国語

1年生 国語 情景描写を想像して書く

Web担当K 学習 タグ: ,

1年生の国語では、宮沢賢治の「いちょうの実」という短編小説を読みました。

いちょうの木はお母さん、いちょうの実はそのこどもたち。
いちょうの実は、それぞれの思いを胸に、みんなに別れを告げ、風に乗って母親の元を旅立っていきます。

そんな物語の最後、いちょうの実が旅立っていった後の丘の上の情景描写を自分で想像して書いてみるという課題に挑戦しました。

s-IMG_2080

秋の日の早朝、丘の上からはいったい何が見えるでしょうか。
小説に書いていないことも、それぞれ想像を膨らませます。
空・太陽・草木・生き物・遠くに見える海・人間の住む街並み…

s-IMG_2082

また、情景描写を書く際、登場人物のそれまでの気持ちをイメージして、情景描写に重ねて書くことを意識しました。
なぜそのような情景を想像したのか、情景描写の後に続く本人の解説が大切です。

以下、生徒の作品です。中学1年生らしい、みずみずしい表現を、ぜひ読んでみてください。

s-IMG_2077

今の季節には珍しく、針のような寒さです。それとは対照的に東の空はもう、あたたかい桜色に染まっています。その桜色の光を浴びて、すっかり葉の落ちた木々たちは、コポコポと微かな音をたてながら、しっとりとぬれた大地に、長く長く影を落としてゆきます。いちょうの実の香りが、この丘までも届いています。
【本人解説】「針のような寒さ」は、おっかさんの不安と心配を、「あたたかい桜色に…」は、いちょうの実たちは大丈夫だよということを表現した。「木々たちは…」の部分は、また1日が始まるよと、木々たちがいつまでも落ち込んでいるおっかさんを励まし、急かしていることを表現した。最後の1行は、もう会えないかもだけど、ずっと繋がってるよということを表わしている。

朝の日ざしが差し込む緑の丘の上には、たくさんの木と動物が住んでいます。光の白と植物の緑、そして影の黒という3色しか見えないのに、濃い緑や光と混ざり合ったような白っぽい緑。とても鮮やかで、まるで誰かからの贈り物のよう。出来たての葉の香りは、雪のように冷たく、優しく広がっています。サワサワと、木が風に擦れる音が聞こえてきます。丘から見下ろす景色には、やはり白と緑しか見えません。でもその景色は、終わりが見えず、どこまでもどこまでも続いています。
【本人解説】いちょうの実の子どもたちのおっかさんであるいちょうの木への感謝を、「贈り物のよう」という表現で表わし、旅への期待を「どこまでも」という言葉で表わしました。

すっかり静まった丘の上では、親鳥が1日の始まりを告げ、その声につられるように東の空の向こうからキラキラとりんご色の朝日がはっきりと顔を出しました。朱色に染まったもみじの葉は、てのひらでそっと空気を包み込み、そこらは毛布のようなぬくもりのあたたかい朝日に照らされ、気持ちの良い朝の始まりを告げました。ふと丘の向こうから、小鳥のように鳴きながら歩く子鹿が見えました。もう、しとしとと透き通った大粒のしずくが地面を叩く音と、小鳥のように鳴く子鹿の声だけが響いています。
【本人解説】「毛布のようなぬくもりの温かい朝日」という言葉は、いちょうの木のお母さんの優しい気持ちで、こどもたちを送り出す期待に溢れているメッセージを表わしていて、「大粒のしずくが地面を叩く音と、小鳥のように鳴く子鹿の声」という文は、いちょうの実といちょうの木のお母さんが離れてしまう悲しくて寂しい気持ちを表わした。

 

3年生 国語 『公然の秘密』

Web担当K 学習 タグ: ,

『急行列車』を終え、今3年生の国語では『公然の秘密』を読んでいます。

s-IMG_1714

街の掘り割りの中に埋まっている象が、徐々に姿を現し…
そんな物語の不思議な世界観に、読んでいるだけでたくさんの疑問が浮かびます。

s-IMG_1719

プリントに「疑問」「重要だと思う言葉」「自分の解釈」「感想」を自由に書き込んでいきます。

s-IMG_1716 s-IMG_1723

それを次に班ごとに交流し、そこで出た意見を黒板にそれぞれ書いていきます。

s-IMG_1722

「象が『肉の腐り方ではなく、植物の腐り方』をしているのは、象が生きていないような印象を受ける。『腐っている』よりも、『枯れている』に近いような」
「タイトルの『公然の秘密』というのは、弱い者に対して直接悪口を言うのではなく見て見ぬふりをするという、現代社会に似ているのではないか」
「『誰一人仔象を泥の中に突き落とそうとしないのは…』とあるけど、そもそもなぜその発想なのか。突き落とす必要はないのではないか」

