社会

1年生 社会の授業

ブログ担当T 学習 タグ: ,

1年生の社会の授業の様子です。

TRIPART_0001_BURST20220606112523518_COVER

黒板に貼ってある地図で、グリーンランドとオーストラリアを見ると、グリーンランドの方が大きい・・。

しかし、グリーンランドは「島」、オーストラリアは「大陸」と呼ばれているのはなぜかを探りました。

授業で生徒はグリーンランドとオーストラリアの大きさを比べるために2つの方法をとりました。

①地図帳のコピーを切り抜いて大きさを比べる。

②地球儀のグリーンランドとオーストラリアの大きさをラップに写しとって、大きさを比べる。

DSC_1184 DSC_1180

 

結果、①と②の方法では、結果に違いが・・・。

なぜ結果に違いがあったのかは、次回の授業で追及していくそうです。

DSC_1191

授業が終わった後のある生徒曰く、「先生、地球は丸いんです。」とのことでした。

さぁ、次の授業ではいったい何が・・・?

2年生 社会 文明と記録

Web担当S 学習 タグ: ,
【文明と記録】というテーマで、
エジプトの象形文字(ヒエログリフ)の授業に続き、
「旧約聖書」の創世紀・楽園追放の物語をどのように
解釈するのか…という「哲学的な学習」をしました。
0EB2A859-BF67-47C4-8DCF-66DB6F1CA0F1 17928A34-DC6D-4A91-913C-740E74151954
人類が背負った「宿命」とは、何なのか?
その「宿命」を背負うキッカケは、何だったのか?
幼少期に読んだ「絵本」に出ている「物語」とは違う
ホモ・サピエンスに課せられた「宿命」を紐解きました。

2年生 和光高校体験講座

ブログ担当M 学習 タグ: , , , ,

この日は、ほとんどの生徒の進学先となる和光高校で、中学二年生向けの体験講座が開かれました。

本日の講座は4種類。参加した生徒の感想とともに紹介いたします。

「英語で心理テスト」

DSCN4818

●面白かった。周りの友達とも盛り上がれたし、その人の意外なところや、自分の知らない自分を見れた気がした。ちょっと意外だなとか、当たってなさそうって思うものもあれば、 すごく当たっているものもあって楽しかった。
●講座名が楽しそうだから受けてみたけど、思っていたより何倍も楽しくて時間がすぎるのが早かった!!心理テストってみんな同じ数字を選ぶわけじゃないから、いろんな心理が聞けて盛り上がったりして面白かったです!日本語とはまた違ってまたやりたいなと思いました。ありがとうございました。

 

「ハンバーガーから世界情勢を学ぼう」

 

DSCN4814

●自分の家の周りを見渡せば「コンビニがある」「マックがある」 が当たり前の生活の中で、その裏のこと、 作りのての事を考えている人は少ないと思いました。 そしてここから、さらに発展していきたいテーマだと感じました。 誰でも考えを言える授業が自分にあっているなと思いました。 今回はありがとうございました。

●すごく楽しかったです!!問いかけがあったり、私たちが「あ~!」ってなるような授業のしかけで時間がたつのがはやかったです!自分が少しのものを食べるだけで地球がこんなスピードで変わってるなんて知りませんでした。

 

「フェルトを作ろう!!」

DSCN4847

●実際に作ってみて、フェルトのすごさを知りました。最初は1本1本のかたまりが一つのかたまりになって作品が出来上がるということにとても楽しさを感んじました。またフェルト作ってみたいです。

●すっごく楽しめたと思います。良い作品も2つ作れて、良い経験ができたと思います。だんだんやっていくと集中して喋れなかったくらい楽しかったです。 高校生活がより楽しみになりました!

