卒業式

卒業生 スピーチ その4

Web担当K 行事 タグ: ,

卒業式で3年生が読んだ作文を紹介します。

s-04

「それが真実?―無限の可能性を秘めている僕達よ、常識を疑え!」 (3年生 男子)

あなたは背が伸び、骨が丈夫になるからと牛乳を意識して多く飲んだりしたことがあるだろうか。果たして牛乳は本当に体にいいのだろうか。カルシウムは骨を強くするから牛乳を摂れというのは誤解であり、骨を強くするには同時にマグネシウムやオメガ3などをうまく摂ることが重要なのだ。牛乳は、確かにカルシウムは豊富なのだがマグネシウムが入っていないため、むしろ骨は溶けてしまい飲めば飲むほど骨は弱くなってしまう。
牛乳が激推しされている理由の中に乳製品業界の利益、つまり金儲けがある。米国の乳製品業界は莫大な財力による政治的圧力を戦後の日本に仕掛けた。この牛乳利権により「母子手帳」と「給食利権」がつくられた。
常識が覆った。ずっと信じていたことが覆ったのだ。そしてそれが真実だというテレビや新聞や先生も信じていた。疑ったことなど一度もなかった。いや、疑えたのに疑わなかったのだ。テレビや新聞や先生は真実を言うという常識を信じていた。常識を信じる自分も信じていた。世論や常識を信じて自分で目を隠し、自分で耳に栓をしたのだ。僕は、牛乳の事だけではなく、この世の全てに関してそうだったと言える。
常識は恐いものだ。10人中9人がそう思ったら、それは正義で普通で常識で、そう思わなかった一人は悪で異常で非常識なのか?「あるもの」を「ある」と言ったら排除されるのだろうか?自分は他人に常識を強要していないだろうか、されていないだろうか。
ある作家はこう言った。「ジャーナリズムとは、報じられたくない事を報じることだ。それ以外は広報でしかない。」よく耳にしたり目にしたりするジャーナリストが言っていることはただの広報ではないか?
マトリックスという映画の賢者はこう言った。「現実をどう定義する。もし触ったり、匂いがしたり、味がしたり、見えたり…というのであれば、現実とは脳が解釈している単なる電気信号になってしまう。」僕たちが五感でとらえているものがはたして全てなのだろうか?
ある社会学者は言う。「真実は与えられるものではない。自分で探して見つけるものなのではないか。」
真実を探している最中でも、常識やあたりまえは覆る。人生は破壊と構築の繰り返しであり、自分が知っている事だけですべてを判断してはいけない。重要なのは知っているということよりも知ろうとすることなのだ。
常識や「あたりまえ」や「標準」と言われていることを疑い、真実を探し、常識を覆し破壊し…。僕はこれらを死ぬまで繰り返したいし続けたいし伝えたい。常識に縛られず世論に簡単に左右されずに、自分の人生は自分でコントロールするべきだ。そう思うのは自分も、あなたも無限の可能性を秘めた宇宙だからであり、自分は自分でありたいし、あなたはあなたであってほしいからだ。僕の事を「臭い」とか「綺麗ごとを言っている」と思ったり言ったりする人がいるかもしれないが、バカにするならバカにしてくれればいいし、笑うなら笑ってくれて構わない。僕にとってはそんなことどうでもいいのだ。
そしてぜひ、僕の主張も覆してほしい。
これは皮肉ではない。これこそが題名には書いていないテーマであり、15歳の僕の主張である。

卒業生 スピーチ その3

Web担当K 行事 タグ: ,

卒業式で3年生が読んだ作文を紹介します。

s-03

「和光中学校で得た力」 (3年生 女子)