s-IMG_1726

発表された意見を、自分のノートに一生懸命メモしていました。
ひとつひとつの表現をたどりながら、この小説が持つ「寓意」に迫ります。

3年生 国語 「寓意小説」を読み深める

Web担当K 学習 タグ: , ,

中学3年生は今「寓意小説」を読み深めています。
今日の授業は、『急行列車』(ディーノ=ブッツァーティ)のまとめの発表です。
作品に込められた「寓意」について、自分の解釈と考察をクラスの皆に向けて伝えます。
作品に書かれていることに矛盾せず、かつ独創性のある解釈をめざし、全員がタイトル(キーワード)をつけて文章にまとめました。

作品の描写・表現に即して自分の考えを解説する7人の発表者。
自分とは異なる解釈・考察に耳を傾け、真剣にコメントを書く聴き手。

急行列車に乗って「大いなる目的地」に向かう「わたし」。
途中駅の人物、列車の速度、車窓の風景などが意味するものは…?

〇「言葉、文章のはしばしからしぼりとって書いている、そんな感じがした。一つ一つ詳しく書いていて,めっちゃ聴きやすい。母の愛の所の解釈が好き。」(Nさんの「列車」に対するコメント)
〇「タイトルが、『わたし』じゃなくて『だれか』というのがすごいハァー、なるほど、と思わせた。」(Mさんの「だれかのいつかの人生」に対してのコメント)
〇「表現がとても良かった。鳥肌が立つくらい。」(Kさんの「選択」に対してのコメント)
〇「聴きやすい。答がないのに答を聴いているようだった。」(Sさんの「チューチュートレイン」に対してのコメント)

一人では決して気づけなかった作品解釈の視点や仲間の発想と表現の豊かさを共有できる時間でした。

1年生 国語 辞書を使って語句調べ

Web担当K 学習 タグ: ,

1年生の国語の授業がいよいよスタート、最初の教材は『オツベルと象』です。
まずは1人1冊辞書を使って語句調べから。
s-IMG_1432
小学校の頃よりも、ずっと言葉が難しくなっていたり、少し工夫を凝らして調べなければ意味が出てこないものがあり、みんなの頭を悩ませます。

例えば、登場人物のオツベルが食べている「六寸くらいのビフテキ」とはいったいなに?

誰かが呟きます。
「ビフテキはビーフステーキの略かあ」
「でも六寸ってなんだろう、調べても出てこないなあ」
「最初に数字がついてるってことは、『寸』は単位なんじゃない?」
「そうか、じゃあまずは『寸』を調べてみよう」
「ていうことは計算しなきゃいけないってことか、なるほど…」
s-IMG_1433
班ごとに、意見交換しながら辞書をめくります。
今日の晩ご飯は、「六寸のビフテキ」に決まりですね。

中学3年生 国語 『十字架』

Web担当KN 学習 タグ: ,
IMG_1154

中学3年生の国語では、冬休み、1冊の本を読み、そのあらすじをまとめるという宿題が出されました。
その小説は、重松清さんの『十字架』。
手にすると分厚く、骨のある1冊です。

本を読むのがあまり得意ではない人は、最初自信がなさそうにしていましたが、
冬休み前の授業で少しだけ教員が音読すると、物語の世界にすっと引き込まれていく姿が見られました。
休み時間じっと机に向かって本を読み進めている人も何人もいます。

そして冬休みが明け、手元に本を1冊置き、授業がスタートしました。
初回の授業ではまず、1冊の中で自分が注目した1文を選び、それを次の授業で発表します。
IMG_1156
「西に傾いた太陽は、もう二度と空のてっぺんに後戻りすることはない」
この1文に注目した生徒は、
過去に過ちを犯してしまった人も過去には戻れないことを意味するのではないか、
だとすると空のてっぺんとは何を示すのか…と自分なりの考察を発表しました。
IMG_1157
また、「胸の奥に降りそそぐような涙」とはどんな涙か。
「人の命の重さは作文では書けない」そんな台詞の持つ意味は何か。
「ようやく『被害者』になれた」と言った主人公の気持ちはどんな気持ちだろうか。
IMG_1153
ひとりひとり全く違う言葉に注目し、それぞれの思いで小説を読み進めていることが交流されました。
「そんな細かいところに注目したのかあ」
「あ、私も同じところが気になった!」
お互いの読みを交流すればするほど、小説の世界が深まっていきます。