「化学変化は突然に…?」

DSCN4840

●毎回作るものの色が少しだけ違ったり、とても早い反応や遅い反応があり、とても楽しかったです。 最後に解説をしてくださって理解も深まったので勉強面も深まりました。今回はありがとうございました。
●講座の最初で先生が色を変えたときにはとても驚いてしまったけど、自分自身でやったら何をしたら何が起こるかということがだんだん分かってきて、化学者になったような気分になれてとても面白かった。ありがとうございました。

 

今年度も残すところわずかとなり、進級まで一か月ほどになりました。二年生は進路のことも本格的に考え始めます。来年やその先のことを考える良いきっかけとなりました。

3年生 社会 中東問題を考える

Web担当K 学習 タグ: ,

今年は9 .11テロから、20周年。
さらに、その後のアフガニスタン戦争から20年経って、米軍が完全撤退をした8月。
宗教や歴史などが複雑に絡みあった中東問題を理解するための授業を中学3年生に向けて行っています。

s-IMG-6153 s-IMG-6146

この日の授業は、十字軍とイスラムの対立に翻弄された「さまよえる民:ユダヤ」の仕事について、ベニスの商人やユダヤの格言を用いながら生徒と一緒に考えました。
※現代のユダヤ資本への言及も。

s-IMG-6148 s-IMG-6154

ちなみに黒板の地図は、この問題を学習するための和光特注の地図です。
※「パレスチナ」=「イスラエル」中心地図

s-IMG-6157

3年生 社会 間接統治を体験する!?

Web担当S 学習 タグ: ,

3組の社会の授業では、植民地主義・帝国主義は何をもたらすのかというテーマで授業を行っています。2学期の前半はアフリカに焦点を当て、学びを進めてきました。

そのなかで、「千の丘の国」と呼ばれるルワンダという国に注目しています。

 

この日は、「ルールBOXゲーム」で、ある出来事を擬似体験しました。

教室では、赤、青、黄の紙がランダムに配られます。赤は大体クラスの14%ほど、青は85%、黄色はクラスで一人だけ。赤のなかで教員が指名した二人が前に出てきて、「クラスのルール」をルールBOXからくじ引きのような形で引きます。

すると、出てくるルールは「赤の人々はお菓子をもらえる」「赤の人々は試験の採点で10%配点をアップする」などなど、赤に都合の良いルールばかりが出てきます。

終わってみなにインタビューすると、「赤はずるい」「なんでそんなのを引くんだ、と赤の代表に言いたかった」と青の人は言い、赤の人々は「快感だった」「嬉しかった」などのコメントをしました。

「実際にこのBOXを作ったのは誰?」と問うと、そこで気づきが生まれました。

実は、これはルワンダを委任統治していたベルギーが行なった「間接統治」という統治の方法を再現するものでした。

ツチ・フツ・トゥワという民族構成のルワンダで、ツチとトゥワは同じ言語を話し、同じ文化、同じ宗教を信じる隣人同士で民族の区分も曖昧でした。しかし、ベルギーは鼻の大きさや身長などから、民族を分け線引きしてゆきました。

そして、少数派のツチを優遇し、民族対立を煽りルワンダ人内部で支配構造を作ることにより、ベルギーに不満がいきづらくなり支配しやすくします。ベルギーはそのような「間接統治」と呼ばれる方法でルワンダを支配していました。

「ルールBOXゲーム」では、赤は約14%のツチ、青は約85%のフツ、黄は約1%のトゥワを表しています。表には出てこないけれど実は裏でいちからルールBOXとルールのくじ引きを作っていた教員は、ベルギーの役割でした。

間接統治のもとにあった人々の心の動きを少しでも擬似体験することで、1994年に起こるルワンダ虐殺に至るまでの理解のステップにしてゆきます。

 

また、教員がルワンダを訪れた時の話やルワンダ人の友人の話もふくめ、ルワンダを単なる「遠い国の知らない場所」ではなく、自身に引きつけて考えてゆきます。

キガリの街角

キガリの街角にて

 

3年生 社会 9.11テロを学ぶ

Web担当K 学習 タグ: ,

今年の8月15日は、終戦記念日であると同時に、アフガニスタンでの混乱が、ニュースなどでも大きく取り上げられていました。
そもそも今年は9.11テロから20周年記念にあたる年なので、ニュースを観てしっかり理解出来るように国際情勢についての学習をすすめています。

