月別: 2018年12月

「貯蔵する知識ではなく発動する知力である」~開校直後の「和光学園小学校要覧」と2学期終業式の発表~

幼稚園 北山校園長ブログ

20日は2学期最後の日でした。終業式に集まった子どもたちの顔からは、行事に、学習にと日々向かっていった充実感と、明日からの冬休みへの期待を感じました。

終業式の最初に、「先生たちを代表して」と紹介され、話をしました。

先日、資料室の整理をしていた職員が、開校直後だと思われる『和光学園小学校要覧』(1935年頃)と昭和21年12月発行の同窓会の文集を見つけてくれたので、「学校要覧」と、この2学期の小学校の学習について、以下のような話をしました。

<和光小学校がこの世田谷に誕生して今年で85年になります。どういう学校なのかということを書いた物を「学校要覧」と言いますが、昭和8年(1933年)に誕生して3年目ごろに作られた「学校要覧」が見つかりました。

今の物と比べると漢字の書き方も、文の書き方もずいぶん違っています。

この中に書かれている「和光教育の特色」を読んで、びっくりしました。

1番初めに書いてあるのが「三位一体」。これは、子どもと親と学校とが力を合わせて教育を作っていく、という意味で、今の和光学園でも大切にしていることです。でも、この時代は、教育は国の役に立つ人間を育てるために行うもの、という考え方が中心だったので、子どもと親と先生とが「互いに尊敬しあって」こそいい教育ができる、という考え方は、とても珍しかったと思います。

2番目には「個性の尊重」と書かれています。このころの公立小学校では1クラスに60人から70人の子どもたちが詰め込まれ、教科書に書いてあることを覚えることが中心の勉強だったそうです。

でも一人一人の子どもの「特性に応じた」教育方針を立てることで、持って生まれた才能をじゅうぶん発揮できるようになると、和光小学校は考えていました。そして「単に詰め込まれて暗記した知識は重荷である」とし、「貯蔵する知識ではなく、発動する知力である。生活を開拓する力としての知識でなければならないのである。」と書かれています。

つまり、覚えなさいと言われて無理に覚えるのは子どもたちにとって負担になるということ、知っているということではなく、学んだことで働きかけることができること、生活を切り開いていくような知識こそが大切だ、ということです。

今なら当たり前のことかもしれませんが、この時代にこのように考えて子どもたちの教育を行いたい、という願いを持って生まれた和光小学校は、他の学校とは全く違っていたのだろうと思います。

そして、この和光学園、和光小学校の教育に対する考え方は、今も同じだと思います。

学んだことで働きかけることができ、生活を切り開いていくこと、ということは、どの学年のどの学習でも大切にしていることですが、とりわけ生活べんきょうや総合学習ではそうですね。

1年生は学校で働く人のお仕事調べをしていました。先生たちにインタビューをしたり、事務の方に教室でお話を聞いたりしました。

2年生は麦刈りをして麦を粉にしてパン作りをしました。何回も作っておいしいパンができるようになりましたね。プロのパン屋さんにも教えてもらいました。

3年生はカイコを育てて絹糸を取りましたね。たくさんの桑の葉をあげなければいけないのでたいへんでしたが、無事に繭にすることができました。

4年生は多摩川の学習を進め、グループでテーマを決めて調べて発表し、伝える会も行いました。社会科で水の学習、ゴミの学習もしました。

5年生の「食」は毎年クラスで決めたテーマに取り組み、失敗もしながら何度も試作していちょうまつりでお店を出します。今年は「だんご」と「羊羹」でした。5年2組は羊羹を作っているプロの方に来て頂いてお話を聞いたり、手紙を書いて質問に答えてもらったりしました。 駿河屋という羊羹を作っている会社の人から届いた手紙には「皆さんのおかげで羊羹のこれからに光を見いだしました」と書いてあったそうです。プロの方にこんなことばを掛けてもらえるというのは、それだけ真剣に羊羹のことを考えていることが伝わったからだと思います。

