塩素が出てきたのか?」に迫っていきます。
DSC00492
実験を通して,自然を楽しく知っていきましょうね!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求