私は3年間、和光中学校に通う中で、他の学校ではできないような特別な体験をし、多くのことを学びました。館山水泳合宿ではあきらめない大切さを学び、秋田学習旅行では食の大切さや、自分と向き合うことの重要さを学んだと思っています。
けれどもその中で最も心に残っているものは和光中学校での一つひとつの授業です。和光中学校の授業は先生が一方的に生徒に伝えたいことを伝えるのではなく、生徒同士で意見を交流し合うことを大切にしていると思いました。私はそのような意見交流の中で聴く力と話す力が養われたと感じています。しかし、それらは強制的につけられたのではなく自然と自分の実になったと思います。意見交流を一緒にしている仲間が、自分では考えもつかなかった興味深い意見を伝えてくれるので自然と耳を傾け、その意見と自分の意見を比較したり、他者の意見の良いところを見つけたりして、考えを深めていくことができました。また、そのように新鮮な意見を聴いていると、自然と自分の中に意見がわいてきてそれを他者に伝えようとしました。
しかし、自分の意見を他者に伝えることは、初めは難しく、自分の思っている意見を上手に言えませんでした。けれどもそのような意見交流を何度も繰り返しやっていくことで、だんだんと思った意見を伝えられるようになっていきました。
また、和光中学校では直接専門家から話を聴いたり、ネイティブアメリカンとの交流をしたり、など私達が実際に学んでいることを使っている人と交流したりする機会が多くありました。私が強く印象に残っているのは、2年生のときの英語を母国語とする人達との交流です。なかなか言いたいことが伝わらなかったり、思っていた発音と違う発音がいくつかあったりして言葉の壁というものを感じました。
しかし、今まであてもなく学んできたように思っていた英語を、人に伝えるという目的をもって使うことができ嬉しく思いました。このようなことを通して、学ぶことの先が、実際はどうなるのかということを、全身で感じることができました。
それによって「苦手」だと良くない印象を持っていた物事にも良い印象を持つことができたり、新たな見方を持つことができたりしたのでとても良い経験になったと思います。
加えて、そのような交流や大きな行事の後に感想や総括をよく書きました。自分の感じたことや思いを言葉にまとめて文章で表現することは難しく、時間がかかり、面倒なことだと思っていました。今でも大変だなと思うけれど、経験した物事に対して自分がどうだったのかを振り返って書くというのは、自分と対話することだと思います。自分と対話することで自分の考えや気持ちをよく知ることができたため何度も感想文を書く機会があったことは非常に良かったです。
 このように私は和光中学校の3年間を通して自分自身に聴く力や話す力、また書く力が以前よりついたと思います。そのため高校生、大学生、社会人と時を経てもこのような力を活かして過ごしていきたいです。また、いつになっても新たな力をつけようと努力することを忘れないようにしたいです。

卒業生 スピーチ その2

Web担当K 行事 タグ: ,

卒業式で3年生が読んだ作文を紹介します。

s-02

「成長、学べた事」 (3年生 男子)

自分はこの3年間で成長、そして学べたことが沢山ありました。まず一つ目は「意見の大切さ」です。中学生活では多くの人と出会い会話をしました。その人、一人一人は必ず違う意見を持っています。その例として、HRでは沢山の意見交流、話し合いがありました。そこでは反対意見がほとんどの場面で出されました。1年生の頃はそんな人達がすごいなと思っていました。自分の意見をはっきりと言え、決して相手を傷付けることのない言葉によるキャッチボール。正直自分がHRで意見をだすなんて絶対に無理でした。昔の自分には「自分」というものがなかったと思います。    
けれども1年生の時に生徒会の執行委員が「この学校は自分の意見を出していい学校で、それを周りの人は受け止めてくれる」と何回も言ってくれていました。その言葉を聞いて、自分を変えたいと思い、意見を出してみようと思えました。今では周りに意見を受け止めてくれる人がいると分かっているので、意見を言うのは楽しいです。
二つ目は「周りの事を考える」ということです。これは頭では分かっていたけれど、なかなか自分では出来ていませんでした。けれど2年生に秋田実行委員をやらせてもらった時に変わることが出来ました。自分達のクラスは全体で意見を聞くよりも、班で聞く方が、意見が出やすいクラスだったので、班で考える時間を増やしたり、どうやったら皆が意見を出しやすいかなどを考えたりしながら、HRづくりを三役として行いました。正直、ほぼ毎日の会議は大変でした。けれど、それと同時にやりがい、楽しさも感じることが出来ました。そしてリーダーというのは「皆のことを考えなくてはいけない人」ということも感じることが出来ました。この経験が、この後のオリテ実行委員会や、サッカーチームでのキャプテンという仕事にもいかされていったかなと思います。
三つ目は「楽しむ」、「前向きに生きる」ということの大切さです。これまで沢山の困難があった時に自分を支えてくれたのは友達でした。1日1日の学校生活が楽しく過ごせていたのも周りにいた友達のおかげで、昼休みはもちろん、10分休みですら楽しませてくれたのも友達でした。
けれども勿論苦しいこともありました。その中でもコロナの1年間は一番苦しくつらかったです。学校が休校になり、それだけでも苦しかったけれど、その中で「オリテ運動会は中止」と告げられました。聞いた瞬間は「無くなっちゃった」とだけ思いました。しかしそれは一瞬で、その後には目の前が真っ暗になりました。自分はオリテ実行委員として2年生の最後から会議をやっていたのに、「なんのためにやったんだろう」と思いました。
でも休校が終わり、1学期の終わりに、同じクラスのA君が「何も無くても頑張れる人は、何かあったらもっと頑張れると思う。何も無いからと言って頑張らない人は、何かあったとしても頑張れない」と総括文に書いていて、めちゃくちゃ救われました。サッカーチームの大きい大会も二つも無くなってしまって、人生最大、最悪な気分だった所を友達の一言で、凄く前向きになれました。悔しい気持ちが消えた訳ではないけれど、「下ばっかり見ていてもいいことなんて、一つもないし、むしろ前を向いたほうが楽しい」と友達に教わることが出来ました。コロナが持ってきた唯一のプレゼントかなと思っています。ほんとに辛いと思うことはこれからもあると思います。けれど、一人で抱え込むと辛さが倍増してしまうから、そんな時は周りを頼ったらいいということも学べたと思います。「成長は困難を乗り越えた先にある」とよく聞くけれど、本当にそう感じる3年間でした。これからも常に成長し続ける人間でありたいなと思いました。

