生徒総会

1年生 初めての総会

ブログ担当T 自治活動, 行事 タグ: , ,

先日、和光中学校では館山総会が行われました。
1年生にとっては初めての生徒総会です。
総会では、全校生徒が集まり、テーマに沿って議論していきます。

DSC01136

テーマは事前に各クラスに伝えられ、HRで話し合われています。
総会は、クラスの意見を代表者が全校に伝えることから始まります。
1年生のみんなも、クラスの意見を全校に伝えました。

DSC01163

1年生の感想には、「意見が言える」「話を聞いてもらえる」といったものがいくつもありました。
中には、「今回は、いろいろ考えてしまって意見が言えなかった」「卒業するまでに1回は自分の意見を言えたら・・・」といった感想も。
「意見を言えること」、「意見を聞けること」、両方とも大切なことだと思います。
是非、多くの人の意見を聞き、自分の意見も持てるみんなであってください。

館山総会

Web担当S 全校, 自治活動, 行事 タグ: , , , ,

館山水泳合宿に向けた生徒総会がありました。

tateyamasokai1

この総会に向けて、各クラスのHRではクラスや学年の課題について話し合ってきました。総会では、各クラスの代表から討議の報告がありました。その報告をもとに他の学年や他クラスからの質問や意見交換が行われました。学年関係なく、活発に意見が交わされていました。

3学年合同の班で生活をする館山水泳合宿を行うために、生徒が自分たちで考え、何が問題か、なぜそれが問題視されているのか、そしてその問題をどのように解決するのかについて討論を行いました。他の学年のことであっても自分ごととして捉えて、真剣に議論を交わす姿がそこにはありました。

 

tateyamasokai2.jpg

館山水泳合宿を中心となって企画運営する総務会の3年生たちの様子です。今日のために館山水泳合宿の方針や、論点などをまとめた議案書を作成しました。各クラスの代表の話を聞き、メモを取りながら、意見を積極的に出していました。

生徒総会がありました(2021年度)

Web担当K 全校, 自治活動, 行事 タグ: ,

昨年度、3年生の卒業後、1・2年生により生徒総会が行われました。
主に2022年度の重点について、執行部からの原案をもとに、その言葉の意味や表現について様々な意見交流がなされました。

「変化のある」というのはどんな変化なのか。
人は必ずしも変化しなければならないのか。
その変化は日常に自然に起こるのか、それとも意識して変化していくのか。

抽象的な議論ではありましたが、学年問わずたくさんの意見が出され、
来年の自分たちに繋がる話し合いが出来ました。

12月総会がありました

Web担当K 全校, 自治活動, 行事 タグ: ,

2学期期末テストが終わってから、和光中学生はホームルームでいくつかの議題について話し合ってきました。
「和光の自由とは何か」「どんな授業にしていきたいか」
そのことにともなって、各クラスの現状にそって、具体的に意見交流をしてきました。

そして、さらにそれを全校で交流する12月総会が開かれました。
全校で集まる「生徒総会」は、約2年ぶり。
1・2年生にとっては初めての総会です。

そんな中、3年生や執行部が積極的に発言し、それに下級生も臆せず答えてくれたおかげで、充実した総会となりました。
生徒の堂々とした、そして暖かく素敵な発言は、どうぞ動画をご覧ください。

12月総会「マナーってなんだろう」

Web担当K 全校, 自治活動 タグ: ,

全校生徒による、12月総会がありました。

DSC09502

今日の大きな議題は、「マナー」について。
まずは優先席について、こんな質問が出ました。

DSC09532

「どんな人に譲れば良いの?譲ろうと思うけど、その基準があいまいで…」
それに対してたくさんの意見が出ました。

DSC09512

「ヘルプマークを付けている人には必ず譲るようにしている」
「優先席は日本特有の文化で、譲って『ありがとう』と言ってもらえるととても嬉しい」
「和光生の中にもハンディキャップを持つ人がいる。全員が使ってはいけないわけではない」

DSC09507  DSC09486

また、その他にも、様々なマナーについての意見交流ができました。

「集団になるとついうるさくなってしまうけれど…『うるさい』という基準はどれくらい?」
「ルールを作るのは簡単だけど、話し合いをすることが大切なのではないか」

DSC09538 DSC09489

そこからさらに、注意しづらい関係について、話が広がっていきます。

「注意しづらいというのは、相手に意見を受け止めてもらえないことを怖いと感じるのではないか」
「どんな注意だったら受け止めやすい?」
「相手のためを思って注意するのだから、どんな注意でも受け入れるべきではないか」
「注意する側にもされる側にもたったことがあるけれど、スマートフォンという小さな世界に入り込んで、周りが見えなくなってしまうことがある。けれど今は、友達に注意してもらって、意識出来るようになっている」

今回は、身近なテーマだったからか、個人の意見もたくさん出され、活発な意見交流が出来ました。
3学期の生活に繋げていけたら良いですね。

DSC09518
議論を仕切った議長団

 