これから、さらにどんな風に物語の世界を味わっていくのか、楽しみな3年生です。

中学3年生国語 「大人」でも「子供」でもない 【続】

Web担当KN 学習 タグ: ,

3年生の国語で作成した「意見広告ポスター」を
文化祭展示後、クラスで読み合い、みんなでコメントを書きました。
①
「自分もこんな風に言えたらいいんだけど…でもどうしても素直になれないんだよね」
「この主張、自分の思いとどこか似ているなあ」
「共感の極みでしかない」
②
生徒によって言葉は様々ですが、真剣に相手の思い・言葉を受け取り、
付箋1枚1枚に丁寧にコメントを書いている姿がとても印象的でした。
普段見えている友達の姿とは全く違っていたり、
思いがけず自分と同じ思いの人に出会ったり、
この意見広告ポスターは、自分の思いを発信するだけでなく、
それを受け取る側にとっても様々な心の動きがあるようです。
③
クラスメイトのコメントが書かれた付箋がたくさんついた自分の作品が、
最後生徒の手元に返されます。
「早く自分に向けて書かれたコメントを読みたい!」
とそわそわする生徒たちでした。
④
最終的に、この意見広告ポスターは一冊の冊子にまとめられ、
ひとりひとりに配られます。その完成も待ち遠しいですね。

中学3年生国語 「大人」でも「子供」でもない

Web担当KN 学習 タグ: ,

以前ブログでご紹介しましたが、中学3年生の国語では、「意見広告ポスター」を作成しました。
その時の様子はこちらをご覧ください。
先日の文化祭では、そのポスターを全員分、各教室に展示しました。
特に廊下に貼られた大きく拡大印刷されたポスターは、多くの人が足を止め、真剣な眼差しをむけてくださっていました。
そしてそんな文化祭翌日、2年生が寄せてくれた感想に、こんな言葉がありました。

3年生の作品は、『子供』だから、と見られる中学生だけど、この年であることで言える『大人』とは違う世界、『大人』でも『子供』でもない年であることで考えられることがよく分かる。とても心に訴えるものがあり、一つ一つが光っているように見えた。(中学2年 男子)

今回は、文化祭で展示した「意見広告ポスター」の中から、3つの作品をご紹介します。まさに、「大人」でも「子供」でもない彼らの心の中を、ぜひのぞいてみてください。

作品名:『※よ、ちょっと聞いてくれ。』
1
↑テレビ、雑誌、マンガ…どこにでも言い訳がましく載っているコイツ。
※この企画は事前にリハーサルを行っております。
※これは○○社の許可を得た上での発言です。
※これはあくまでもジョークです。
※この広告はイメージです。
※このラーメンは撮影後にスタッフが美味しく頂きました。
※これは個人の感想であり、人権を侵害するつもりはございません。
しかも、そいういヤツに限って記事の端っこや画面の下の方で小さく小さく書いてある。
非常に女々しい。タチが悪い。
その程度で満足しているようであれば、お前の主張は米粒にも過ぎない。
それでも伝えたいことがあるのなら、「デッカく」「ハッキリ」言ってみろよ。
そんなにクレームが怖いのか?
おい、こめじるし。和光中を見てみろ!
僕らなんてわざわざ個人名を出して自分の主張を皆様に見せびらかしているんだ。
聞け、こめじるし。だが僕らには自信がある。
そうでなければ、面白いモノは生まれない。
(中学3年 男子)

作品名:自分を好きになる道
2
私はまだ自分の事を好きになれていません。
きっと好きになるその道の途中に立っていると思います。
私は最近、周りから思われる自分と自分自身の思う自分のずれを苦しく感じます。
周りが思うほど自分は頑張れていないし、努力しきれていないのに、周りからは十分だよと言われる事が多いです。
この言葉に救われているのか、苦しめられているのかよく分かりません。
なぜって、自分が思う自分より周りが自分を高く見てくれているのは良い事だけど、裏返せば自分の頑張りは最大じゃないのに、これ以上は無理しないで?と言われているようにも感じるからです。
それに私は普段良く笑うし、声が大きいし、性格は明るいと言われることが多いので、「自分が嫌いなんてそんなわけ無い」そう思われてしまうかもしれません。
そこも自分とのずれです。
まるでもう一人の自分を作られている気がして、怖く、嫌になります。
でも世の中にはもっと苦しい状況の人が沢山居るのに、こんな些細なことで嫌だなんて思ってる自分も嫌いだし、そう思うなら頑張ればいいのに、頑張ろうとしない自分は何なんだろうと思います。
でも結局自分自身が一番自分のことを理解してるから、こんなに自分に嫌気が差しても、それもまた自分で、それがあるから今の自分がいる。その自分に素直に向き合えば、嫌なところがあったっていいと、少しずつ思えてきてる自分がいます。私は、自分が前向きになれる好きなことに助けてもらいながら、少しずつ自分を好きになって行く、その道を今ゆっく歩いている途中です。
(中学3年 女子)

