総合学習

2年生 総合 ちがいから見えてくるものは何か?グループに分かれて

ブログ担当M 学習 タグ: ,

2年生の総合学習では、“世の中や自分の中にある『ちがいから見えてくるものは何か?』を深めていく”をテーマに学んでいます。

2年生 総合学習 “ちがい”に関する「手がかり」を探してみよう!

 

それぞれが選んだテーマに沿って、グループに分かれての調べ学習が始まりました。

PCを使って調べたり、参考になる映画を見たり、他の人の発表を聞いて質問を掘り下げたりしました。

IMG_1238_result IMG_1240_result

IMG_1245_result IMG_1242_result

IMG_1243_result IMG_1237_result

 

近いテーマをもつ仲間と関わって、自分の持つ違和感などに深く迫ります。

3年生 総合 100人のシアワセ・フシアワセを分析しよう

Web担当K 学習 タグ: ,

3年生の総合学習では、引き続き「シアワセってなんだろう?」というテーマで学習しています。
今日は、宿題になっていた、「1人につき3人にシアワセとフシアワセについてインタビューをしてくる」という課題を持ち寄り、課題に取り組みました。

まずはそのシアワセ・フシアワセを、18歳未満、18歳以上40歳未満、40歳以上、さらに男女の6つのグループに仕分けます。
Googleのジャムボードというアプリを使って、オンライン上で付箋に書き込んでいきます。

さらにそれを班ごとに「自分自身に関わること」「身近な人に関わること」「社会・世界に関わること」と、その内容に沿って分類します。

例えば「食べること」とあった時、一見「自分自身に関わるようなこと」に思えても、よくよくその理由を読んでみると、「誰かと一緒に食べることがシアワセ」と書かれていたりします。
その場合は、「身近な人に関わること」に仕分けなければなりません。
みんなの宿題にしっかり目を通しながら、班でその都度相談しな仕分けていきました。

さいごに、出来上がったグラフを見て、どんなことを読み取ったのか、その分析を書きました。

3年生 総合学習 シアワセってなんだろう?

Web担当K 学習 タグ: ,

3年生の総合学習では、進路のもっと先、どんな人生を歩んでいくか、そんな大きな未来について考えていきます。
第1回目では、クラスの中で「シアワセ」だと思うこと、「フシアワセ」だと思うことを、大きな付箋に記入し、それを発表し交流しました。

s-DSC03064 s-DSC03066

シアワセは「おなかいっぱい食べること」「友達とバスケットをすること」「憧れの人に近づくこと」など…
フシアワセは「コロナ禍での制限」「友達に嫌われること」「前歯が折れたこと」など…

s-DSC03076

クラスごとに、とても和やかな発表会となりました。

s-DSC03079

次回、身近な人にシアワセ・フシアワセが何か、アンケートをとってくることになっています。
さて、どんな価値観に出会えるでしょうか。

s-DSC03096

2年生 総合学習 “ちがい”に関する「手がかり」を探してみよう!

ブログ担当M 学習 タグ: ,

2年生の総合学習では、“世の中や自分の中にある『ちがいから見えてくるものは何か?』を深めていく”をテーマに学んでいます。

1学期最後の総合学習では、クラスの仲間に向けてプレゼンテーションを行いました。

 

2年生 総合学習 『ちがいから見えてくるものは何か?』

 

夏休みの間に、このプレゼンテーションをもとに、新聞記事やネットニュースなどから、”ちがい”に関する「手がかり」を探してきました。

DSCN4390
本日は、この”手がかり”についての発表会をクラスの仲間に向けて行いました。

DSCN4375 DSCN4384

次はいよいよグループに分かれます。

DSCN4396

クラス全体では深めていきたい”ちがい”も様々でした。これからは、比較的近いテーマを持つ仲間たちと一緒になり、より一層深く”ちがい”について調べていきます。

2年生 総合学習 『ちがいから見えてくるものは何か?』

ブログ担当M 学習 タグ: ,
2年生の総合学習では、“世の中や自分の中にある『ちがいから見えてくるものは何か?』を深めていく”をテーマに学んでいます。
1学期最後の総合学習の2時間は、
“伝えよう! 私が気になる この「ちがい」~中間発表編♪~”
と題して、一人ひとりがいま気になっている「ちがい」についてクラスの仲間にむけて中間発表のミニプレゼンをおこないました。
DSCN4285 DSCN4326
まずは、自分が気になる世の中の「ちがい」(違和感に思うこと)について、テーマをひとことで書き、プレゼンの準備をします。
DSCN4323 DSCN4310 DSCN4306 DSCN4278
それぞれがみつけたいろいろな「ちがい」…。
DSCN4315 DSCN4313
これまで講師の方のお話しを聞いたり、図書館で文献にあたったりしながら世の中にある“ちがい”を見る目を肥やしてきました。
DSCN4297 DSCN4312
それぞれが気になる世の中の「ちがい」…。
“ちがう”と思うことにもちがいがあってとても興味深い!
DSCN4307 DSCN4309
お互いの発表を聞き合いました。
DSCN4293 DSCN4329 
つぎの総合学習は2学期に…。
DSCN4331 DSCN4324
今度はグループごとに考えたり、そのちがいに関わって生活している方にお会いして学ぶことを予定しています。
DSCN4321 DSCN4318
今よりもっと、調べて・深めて・発表できるように準備していきます。

DSCN4322 DSCN4301

3年生 総合 ラテン音楽バンドをお迎えして

Web担当K 学習 タグ: ,

テストがようやく終わり、開放感いっぱいの本日、3年生の総合学習では、ラテン音楽バンドのクアトロ・ロコスさんをお迎えし、演奏していただきました。

DSC02696

どこかえ聞き覚えのある、軽快で楽しい音楽にのって、聞いているみんなも一緒に手拍子をします。
手拍子がそろうと、心がひとつになり、とても気持ちが良いものです。

DSC02702 DSC02687

ギロ、シェケ、クラベス…始めて目にする楽器も、ひとつひとつ説明していただき、2年生の時の音楽で学習したことを思い出しながら、楽しくラテンのリズムを味わいました。
また、ラテン音楽の中でも、ボレロやマンボ、ルンバなど、様々な音楽に触れる機会にもなりました。

クアトロ・ロコスの皆さん、ありがとうございました。

e: 

2年生 総合 「ちがい」から見えてくるものは何か?

