理科

中学3年生 理科「大気圧とは?」

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学3年生の理科では地学分野を学習に入りました。
天気の変化を学ぶために,目に見えない「空気」の質量による力である「大気圧」を学ぶところからスタートです。

下敷きに吸盤をつけて持ち上げるところを作ります。
そして,イスに下敷きをピタッと置きました。
IMG_3779
吸盤を持って下敷きを持ち上げると・・・
「イスが持ち上がった!」「下敷きがイスから離れない!」
IMG_3781
大気圧によって,下敷きがイスに押さえつけられていることを実感できました。

さらに,一斗缶を加熱したあと,フタをして放置すると・・・
「べコ!ベコ!」と不気味な音を立てながら,缶が潰れていきます。
IMG_3783
身近にある空気による力に驚いた様子でした。

中学1年生 理科の授業の様子

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学1年生の理科では2学期に物理分野を学習します。2学期の前半は,音と光です。
これまでに,音の性質,波の特徴,光の反射と吸収を学習してきました。
この日の課題は「虹の色は”なんしょく”か?」
皆の予想は,大半が7色でした。早速教室を出て,プリズムで虹を出現させてみました。
IMG_6006
見えた色を順番に確認していきます。
IMG_6003
皆の見えた色を挙げていくと何と12色。色の見え方は人それぞれということもわかりました。
この後,国による違い,人による違いなどを学び,天然の虹のでき方を映像で学習しました。
虹は赤から紫の「連続スペクトル」であること。区切りは必ずしも明確でないことも理解できました。
赤外線,紫外線,X線など見えない光も,いろいろな場面で使われています。日常の中の理科。社会の中の理科。多方面に視野が広がるとよいですね。

電気分解のしくみを説明できる?

Web担当KN 学習 タグ: , ,

中学3年生,理科の授業の1コマです。
塩化銅水溶液に電気を流すと,銅と塩化銅が出てきました。なぜ出てきたのでしょうか?分解という化学変化はどのようにして起こったのだろうか?

P5080010

教員が説明すればすぐに終わることですが,自分で気づくことが授業のポイント。
これまでに習った原子の構造をヒントに考えていきます。

P5080008

クラスのみんなと意見を交流しながら,結論に近づいていきます。

P5080013

ただ暗記するだけでは,自然科学の面白さには気づきません。実験をするだけではなく,実験後の学習も大切にしています。自然ってすごい!

塩化銅を電気分解するとどうなる?

Web担当KN 学習 タグ: ,

和光中学校の理科ではさまざまな実験を行っています。中学3年生の1学期は「イオン」を学習します。その導入として,今日は「塩化銅の電気分解」の実験をやりました。青色の水溶液が塩化銅(II)水溶液です。
DSC00487
電気を流すと,気泡と茶色の物質が。 気泡は「プールのにおいだ!」。塩素と断定。茶色の物質は?銅かもしれない…。酸化銅かも…。ということで磨いてみよう!となりました。水溶液から取り出して,薬さじで磨くと…。「光った!」「金属光沢だ!」。銅であることを確認できました。
DSC00491
このあとの授業では「なんで塩化銅から,銅と塩素が出てきたのか?」に迫っていきます。
DSC00492
実験を通して,自然を楽しく知っていきましょうね!

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求