作品名:群れない魚
3
私はひとりぼっちです。
でもひとりを選んでるんです。
とても楽しいですよ。
いろんな魚の群れがたくさん流れてきます。
それらの間をすいすいと抜けていく一匹の魚のように
自由で気持ちがいいのです。
多人数で得られるものは、ひとりでは得られません。
ひとりで得られるものは、多人数では得られません。
時には、大きな魚の群れのかたまりに近づいて
天敵からうまく逃げる術などを吸収し
学んだことを生かして、一匹に戻り、
目標に向かって再び泳ぎはじめます。
他のかたまりの群れの魚からしたら
「自分の都合の良い時にだけやってくる図々しい奴」
とか思うかもしれない。
そうです、私は図々しいんです。
それでもかまいません。
誰が何を言おうとも、何を思おうとも、
私は自分の生きやすいように泳ぎます。
いつか、美しい大きな一匹の魚になれるように。
(中学3年 女子)

中学1年生 国語「論理を学ぶ」

Web担当KN 学習 タグ: ,

2学期後半は,論理(話の筋道)を大切にした文章を学んでいます。
IMG_1669
「たんぽぽのちえ」は小学校低学年の国語の授業で学んだ文章。
それを段落ごとに切り離し,ランダムに並べたものから,正しい順番に並べ替えていきます。
IMG_1661
今日はその1時間目。2人1組で短冊をいろいろ置き換えて,話の筋が通るようにしていきます。いろいろな並び方ができあがります。
IMG_1660
この後,皆の意見を元に「正しい順番に並べるための手掛かり」を交流し,「話の筋が通るためのポイント」を確認していきます。

中学3年生 国語 「意見広告ポスター」の作成

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学3年生の国語では,現在和光祭に展示する「意見広告ポスター」の作成に取り組んでいます。
毎年3年生が取り組んでいるこの学習では,自分が今伝えたいこと,届けたい思いを,キャッチコピーとボディーコピーという形で文章にします。
さらにそれを写真やイラストなどと合わせてデザインし,1枚の広告に仕上げます。

「ぼくの恐ろしいお姉ちゃんについて」
「何に対してもあいまいな今の自分について」
「動物の殺処分について」

生徒達の今考えていることはひとりひとりどれも違っていて,そしてその言葉からはそれぞれのとても強い思いが伝わってきます。
写真1
この日はパソコンルームでの作業。
紙のテキストや説明書は一切なく,パソコンの中の動画説明をそれぞれ文字を打ち込んだりデザインを考えます。
写真2
最初はどうやっていいかわからず戸惑う人も。
ですがやり方に慣れてくると,次第に集中して画面とにらめっこし黙々と手を動かしています。
写真3

写真4
さて,どんな作品ができあがるでしょうか。
ぜひ,今の中学生の熱い主張を見に,和光祭にいらしてください。
和光祭 11月3日(土),4日(日) 展示は中学3年生の各教室です。

中学1年生国語 絵本から小説を学ぶ

Web担当KN 学習 タグ: ,
IMG_1352

中学生になって初めて授業で読んだ小説『オツベルと象』。視点人物(=語り手)の「ある牛飼い」を意識しながら読んできました。そのまとめとして、同じ小説を6種類の絵本で読み比べてみました。生徒一人一人が持っていた登場人物のイメージが、それぞれの絵本の中で展開されます。
IMG_1350
授業の中で「オツベルはどこの国の人?」という疑問も出されましたが、絵本の中では千差万別。スーツを着たオツベル、トルコ帽をかぶったオツベル、ターバンを巻いたオツベル…。1冊の本は、最初に出てきた絵柄が金属管と石を組み合わせたものが土の上に置かれている写真でした(金属管は象の鼻に似ています)。
IMG_1357
ただ絵を見て楽しむだけでなく、あちこちで読み聞かせが始まりました。
IMG_1416
最後に「『(文章で書かれた)小説を読む』とはどういうことか」の問に、自分の考えをノートにまとめました。
IMG_1422
「小説は絵本とちがって絵がないから、自分でその本の世界を広げられる」、「人によって(イメージする)映像が違うから、そこもまた小説のいいところだ」、「想う事、考える事のできるものだ。絵本は絵にひっぱられてしまうが、小説は想像できるからいい」、「私が小説を読むうえで大事にしてほしいことは想像することです。さし絵がなくても想像力に正解なんてないのだから、その人の好きな想像をしていいのです」、「絵本はその絵をかいた人がつくった世界に私たちが入るが、小説は自ら世界をつくっていくことができる」とさまざまな意見が出されました。小説を読むことは、言葉を手掛かりに小説の世界を想像力によってつくること。このことを実感した後、授業は2編目の小説、リヒター著『あのころはフリードリヒがいた』から「とめ輪(一九三三年)」を皆で読み深めます。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求