卒業生 スピーチ その1

Web担当K 行事 タグ: ,

卒業式で3年生が読んだ作文を紹介します。

「コロナ禍で気づいたこと」 (3年生 女子)

私は、このコロナの状況で気づいたことが大きくわけ二つあります。一つ目は、当たり前にあった友達と話す日常の楽しさです。私はコロナで休校になっても特に苦ではありませんでした。むしろ二ヶ月ほどの長期間の休みになり、今までにない経験だったので、新鮮に感じました。しかし、学校が再開し久しぶりにクラスの人と会い、「おはよう」と一声かけるだけでも嬉しくなり、話をすれば心の底から笑い、ものすごく楽しい気持ちになりました。
人と対面で話すことは必要なことであり、表情が見えて安心します。感染のことなどを考えずに一緒にお弁当を食べていた普通の日常が幸せだったと実感しました。
二つ目は、学校内で交流する意味、そして学級や学年で話し合う大切さです。オリテ運動会も館山も中止になり、学校内で交流する機会がなくなりました。今まで運動会や館山での班などで踊りを教え合い、励ましあうことで1年生から3年生までの心の距離が縮まり、不安がなくなり、行事の時だけでなく学校生活でも安心し楽しく過ごせていたことにオリテ実行委員の活動を通し気づきました。今年は生徒総会もなくなり、全校で学年同士が話し合うことができませんでした。その中で特別ルールについて学級で話し合っている際に「特別ルールは生徒同士で話して決めていないため、守る意識が薄れているのではないか」という意見がありました。又いつもなら4月にあるオリエンテーション運動会がなくなり新入生歓迎交流会という新しい形になったので、一から作る為に話し合いを重ねました。私はそこから、リモートでの会議よりもその場の空気を感じ取りながら意見を出し合い、話し合うことで、それぞれの意見の理解が深まり、進んでいき、物事に対する責任感が生まれることを改めて感じました。そしてリモートではできない合唱をする意味を思い出しました。私は小学生の頃からなぜお礼の代わりに歌を歌うのか疑問に思っていました。中学2年生では秋田学習旅行のためにたくさんの合唱の練習をしていました。その最中は何のために練習をしているのかわからなくなりました。しかし秋田の農家の方から、農業や地元の方との関わり方を聞き、見て、感じ、考え、学び、感謝の気持ちが溢れました。そしてたくさんの農家の方たちが合唱を楽しみにする表情を見て、本気で今での成果を出し切り良い合唱にしたいと思いました。歌を歌うことで感動してくれている人を自分の目で見て、私も歌っていて心地よかったです。今は合唱ができず、聞けず、で残念ですが、この期間に意味や重要さを思い出すことができました。先日、『コロナからの手紙』という文章を読みました。そこには「コロナウイルスは、地球が危機に晒されても人類が地球の声を聞こうとしなかったため、コロナがやってきた」というメッセージでした。私はこれを読み、納得しました。総合でも調べたように今、私たちは環境問題をたくさん抱えています。しかし、自粛期間で空気や水が澄んだというニュースもありました。これは人類が協力すれば環境は変えられるということだと思います。コロナにより、辛い生活になり先が見えず不安になりますが、私は中学生最後に大切なことに気づくことが出来たので、その点ではよかったと思っています。私は卒業を迎え、高校に進みますが、今ある日常の一日一日を大切にして過ごしていきたいです。