ブログ担当M 学習 タグ: ,

2年生の総合学習では「世の中や自分の中にある『ちがいから見えてくるものは何か?』を深めていく」をテーマに学んでいます。

今までは、学年全員でアジア系アメリカ人の英語の先生から「自分がこれまで感じた『ちがい』」を聞いたり、福島大学の先生から「放射能汚染水」の問題を通して感じている「ちがい」を聞いたり、卒業生から「ジェンダー」を巡る「ちがい」について聞いたりしました。

1 2

ジェンダーについて考える前に『タンタンタンゴはパパふたり』の絵本を聞きました。

4 3

 

ジェンダーについてのお話を聞いています。

6 5

6月の時点で自分が追求したいと考えている「ちがい」を学級ごとに廊下に貼り出しました。

講師の方たちのお話や、仲間の意見をヒントに、2学期に自分が探求する具体的な「ちがい」を見つけるために図書室で文献を読んでいます。

7

7月中旬には一人一人が自分の追究する「ちがい」を学級内で発表し、夏休みでさらに自分の探求したい「ちがい」について家族や文献からヒントをもらい、9月の総合学習に備えます。

3年生 総合 指導員検定に向けて

Web担当K 学習 タグ: , ,

和光中学校の3年生は「水泳が泳げる」だけでは終わりません。
日本一泳げる、そして指導も出来るようになることを目指しています。

s-IMG-5683 s-IMG-5680

「泳げる」だけであれば他にも取り組んでいる学校はたくさんあるかもしれません。
しかし、和光中学校では「教えられる」までにこだわっています。

s-IMG-5681 s-IMG-5684

一流の選手が必ずしも一流のコーチではないように、相手に教えるためには泳げるだけではなく、相手に伝わるための自分自身の深い理解と学び、そして相手に想いを伝えようとする情熱が大切です。
そのためにも必死になってたくさんのハードルをクリアし、「指導員」を目指します。
(「水泳理論」「指導法」「側泳法」「ドル平+近代4種泳法」)

DSC02676 DSC02675

残念ながら今年度は館山水泳合宿は中止のため、実際に後輩に指導することは出来ません。
けれども自分自身が人に何か教えられるだけの実力とそのために努力をした経験を持つことは人生において自信の一つになるのではないでしょうか。
そんなことを目指して「指導員検定」に向けて取り組んでいきます。

DSC02670 DSC02673

2年生 総合 福島の食と農の再生に向けて

ブログ担当M 学習 タグ: ,

2年の総合学習は”『ちがい』から見えるものは何か?”というテーマで取り組んでいます。
今回は3.11から十年後の福島の農業や漁業について、福島大学より林薫平先生にお話しいただきました。

DSCN4016

まず福島について、地図を用いてご紹介いただきました。
関東に近いが自然豊かであること、桃や発酵食品が特産ということが分かり、楽しい地図です。
しかし、ここ10年は、福島の地図といえば放射線量の分布を示す、悲しい地図の使い方になってしまいました。
これをもとの楽しい地図に直せるよう、薫平先生を始め福島の人は奮闘しています。

桃を例に、福島の農業における除染などの取り組みについてご紹介いただました。
土壌の線量を測定する機器など、丁寧に解説いただきました。
私たちも食べる桃です。食べ物の線量には関心も強いものです。
しかしそこで働く人、桃農家の方々の健康について、思いをはせる人は多くありません。

DSCN4023

後半では漁業の現在と、原発処理水、いわゆるトリチウム水の放出について。
政府からは、科学的に問題のないレベルでの希釈をして放出する計画が発表されています。
漁業関係者からすると、せっかく元通りになってきた漁業が、また風評被害をうけてしまうと、放出には反対の立場が多いそうです。
だからといって、福島に貯水タンクを作り続ける、というのも全面的に賛成するわけにはいきません。
トリチウム水の放出は、二年後に予定されています。

DSCN4025

立場のちがいによって見えてくるものが全然変わってきます。
唯一の答えがない問題について考える、貴重な時間でした。

2年生 総合 『ちがい』から見えるものは何か

ブログ担当M 学習 タグ: ,
今年度の2年生の総合学習は”『ちがい』から見えるものは何か”をテーマに学習をスタートしました。第一回目の授業は、ゲストに英語のジョナサン先生をお呼びして、お話を聞きました。
ジョナサン先生が長年、日本で暮らす中で感じてきた違和感や文化的・社会的なちがい、アメリカでの生活のなかにあるちがいなどについて語りました。
生徒たちからは「アメリカでは銃を持つことが権利だと社会の授業で学びました。そのことについて、ジョナサン先生はどのように考えていますか。」といった質問や「日本のメディアに対する違和感などはありますか」といった突っ込んだ質問もたくさんでました。
ひとつひとつの質問に丁寧に、言葉を選びながらこたえていただき、とても充実した時間を持つことができました。
unnamed

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求