総合学習

2年生 総合 添加物について

Web担当O お知らせ タグ: ,

2年生は総合学習で「食べる・生きる・働く」というテーマで探究的な学習をしています。

今週は近藤恵津子先生をお招きして添加物の実験と講演会を行いました。

近藤先生は「NPO法人コミュニティースクール・まちデザイン」の理事長でいらっしゃいます。和光には何度も来てくださっています。

添加物1

近藤先生は食品添加物には使用目的があるというお話から、どんな添加物が世の中にあるのか、着色料とはどういったものなのか、など様々なことを教えてくださいました。

そして魔法使いのように炭酸水に次々と添加物を加えて「ジュース」を作ってくださいました。

添加物4

香りが変わったかと思ったら、次は色がピンクから黄色に変わったりと目まぐるしく変化する炭酸水に生徒達は驚きを隠せないようでした。

添加物5 添加物3

添加物2

添加物だけでなく、遺伝子組み換えやフードマイレージについても教えてくださいました。

<生徒の感想>

実験で最初は甘くしてみます、から始まったけど、どんどん酸っぱくしたり、色を変えたり香りをつけたりと、「添加物って何でもありかよ。何でも再現できるやん。もうこれだけでいいじゃん。」と思いましたが、やはり便利なものには裏がありました。

自分たちの健康に支障をきたしたり、資源を大量に使ったりと、便利なものほど代償があるのに、世の中は添加物で満ち溢れていて、消費者は隠れた危険を知る義務があると思いました。やっぱり分からないまま使うのはおかしいと思いました。それに、何も知らないで便利なのが良いとか、安いのが良いと言うのは少し無責任だと思いました。そういう人たちがいるから生産者も変わらないと思うからです。カロリーが嫌だからって、添加物を使ってカロリーをおさえるけど、じゃぁカロリーにはどんな嫌な要素があるのか疑問に思いました。本来のマヨネーズだとカロリーはあるけど、カロリーハーフだと添加物が増えるのでどちらにもメリットとデメリットがあるように思いました。こうして食べるもののほとんどにそのような問題があり、いやな世界だなー、と思いました。最後に、講演での先生の言葉に共感しました。本来の食に添加物を加えると、文化的にも問題があるのだと思いました。

1年生 総合 レポート発表

Web担当K 学習 タグ: ,

1年生の総合学習では、ゴールデンウィーク中、課題が出されていました。
それは、「障がいのある人が暮らしやすい社会になっているか」というテーマでのレポート作成です。
どんな障がいに目を向けるのか、さらに日常のどんな工夫に目を向けるのか、それぞれ自分自身で考えるところから始まります。
そこから本で調べたり、映画を見たり、誰かにインタビューしたり、実際に施設を訪問してみたり…
それぞれ自分なりの視点で、今ある身の回りの生活を改めて見つめました。

そしてゴールデンウィークが開けた先日、クラス全員がみんなの前で発表しました。
DSC07429
テレビ画面に写されたレポートを読みながら、みんな真剣に耳を傾けていました。
そして時々「へえ~!」とか、「それ知ってる!」など、様々な反応が。
DSC07448

そんな発表の一部をご紹介します。

「私の住む街は目の不自由な人にどんな対応が出来るか」
最寄り駅周辺の商店街でフィールドワーク、図書館や交番、コンビニやスーパーマーケットに実際に足を運び、そこで働く人に「もしも目の不自由な人がやってきたらどんなことをしているか」とインタビューしました。
1つも段差のない場所があったり、中には「そういう対応はしたことないので…」という施設も。DSC07426

「視覚障がい者の立場に立ってみて」
目をつぶり、手を引いてもらいながら、最寄り駅付近を歩いてみました。
無音の横断歩道は怖くて渡れない…点字ブロックの上を走る自転車とギリギリですれ違い…
身近に障がい者がいるという意識を高め、物や機械に頼らず自分たちがサポートをすることの大切さを学びました。

2年生 総合 

Web担当O お知らせ, 学習 タグ: ,

髪の毛や皮膚は何でできているでしょうか?