2020年度和光中学校卒業式 式辞

Web担当K 全校, 校長ブログ タグ:

2年続けて、コロナ禍の卒業式となりました。今年も縮小した形で行うことになりましたが、ひとり一人に卒業証書を渡すことができました。それぞれが新しく進む道で、4月からの生活が順調に始まることを祈っています。

2020年度和光中学校卒業式 式辞

今日、和光中学校は143名の卒業生を送り出します。卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。そして、卒業生を今日まで見守ってきた保護者の皆さん、お子さんのこの3年間の成長を感じておられることでしょう。心よりお祝い申し上げます。
さて、この1年は、新型コロナウィルス感染症の対策のため、4月・5月は学校は休校、そして様々な行事も中止や延期、あるいは内容を変えて実施するという年になってしまいました。ここにいる皆さんの中には、3年生になったら、オリエンテーション運動会で、館山水泳合宿で上級生としての力を発揮したいと思っていた人もたくさんいると思います。しかし、それは叶いませんでした。そうではあっても、皆さんは先日行われた卒業演劇で、そして日常の生徒会活動の中で上級生の力を十分に発揮した、と私は思っています。
2月27日に、私は4クラスの卒業公演を観ました。それぞれのクラスから、伝えたいメッセージは何なのか、明確に受け取ることができました。音響や照明はタイミングがずれれば全てがぶち壊しですが、きっちりと合っていたように思いました。役者の人も、セリフが無くて物語の進行の上では他の役者たちが演じているような場面でも、状況を考えて舞台の上で黙って演技している姿が見られて流石だと思いました。あるクラスの1年生の感想に「さすが3年生はレべチ」とあって、2秒ほど私は意味が分からなかったのですが、レベルが段違いだと感じていたのですね。4クラス全ての劇を1・2年生に観てもらいたかったのですが、そうできなかったのは本当に残念でした。
振り返ってみると、3年生のみなさんとは劇を通じての関わりが多かったように思います。校長になって初めて行った秋田学習旅行で『いつだって青空』という劇をわらび座で一緒に観ました。その時、「文化の力」という話をしましたね。歌や踊りや演技ならメッセージが受け取りやすい、共感しやすい、人の心に訴えるものがある、という話をしたと思います。人間は、基本的に言葉によって思考、ものごとを考えていく、のですが、文化・芸術には言葉を越えて人の感情に直接訴えるものがあるのですね。
そして、今年1月の総合学習の時、大教室で釈迦内柩唄を一緒に観ました。生の
舞台の迫力に、私もですが皆さん圧倒されていたように思いますその後の俳優さんとの質問のやり取りの中でも多くを学んでいたように思いました。
世の中、バーチャル何とか、が流行っていますが、人間は、五感、五つの感覚ですね、視覚・聴覚に加え、触覚、味覚、嗅覚ということになりますが、五感を通じて経験したことの方が強い共感を感じる生き物のようです。だからこそ、1月の舞台に皆さんは気持ちを動かされ、2月の卒業演劇で1・2年生は皆さんの劇に感動したのでしょう。
実は演劇という行事はとても難易度の高いものだと私は思っています。キャスト、大道具、小道具、音響、照明と本番でやっている作業はバラバラ、それをひとつのものにより合わせていかねばなりません。そして、それを自分たちの力でやっていかねばならない。
その大変なことをみなさんはやり遂げ、下級生に示したのだと思っています。
最後の最後に私から卒業生の皆さんに伝えたいことが一つあります。今まで何度も話してきたことですが、新型コロナウイルス感染症の先行きがどうなるか、は誰にも分かりません。そういう中、これから先、生きていくのは不安になることもあるでしょう。ただでさえ、これから皆さんが進んでいく青春期は何かと不安を感じ、自分とは何者か分からず、もがき苦しむことは多々あるのです。そういう時、「自分は困っている」「不安に思っている」ということは外に出していい。「助けて」と言ってよいのです。そうすることで、あなたに共感してくれる人も出てくるかもしれない、智恵を出してくれる人も現れるかもしれない。社会というのは、本来そのように助けあうために存在しているのだ、と思います。私たち和光の教師たちも、みなさんが卒業した後であっても力になれることがあるでしょう。
和光中学校での3年間の経験を胸に、これからの未来、一歩一歩進んで欲しいと思います。どうぞお元気で。