DSC09539
最後に生徒会執行委員長から

 

2年生 HR 議案書討議

Web担当O 自治活動 タグ: , ,

今、生徒総会に向けて全校生徒が各クラス、各学年に分かれて話し合いをしています。
中学2年生のあるクラスでは校外マナーについて話し合いましたが、マナーとルールの違いとは何か、という議論になりました。

<生徒の発言>
「マナーの基準が人によって違うと思うが、それは人の感覚が違うからであって、ある人がおもしろいと思うことを他の人は不快だと思うこともある。意見の交流がない場合はそこで誤解が生まれることがある。そういうことがわかるだけでもHRで話し合う意義があると思う。」
「うちの家族は、人が寝ている時には物音をなるべくたてずに静かに過ごそうと言っている。それはマナーでもありルールでもあるのかな。」
「マナーって人がいるからこそあるものだと思う。心遣いなのでは?」
「ルールは破ると罰則などがあるが、マナーは暗黙の了解に近い感覚がある。思いやりだと思う。あと、ルールは公共の場でつくられるものなんじゃないかな。」

IMG_1827

IMG_1826

IMG_1825

IMG_1824

後日、生徒会執行委員が企画した『有志トーク集会』がありました。みんなの疑問をテーマに、気軽に意見交流をしようという会です。

「館山水泳合宿とオリテ運動会のどちらが好きですか?」
「挨拶はなぜするのですか?」
「挨拶しない人の理由は?」
「どこからが迷惑って言うと思いますか?」
「和光生のマナーについて意見交換しよう。」

各学年から人が集まり、話し合いは1時間半も盛り上がりました。
ここでの話し合いがクラスでの話し合いを深めるものになると良いですね。

全校館山総会がありました

Web担当O 全校, 自治活動, 行事 タグ: ,

第69回館山生徒総会がありました。

全員で館山水泳合宿をつくりあげるための大事な話し合いの場となります。1年生にとっては初めての全校総会です。

まずは全体総務長より発言がありました。

「まずは今の学校生活を送る上で存在する課題に向き合い、館山で各自が過ごしやすくなるためのに議論をしましょう。この場では、素直に意見を言える関係性や雰囲気を大切にしていきましょう。」とありました。

多くのクラスから、様々ある課題についてクラス内でどのような話し合いをしたか意見が出され、全校で現状を共有しました。

「公共マナーについて注意したいけど言えない」
「自分たちは注意されたら受け止める気持ちがある」
「まずは注意されないようにルールを見直しましょう」

次に、館山水泳合宿で行う後夜祭の内容について議論しました。後夜祭の目的は何か。目標に掲げた「みんな」とは誰のことを指すのか。

言葉の捉え方や後夜祭を全員が楽しめる方法など、様々な観点で話し合いました。

 

和光の生徒総会とは?

Web担当KN 行事 タグ:

12月18日(火)に生徒総会がありました。
DSCF3607

和光の生徒総会はとても盛り上がります。それは,学校の中に話し合う文化が存在するから。
先輩に気を使って…ということもないから,1年生も臆することなくどんどん発言します。
議長は選挙で選ばれた人(↓)が担当します。
DSCF3613

これまでに,執行委員会(↓)から出た議案書を基に,クラスの三役を中心にクラス内で何時間も議論し,事前準備をしてきました。
DSCF3609

クラスの三役(↓)はクラス内での討議を代弁するために後ろで待機します。
DSCF3625

今回の主な議題は,①掃除への取り組み,②飲食ルール・校外マナー,③言い合える関係についてです。

①の掃除については,どのようにしたらよいのか,具体的な改善策を持っているクラスからのアドバイスがありました。
DSCF3621

②の飲食ルールや校外マナーはこれまでの生徒会が時間をかけて作り上げてきたものです。それを破ってしまうのはなぜなのか。破っている人はどのように感じているのかなどを全校生徒で議論しました。守っていない人の名前も具体的に挙がり,名前の挙がった人からの反省やそのときの気持ちなどの発言もありました。
DSCF3620
特に,「個人的な問題なのだから個人が反省すればよい」に対し,「それでは根本的な問題解決にはならない」という意見が出て激論が交わされました。

③は,今年の生徒会の重点スローガンである「言い合える関係でつくろう和光」が実現できていたかの振り返りです。どのクラスにも注意しにくい関係というのが大なり小なり存在します。3年生からは「お互いを知るということが言い合える関係を作るための第一歩。言わないことには始まらないから,勇気を出して言ってみると言うことも大切」「Try&Happiness」というメッセージがありました。
DSCF3630

議論の最後に,執行委員長から「言い合える関係は和光の要。話し合うことがとても重要。」というコメントがありました。
総会の目的は,解決のためのヒントを得ること,そのための話し合いをすること。そう考えると実りのある総会になったと思います。

この生徒総会をもって現執行委員会が解散し,年明けからは新体制となります。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求