中2総合

「タンパク質!」

中学2年生総合

中学2年生の総合学習は「食べる・働く・生きる」をテーマに学びます。秋には秋田学習旅行に行きます。

本日は3名の教員が上記のテーマに基づき話をしました。

中学2年生総合プリント

どのような食生活をすると健康的な身体になるのかという話をした教員もいますし、

『私たちはコーンで出来ている?』というタイトルで衝撃的な話をした教員もいます。

3人目の教員は、クラウドファンディングで資金を集めながら子ども食堂を始めようと活動している、和光中の卒業生のお母様にインタビューした様子を見せ話しました。

中学2年生総合映像

事前に「食べる・働く・生きる」から連想する言葉などを考えていた生徒たちには視野の広がる「出会い」となりました。

中学1年生 ランチ&総合学習&わかりあい

Web担当KN 学習 タグ: ,

学年末に近づいています。
1年生もあと少し。1組では,みんなでランチを食べよう!と呼びかけています。
5
昼食後には,総合学習の中間発表会がありました。
1年生の総合学習では「インターネット」についてグループ学習をしています。
インターネットは良いものか悪いものか?さまざまな角度からせまっています。
1
みんなからフィードバックをもらい,さらに調査研究を深めていきます。
2
3月2日の最終発表ではどのようなものが出てくるのか楽しみです!

テストまであと1週間。放課後は「わかりあい」の時間です。
この日のわかりあいは理科でしたが,他の教科を勉強する人もいました。
3
勉強スタイルは様々あって良いと思いますが,
わかりあいに行きたいけど遠慮してしまっている人がいたらもったいない!
テストに向けて一生懸命勉強するって素敵ですね。

中学3年生 演劇づくり

Web担当KN 学習 タグ: , ,

3年生は、3月の卒業演劇に向けて、各クラス脚本決めに奮闘しています。
選挙で決まった演出団が選んだ脚本を、1週間の間で5本前後読み、
その中からクラスで話し合って「これぞ!」という1作品に絞り決定します。
s_IMG_1164 (1)
そんな脚本読みでは、あるクラスは教室で円になって読み合わせをしました。
みんなで一緒に読む、ということを目指す演出団の作戦の1つです。
「これもオーディションだと思って、大きな声で、なりきって読んで欲しい」
そんな演出の呼びかけに応じて、キャストに立候補した人たちも臨場感たっぷりに演じます。
s_IMG_1163 (1)
最後、読み終わったら、これも演出団が作った「オリジナル評価表」に記入を。
「テーマはあるか」「飽きないか」「クラスに合っているか」
大事なポイントを星の数で評価します。
IMG_1165
さて、各クラスいったいどんな脚本に決まるでしょうか。
ここからが3年生の演劇の始まりです。

中学1年生 総合学習 インターネットのつきあい方を考える

Web担当KN 学習 タグ: ,

中学1年生の総合学習の3学期のテーマは「インターネット(internet)」。(1学期は「障がい」,2学期は「演劇」)
DSCF3652
現在では,スマートフォンも普及し,当たり前のようにインターネットを利用しています。
しかし,インターネットをどのくらい理解できているでしょうか。
インターネットはよいものでしょうか。悪いものでしょうか。
SNSとは?
単なるパソコン通信との違いは?
などわかっているようでわかっていないことがたくさんあります。
これから十数時間をかけ,インターネットについて研究していきます。

1月15日(火)は Kick off。
DSCF3654
身近にある「LINE」についての利点や問題点を説明から入り,今後の見通しについての説明がありました。
DSCF3656
生徒はどのようなことに気づき,どのようなつきあい方を目指せばよいのでしょうか。
研究を通じてヒントを見つけていきましょう。

中学1年生 総合学習 性と生を考える

Web担当KN 学習 タグ: ,

11月13日(火)5・6時間目の「総合」は,村瀬幸浩先生の講演会でした。
題目は「性と生を考える」。
この会は親和会(和光のPTAに相当する会)とのタイアップ企画。
和光では中学1年生の「保健体育」の時間に性について学習しています。
性について正しい知識を持つことはとても大切なことです。
DSCF3596
村瀬先生のお話は,
1.思春期とはどんな時期なのか
2.ひとを愛する感情,愛されたい思い
3.いろいろな人がいるから楽しい…多様な人を受け入れあえる学校,社会,世の中へ
でした。
性的なこと(成長や関心など)については,個人差が大きいことです。
人に自分の考えを強制したり,権利を侵害したりしてはいけないことです。
DSCF3598
性教育というと,身体のことを勉強するということが多いのですが,
村瀬先生は他者を思いやる心を知ることも大切だと教えてくれました。
中学生が作った相聞歌(そうもんか)も紹介してくださり,
思春期ならではの心の動きを歌から学びました。
村瀬先生はこども向け新聞の回答者を務めていたこともあり,
そのときの質問と回答もいくつか紹介してくれました。
性のことはなかなか面と向かっては相談しにくいもの。
同じような悩みを抱えていた和光中生もいるのでは?

