生徒総会

全校館山総会がありました

Web担当O 全校, 自治活動, 行事 タグ: ,

第69回館山生徒総会がありました。

全員で館山水泳合宿をつくりあげるための大事な話し合いの場となります。1年生にとっては初めての全校総会です。

まずは全体総務長より発言がありました。

「まずは今の学校生活を送る上で存在する課題に向き合い、館山で各自が過ごしやすくなるためのに議論をしましょう。この場では、素直に意見を言える関係性や雰囲気を大切にしていきましょう。」とありました。

多くのクラスから、様々ある課題についてクラス内でどのような話し合いをしたか意見が出され、全校で現状を共有しました。

「公共マナーについて注意したいけど言えない」
「自分たちは注意されたら受け止める気持ちがある」
「まずは注意されないようにルールを見直しましょう」

次に、館山水泳合宿で行う後夜祭の内容について議論しました。後夜祭の目的は何か。目標に掲げた「みんな」とは誰のことを指すのか。

言葉の捉え方や後夜祭を全員が楽しめる方法など、様々な観点で話し合いました。

 

和光の生徒総会とは?

Web担当KN 行事 タグ:

12月18日(火)に生徒総会がありました。
DSCF3607

和光の生徒総会はとても盛り上がります。それは,学校の中に話し合う文化が存在するから。
先輩に気を使って…ということもないから,1年生も臆することなくどんどん発言します。
議長は選挙で選ばれた人(↓)が担当します。
DSCF3613

これまでに,執行委員会(↓)から出た議案書を基に,クラスの三役を中心にクラス内で何時間も議論し,事前準備をしてきました。
DSCF3609

クラスの三役(↓)はクラス内での討議を代弁するために後ろで待機します。
DSCF3625

今回の主な議題は,①掃除への取り組み,②飲食ルール・校外マナー,③言い合える関係についてです。

①の掃除については,どのようにしたらよいのか,具体的な改善策を持っているクラスからのアドバイスがありました。
DSCF3621

②の飲食ルールや校外マナーはこれまでの生徒会が時間をかけて作り上げてきたものです。それを破ってしまうのはなぜなのか。破っている人はどのように感じているのかなどを全校生徒で議論しました。守っていない人の名前も具体的に挙がり,名前の挙がった人からの反省やそのときの気持ちなどの発言もありました。
DSCF3620
特に,「個人的な問題なのだから個人が反省すればよい」に対し,「それでは根本的な問題解決にはならない」という意見が出て激論が交わされました。

③は,今年の生徒会の重点スローガンである「言い合える関係でつくろう和光」が実現できていたかの振り返りです。どのクラスにも注意しにくい関係というのが大なり小なり存在します。3年生からは「お互いを知るということが言い合える関係を作るための第一歩。言わないことには始まらないから,勇気を出して言ってみると言うことも大切」「Try&Happiness」というメッセージがありました。
DSCF3630

議論の最後に,執行委員長から「言い合える関係は和光の要。話し合うことがとても重要。」というコメントがありました。
総会の目的は,解決のためのヒントを得ること,そのための話し合いをすること。そう考えると実りのある総会になったと思います。

この生徒総会をもって現執行委員会が解散し,年明けからは新体制となります。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求