校長ブログ

校長ブログ 鶴幼バザーのお礼

Web担当Y 全校, 校長ブログ タグ:
和光鶴川幼稚園から調理室バザーのお礼のお便りが届きましたので、ご紹介します。親和会員のみなさまのご協力ありがとうございました。
イベントで演奏したのが、和光の卒業生だったり、調理に関わっている方が元親和会員や卒業生だったり、と、和光学園ならではのつながりを感じます。ありがたいことだと思います。
鶴幼バザー_page-0001 鶴幼バザー_page-0002

校長ブログ 本のおすすめ

Web担当KN お知らせ, 全校, 校長ブログ タグ:

中学生と高校生にすすめたい本を1冊ずつ紹介します。小説を読めば、自分が経験できないようなことに出会えるし、「ネットで何でも分かる」と言われる世の中だけど、じっくり本を読んで考える力は、学校を出てからも学び続けるために必要だ、と思います。

ato

中学生には、小説で瀬尾まいこさんの『あと少し、もう少し』。この本は、地方の中学生が駅伝大会に出場するまでのあれこれと当日の様子を描いたものです。6人の中学生のそれぞれの語りで話が進行していくのですが、ページをめくっていくと、同じ場面が別の視点から描かれていて、「あぁ、そういうことだったんだ」と分かる作りになっています。駅伝へと向かっていく中学生の気持ちがリアルに描かれていて、きっと共感できるはずです。中学生を描いた小説はいくつも読みましたが、瀬尾さんの描く中学生の姿には現実感があります。気になって調べてみたら、この方、京都府の中学校で5年間国語の先生をされていたのだそうで、その経験が投影されているのでしょうね。そう言えば、作中に登場する、競技経験が全くない、ど素人なのに陸上部の顧問を担当させられる上原先生の言動も、とてもリアルかつ的確なのですが、それも同じ理由からでしょう。唯一、難点を挙げるとすれば、中学生ってもっと「もやもや」していて、自分が何なのか、何に悩んでいるのか、ことばに出来ないから大変なのであって、作品中の少年たちのように明確にことばになっていれば、苦労はしないよな、とは思いました。しかし、「もやもや」のままでは小説にはなりませんから、そこは仕方ないですね。

僕はイエロー

そして、高校生にはノンフィクションで『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』。著者はブレイディみかこさん。お名前から想像できるように国際結婚をされていて、イギリス南部のブライトン在住。彼女の息子さん(表紙の少年でしょう)の中学校での生活やイギリス社会が描かれている本です。イギリスは、つい先だってEU離脱を行い(目下のところは移行期間だけれど)注目されている国ですが、ブレグジットの背景に移民問題があることは、しばしば指摘されます。その実情がこの本のあちこちで描かれている。一つ例を出せば、自身も東欧からの移民なのに、別なカテゴリーの移民に対し差別発言を連発する息子の同級性が出てきます。そして、東洋系のルックスを持つ自分たちもよそ者として扱われた経験を扱いながら、「異文化の人たちが交流する、共生していく」とはどういうことか、という問いをブレイディさんは投げかけています。
日本でも、外国にルーツを持つ人が増えていく中で、異文化共生という問題は他人事ではありません。そういう意味で、「母ちゃんの国にて」という章のエピソードには考えさせられるものがあります。一時帰国したブレイディさんと息子さん、おじいさんと一緒に日本料理店で食事を楽しんでいます。その店で、スーツ姿の男性に、息子は「日本語ができるのか」と聞かれる、「うちの子は英語オンリーなんです」とブレイデイさんが応える、そうするとその男性が「日本に誇りを持つ日本人ならそれじゃいかん。あんたも日本人なんやけ、日本語を教えて、日本人の心を教えんと、日本の母とは呼べんな」と返すわけですが、この男性に対し私たちは何と言ったら良いのでしょうか。
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』について、もう一つ特筆すべきことは、この本は、実は学校論にもなっているということです。演劇教育やシチズンシップエデュケーションについても取り上げられています。私たちが参考ないし参照すべきことがいくつも載っています。そういう意味では、この本は若い教師たちにも是非読んで欲しいと思います。

前の映画のお勧めのときもそうですが、この2冊、保護者のみなさんにも心からお勧めします。

※この投稿は、校長ブログの中学版と高校版とで、段落を入れ替えただけで内容は同じです。

校長ブログ 秋田学習旅行に行ってきました

Web担当KN 校長ブログ, 行事 タグ:
akita blog top

もう1ヶ月前になってしまいましたが、本校の大きな行事の一つである秋田学習旅行の引率に行ってきました。中学生で5泊6日もの学年合宿が設定されている学校はあまり無いと思います。わらび座の舞台鑑賞と引き続く祭りづくり、そして3日間の農業体験と生徒は様々なことを経験し大きく成長します。5日目の夕方、わらび座の方・農家の方を招いて会をするのですが、その会で2年生に以下のような話をしました。