DSC03103 DSC03111

授業を聞きながらテロという現実に思いを馳せ、ぽろぽろ涙を流してしまう人。
自宅で気になったことをさらに調べて次の日教員に質問をする人。
一方で、教員が話したことに疑問を持ち、「本当にそうなのか?」を自分で追究する人。

DSC03117 DSC03106

授業後には教員を囲み様々な談義が白熱しています。

3年生 社会 在日韓国人の人生

Web担当K 学習 タグ: ,

3年生の社会では、近現代史を学んでいます。

s-IMG-0710

日本の支配下で生まれ、戦時中は日本兵を補佐する働きをしたことで、戦後に「韓国人としての人生」が大きく狂うことになってしまった「ある在日韓国人」(今年3月に高齢で死亡)の方に焦点をあてて、戦争が現代に「残したもの」について、歴史をもとに考える授業です。今まで学んだ近代史と結び合わせながら、ひとつひとつ理解し、その理解が現代の問題を見つめ直すヒントになっていきます。

s-IMG-0705

深刻に受け止めながら、その人の人生を歴史を元に振り返る1時間となりました。

1年生 社会 知っているようで知らないインド

Web担当S 学習 タグ: ,

1年生の社会科・地理分野では、特別授業として「1. ことばから考えるインド」、「2. 衣服と食から知るインド」というテーマ(今後も続く)で学んでいます。

「1. ことばから考えるインド」では、まず地図帳に載っている「おもな言語:ヒンディー語、英語」という表記に焦点を当て、デーヴァナーガリー文字で自分の名前を書いてみることに挑戦しました。その後、多言語表記の実物のインドのお札を観察することから、多言語・多民族のインド社会のありように触れました。多言語社会のインドでどうして「英語」が「おもな言語」になっているのか?という問いを立て、植民地支配の歴史、そしてお札の肖像を入り口に、マハトマ・ガンディーやインド独立に関してなど、「ことば」を入り口にどんどん広がった発見・学びをしています。

「2. 衣服と食から知るインド」では、実際にインドの衣服を着てみたり、スパイスの香りを嗅いでみたり、教員が実際にインドで調査研究をしていた頃の話などを交えながら、体験型の授業を行いました。ターバンを巻いている友人の話から、宗教による衣服の違いや、シィク教寺院における食事の実践にも目を向け、人々の多様な生き方について学んでいます。

複雑で多様なインド社会の一部に触れてみることで、自分たちの持っている「当たり前」を疑い、多様な世界と人々のあり方に目を向けるきっかけとなればいいなと思っています。

 

(撮影時のみマスクを外しています)

1年生 インド

3年生 社会 「歴史」の授業

Web担当K 学習 タグ: ,

近現代史を重視する和光中学校では「大きな歴史の流れをつかむこと」と「具体的な事例を学ぶこと」によって、よりリアルに歴史が学べるように、今回は「硫黄島の戦い」と「沖縄戦」上陸前の「鉄の暴風」についての関連性や異なる点について、生徒たちにとっても身近な映画の「ワン・シーン」も紹介しながら、みんなで学習しました。

s-IMG-5425 s-IMG-5428

いろいろなキーワードが出ると、それについてあちこちから意見が飛び交います。
授業が終わっても、たくさんの人が教壇に集まり、質問や談笑がなかなか止まりませんでした。

s-IMG-5427 s-IMG-5431

3年生 社会 新聞から憲法との関わりを探す

Web担当K 学習 タグ: ,

3年生の社会の授業では、憲法の役割や、立憲主義の意味を学びました。
私たちが生きている社会では、どのような出来事が憲法の条文と関わりがあるのか、図書室にある新聞から探しました。

s-P9151004 s-P9150996

「これは憲法が守られている出来事かな」
「これは憲法が守られていない例じゃない?」と言いながら、一人一人が見つけてきた新聞記事を、班員に見せて紹介しました。
次回の授業で、クラスの人たちに発表しました。

s-P9151018

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求