2021年3月15日
和光中学校校長 橋本 暁

卒業式がありました

Web担当K 全校, 行事 タグ: , , ,

暖かい春の陽気の中、第73回卒業式を迎えました。

DSC_4381

在校生は、オンラインで各教室から参加し、メッセージを送りました。
「すれ違う時に声を掛けてくれて嬉しかった」といった、日常のちょっとしたやりとりが語られるクラスも。

3年生の4生徒が作文を音読しました。

「コロナ禍で気付いたこと」
「和光中学校で得た力」

s-04 s-02 s-03

どれも和光生らしい、真っ直ぐで、力強いメッセージばかりでした。

改めて、ご卒業おめでとうございます。

卒業式のリハーサル

Web担当K 全校, 行事 タグ: , , ,

今年度の卒業式は、在校生は各教室からオンラインで参加します。

IMG-5299

後半の生徒会主催の「旅立ちを祝う会」では、各クラスから短いメッセージが送られます。
執行委員の司会の言葉に合わせて、合図を送ったりしながら、練習を繰り返します。
初めての試みなので、生徒も教員も試行錯誤。
それでも各教室の様子が画面に映るたびに、和やかな雰囲気になっていました。

IMG-5298

卒業式がありました

Web担当K 校長ブログ, 行事 タグ: , ,

コロナウィルス感染の広がりが心配される中でしたが、規模を縮小し時間も短縮した上で、先月3月14日(土)に卒業式を行うことができました。

DSC09940

卒業生の門出を何とか祝うことができて、本当に良かったと思っています。
以下は当日の式辞です。
新しい学校での生活が一刻も早くスムーズに始まることを今は祈るばかりです。

DSC09932 DSC09941

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。そして、卒業生を今日まで見守ってきた保護者の皆さん、お子さんのこの3年間の成長を感じておられることでしょう。心よりお祝い申し上げます。

さて、今日の卒業式は、新型コロナウィルス感染対策の一環として、規模を縮小した形で行わざるを得ません。生徒のみなさんの中には、悔しさを感じたり残念に思っている人も多いと思います。しかし、和光中学校に関わる人が集って、3年生の卒業を祝う場が持てるということを大切にしたいと思います。

未知の病原体が発生するということ自体は、歴史上何度もありました。最近でも2009年に新型インフルエンザが流行したことがあります。医学が発達する前は病原体のほとんどが未知で人々に脅威を与えていました。中世のヨーロッパでは、ペストという病気が大流行しました。黒死病として恐れられていたのです。黒死病という名前は、体の中で内出血が起こり、皮膚が黒くなることから来ています。数千万単位で人が亡くなり、人口が大幅に減ったといわれています。幸い、今は医療体制が整いそこまでのことにはならないと思いますが、警戒は怠ってはならないでしょう。そして、新型コロナウィルスをめぐって、今の日本の社会で起きていることは、私たちに様々なことを考える材料を与えてくれます。小国綾子さんという記者が新聞の夕刊に書いていた話をとりあげてみたいと思います。