わらび座のみなさま、農家のみなさま、まず最初に、生徒を受け入れてご指導いただきありがとうございました。学校を代表して御礼を申し上げます。

秋田学習旅行もこのお別れ感謝の会と明日6日目を残して終わろうとしています。生徒の皆さんの表情を見ていると、今とても生き生きとしているように感じます。1日目から今まで充実した時間を過ごしたのではないでしょうか。1日目の『いつだって青空の劇』の時から皆さんは集中していたように思いました。劇の内容を覚えているでしょうか。明治のころ女子に運動が許されない中で女の子にも体操が必要だとか、戦争で人がどんなに傷つきもてあそばれるのか、ということがテーマでした。もし、今、私があの劇の内容についてこの場で1時間ぐらい話をしたとしても、みなさん聞けるでしょうか。それはやはりなかなか難しいと思います。では、なぜ皆さんが劇に集中できたのか?それは一言で言えば「文化の力」なのだと思っています。歌や踊りや演技なら受け取りやすい、共感しやすい、人の心に訴えるものがあるのではないでしょうか。私は、これこそが、文化や芸術の持つ力なのだと思います。わらび座の皆さんが、日々練習を積み重ね様々な努力をして、文化を受け継ぎ創造していることに心から敬意を表します。

次に農業と言うことでお話ししたい。皆さんはこの3日間で、大変さもあるけれど、稲の刈り取りや芋ほりなど収穫の喜びとか新鮮な野菜の美味しさなど農業のたのしさを感じた人が多いでしょう。

akita blog 1

でも同時に日本の農業が今大変な状況の最中にあることも皆さんに知っておいて欲しいのです。ひとつあげれば、8月にアメリカのトランプ大統領が日本にトウモロコシを輸入するよう頼み、大量のトウモロコシを買うことを安部首相は約束しました。トウモロコシは豚や牛が餌として食べるものですね。そして、秋田学習旅行中に日本とアメリカで貿易協定が結ばれましたが、お米については「聖域」が守られたと報道されました。トウモロコシが輸入されるのは、ニュースの解説によれば、トランプ氏が次の大統領選挙を有利に進めるためなんだそうです。トウモロコシをたくさん作っている州が選挙の時激戦区で、ここを押さえられれば有利になるというんですね。アメリカと中国は貿易でもめていますから、中国は今アメリカのトウモロコシを買ってくれない、余っている。そういうものを日本は引きとらされた、ということです。では、なぜトランプさんはお米のことを頑張らなかったのか?お米をたくさん生産している州はカリフォルニア州です。ここはトランプさんのライバルの政党が強いところです。ちょっと頑張っても勝てそうもない。だから、放っておいただけの話です。このように日米関係に日本の農業は大きく影響されています。

こういうことは感覚では学べない。学ぶためには、言葉を磨いて、さまざまな言葉を獲得して学んでいくしかない。人間は、感情は言葉でなくても伝えられます、表情とか絵とか音とか。しかし、考えることは言葉でしかできません。この5日間、みなさんは自分のノートに色々なことを書いてきました。書くということがみなさんの言葉の力を育てたと思います。2年生の皆さんにはこれからも頑張って言葉を学び続けてほしのです。

これで最後にしますが、1学期の始業式に何を話したか覚えている人はいますか。ナチスがつくったダッハウという強制収容所を訪ねた中学生の話をしました。覚えていてくれると嬉しいのですが(学校のホームページのなかに校長ブログがあって載せてあるので時間のある時見てください)、その時言ったのは体験が人を変えると言うことでした。今皆さんはその言葉を実感しているのだと思います。私があえて付け加えるとすれば、本気の体験が人を育てると言うことです。本気で取り組まないと、残念ながらその意味は半分になってしまう。このことも多くの人は分かっていることでしょう。

劇の中で阿くり先生が自分の生徒のことを「皆さんは希望の種」と言っていました。私たち和光の教師にとっても皆さんは希望の種です。秋田でのこの体験を噛み締めてこれから生きていってほしいと思います。

今週末、11月2日(土)・3日(日)は文化祭です。生徒が教室で秋田を伝える催しをします。是非足を運んでご覧いただければと思います。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求