性の正確な知識を学ぶこと。
そして,性だけの問題ではなく,自分自身の生の問題として考えること。
自分を好きになること。自分自身の魅力を発見すること,創っていくこと。

ここ数年話題に上っているLGBTについても先生からお話を聞きました。
「『なぜ同性愛者になったの?』と聞く時点ですでに差別になっている」こと,
人間は誰もが「両性性」を持っていることなど,とてもわかりやすく説明してくださりました。

性と生について深く学べた1時間強でした。
このあと,保護者だけで村瀬先生と懇談する時間もありました。

2年総合学習~秋田に向けて~渡辺哲さんのお話

Web担当KN 学習, 行事 タグ: ,

2年生は9月26日(水)から秋田学習旅行に出かけます。わらび座のインストラクターの方から「踊り」や「太鼓」を教えていただきます。それにむけて,9月7日(金)の総合学習では,わらび座の座員で和光中の卒業生でもある渡辺哲さんをお招きしてお話を伺いました。
DSC03770
秋田学習旅行(1期生!)の思い出とわらび座との出会いのお話,そして,哲さんの人生を変えることになる1つの踊り…。生徒達も興味津々でした。そのあと披露していただいた「鬼剣舞」は,気迫のこもった演技で,まさに「鬼」が舞っているようでした。
DSC03796

<生徒の感想>
哲さんも和光生だと聞いて驚いた。わらび座の名前の意味がすてきで,これからいろんなことがあってもわらびのように何度でもたちあがろうってことで,戦後いろんな人の心がしずんでいる時に,おどりとか舞があって助けられた人がたくさんいるんだろうなと思いました。
おどりも,今どんなシーンについておどっているんだろうな~っていうのが頭の中にうかんできました。自分達もおどれるのかわからないけど,おどれるようになりたいって思ったし,太鼓もたたけるようになりたいって思いました。哲さんは秋田でいつもと違うように感じたと言って,私も秋田で自分なりに学んでいつもとちがうものを感じられたらいいなって思いました。(女子)

1年生総合学習「ふつう」とは何か?

Web担当KN 学習 タグ: ,

1年生の1学期の総合学習は「障がい」についてです。

これまでに,本校教員からの講話,1人1人の視点で調べたリポート作成,外部講師を招いての学習などを行ってきました。
出てきた問をつなげて学習を深めてきました。そして「ふつう」とは何か?を,皆で考えてこの学習を締めくくろうとしています。

6月26日(火)の総合では,クラスごとに12グループを作り,グループで「ふつう」とは何か?を考えました。
DSCF2471
これまでの講演やそのときの皆の感想,図書室の書籍を頼りにグループで意見を交流しました。
DSCF2472
それぞれのグループで小テーマを決め,そのテーマから「ふつう」を探っていきます。
考えれば考えるほど「ふつう」がわからなくなるという意見も聞かれました。
DSCF2475
グループごとに,B4 1枚のリポートの作成に取り組みます。この後,各グループから出されたリポートを元に,クラスごとの発表会(意見交流)を行う予定です。

2年生総合学習「美味しい話にはウラがある〜食品添加物について〜」

Web担当K.M 学習 タグ: ,
sogotenkabutu - 4

今日の中2総合学習は、NPOコミュニティスクール・まちデザインの「近藤恵津子先生」をお招きしてお話しを伺い、食品添加物を使った実験を行いました。身近にあるおかしや飲み物。たとえば…無果汁の清涼飲料水って。

炭酸水にブドウ糖果糖液糖を入れて、一口飲む生徒。「甘い!」
甘すぎるから少しサワヤカにしましょう、小瓶から薬さじで添加物をぱらぱら。口に含む生徒「味かわった!」
「さて、ここから色と香りをつけます!」着色料を薬さじでほんの少しだけコップに入れて、ここまで混ぜて作ったジュース(?)を入れた瞬間、あざやかな黄色に。生徒から歓声が。レモン?オレンジ?コーラ??
sogotenkabutu-1
コンビニのおにぎりをほぐして、米粒を水に入れて軽くまぜると…
sogotenkabutu-2
あー油だ!
sogotenkabutu-3
清涼飲料水ってこんなふうに作っているのかぁ…ふだん気軽に飲んでいる裏側を知り、考え込んでいる生徒の姿もありました。
貴重な体験と勉強の機会になりました。

和光中学校の資料一式を無料で送付しています。

資料請求