ある年配の女性が、薬局の待合室で薬の処方を待っている時、持病の発作が出たそうです。マスクをつけ、息を荒くし、発作が治まるのを待っていた時のこと。 「おまえ、コロナだろ。出ていけ!」と、待合室にいた年配の男性から怒鳴りつけられた。あまりの勢いに、薬局を追い出され、道路にうずくまっていると、ちょっとしてからでしょうか、薬局のスタッフが薬を渡そうしました。その時、男性はさらに「ドアを開けるな。コロナがうつる。コロナは家から出てくんな。迷惑だ!」。薬局スタッフに女性は「薬は郵送します」と言われてしまう。彼女は悔しくて泣きながら帰ったそうです。

みなさんは、この話を聞いてどう思いましたか。

この年配の男性、ひどいなと思った人は多いでしょうね。この男性は人としてどうなのか、ともちろん私も思いますが、それ以上に私が引っかかったのは薬剤師の態度です。小国さんは、続けてこう書いています。「薬剤師は処方箋を見て、発作が持病のためだと分かっていたはずなのに」。私は、薬剤師の人は言うべきことを言っていないと思います。「この方はコロナではなくて別の病気なのですよ、心配することはありません」。おかしいことに対して、それは違うと言ってないのです。

「おかしなことに対し、きちんとおかしいと言える」ということは、和光中で大事にしてきたことだと思います。実際、どこまで実現しているかはともかくとして「お互いに言いあえる関係」というのを私たち、和光の教師はみなさんに求めてきました。みんなが口を閉ざしてしまえばどんな社会になってしまうのか、その一つの例を先ほどの話は示しています。

改めて卒業生のみなさん一人ひとりに、おかしなことはおかしいと言える人になってもらいたいと私は思う。しかし、薬剤師の人のようにそうなれないこともあるかもしれません。薬剤師の人は、自分が暴言や、場合によっては暴力を受けることを恐れて言えなかったのかもしれないですね。そうではあっても、次は勇気をもって言おうと思えたり、言い方を工夫すれば伝えられるかもしれない、と本人が意識すれば次につながります。仮に、ものが言えないのなら、そのことを自分の中に抱えておくことが大切なのではないでしょうか。

こんな話をわざわざ付け加えたのは、私自身、全てのおかしなことにおかしいと言えている訳ではないからです。さすがにいい歳ですから、ものが言えないということはかなり減ってきましたが、全く無い訳ではない。私もみなさんと共に努力していかなければ、と思っています。
おかしなことがおかしいと言える社会は、無責任な決定や一部の人のやりたい放題を許さない社会でしょう。そのような社会を卒業生のみなさんと共に私たち大人もつくっていければと思います。

2020年3月14日
和光中学校校長 橋本 暁

※小国記者の記事は、無料版では途中までしか読めませんが起きたことの概略は分かると思います。

卒業式 全校合唱『正解』

Web担当K 全校, 行事 タグ: ,

3月に行われた和光中学校の卒業式。
そのフィナーレを飾ったのは全校合唱でした。
生徒達の投票で決定した曲は、RADWIMPSの『正解』。
その曲を、全校から選ばれた有志バンドの演奏と共に歌い上げました。
全校が1つになって、甘酸っぱくもほろ苦い青春への思いを共有した素敵なひとときでした。
どうぞご覧ください。

卒業式が行われました!

Web担当KN 全校, 行事 タグ:

3月15日(金)には2018年度の卒業式がありました。
和光中の卒業式は2部構成。
第1部は学校主催の卒業証書授与式です。
P3150003
1人1人に校長から卒業証書が渡されました。
握手だけでなくハグをする人もいました。
P3150056
校長先生からのお話(後日校長ブログにup予定)。
卒業式や入学式,演劇祭などの大きな行事では文字保障もあります。
P3150064
親和会からの記念品として和太鼓をいただきました。
P3150069

第2部は生徒会主催の卒業を祝う会でした。
P3150117
生徒会活動や部活動で活躍した卒業生を表彰しました。
P3150105
1年生からの合唱↓と
P3150124
2年生からの合唱↓,
P3150135
教員からの言葉と合唱(画像なし)が卒業生に贈られました。

このあと,卒業生にバトンを渡し,卒業生4人から,
3年間で和光で学んだこと,成長したことの発表がありました。
P3150155
そして,心のこもった4曲の合唱↓
P3150158

最後に,皆で選んで決めた「正解」を全員で合唱しました。
P3150246

時間は長くなりましたが,とても気持ちよく3年生を送り出せました。
和光らしい式になりました。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求