そして6年生は、「沖縄」の学習をして、沖縄学習旅行に行き、現地で沖縄戦を体験した方やガイドの先生達、多くの方と出会い、学びました。

どの学習も自分たちで実際に作ってみる、やってみることを大切にし、まさに学んだことが自分たちが生活している社会に働きかけることになり、それがまた生活を切り開いていく力になっていくということを実感できたのではないでしょうか。

みなさん一人一人が2学期を振り返ると、それぞれにこんなことを学んだなぁ、自分が夢中になったのはこれだ、というものがあると思います。

今日は2学期のことを振り返り、次にやってみたいことは何だろう、と是非考えてみて下さい。

1月、またみなさんに会うのを楽しみにしています。>

始業式、終業式では各学年の発表があります。

1年生は音楽が大好き、授業で歌った歌「ありがとうの花」をクラスみんなで歌いました。気持ちのいい歌声が体育館の中に響きわたりました。

2年生は11月30日に行ったげきの会を振り返っての作文を、ももさんとなるくんが発表してくれました。先生のアドバイス通りにやったらみんなに笑ってもらえて良かった、友だちの演技が大きくできていて良かった、おまじないの呪文のかけ方をみんなでああしたら、こうしたら、と話し合ってうまくできた、などなど、長くまとまりのある作文も書けたのがすごいです。

3年生はクラス全員でけん玉を発表しました。司会はしゅんさん。「全員で大皿!」みごとに乗って会場からは「おぉ~」という声。「もしかめができる人」ではクラスの半分ぐらいの人が歌に合わせてリズミカルにけん玉が動きます。「とめけん」は数人、玉の方を持って逆に上から挿すという「とうだい」は3人の人が見せてくれました。

4年生は2学期を振り返っての話を2人がしてくれました。「いちょうまつりが心に残っている。中野七頭舞は楽しく踊れたし、お店もがんばった。3学期は横浜中華学校との交流が楽しみ。自分は交流は苦手だけれどがんばりたい」「いちょうまつりでは商品作りをがんばった、3学期は劇の会があるので楽しみ」。4年生になると、3学期のことも見通しを持って語ってくれます。

5年生は代表でまさしくんが発表してくれました。2学期心に残ったことはいちょうまつり。大森みかぐらを踊ったことと、羊羹作り。たくさん作って売れるかどうか心配だったけれど全部売れてよかった、と語りました。いちょうまつりに5年2組が出した羊羹の店は4店舗でしたが、それぞれに試作を重ね、こだわりの味を追求していました。いちょうまつりには「虎屋文庫」の丸山さんが来て下さり、その後4つの店の羊羹それぞれに「皮がきれいに漉され、弾力があった」「小倉羊羹は粒が柔らか。練り羊羹は小豆のほのかな香り。小豆の舌触りと黒糖の香りが良くマッチ」「皮がきれいに漉され、塩味が効いてなめらかでさっぱり」「煉羊羹のほくほくした食感、水羊羹のなめらかなやわらかさ」と、プロならではの評価をていねいに書いて届けて下さいました。丸山さんは、その後5年2組の教室に来てお話しして下さいました。まさしくんの短い言葉の中に、“ほんもの”を追求した充実感を感じました。

6年生は6年2組の学級代表なつねさんとえみちくんが、「6年2組ランキング」を発表しました。クラスで2学期を終えるにあたって、いくつかのことを振り返り、交流しますが、その中からの発表です。

まずは「2学期、印象に残ったこと」。第2位はいちょうまつり13人。「(自分たちがやった)おばけやしきが楽しかったから」「エイサーはみんなで息がそろっていた」など。そして第1位は沖縄学習旅行15人。「海や水族館に行って楽しかったから」「証言者の話がとてもつらく、自分の心に戦争反対という、より強い気持ちが出てきたから」「チビチリガマで、人の骨をさわったことが印象に残った。この骨の人たちが皆ここで生きてたんだっていうのが何より感じられて不思議な気持ちだったから」「夜の学級集会で一人一人自分の意見を、人の意見にとらわれずに言えたから」などが主な理由です。

「2学期にクラスが成長したと思うことは何ですか?」では、「しっかりと授業を受けられるようになった。」「しゃべっている人が自分からやめようとするようになったこと。」「メリハリがついてきた。」「一人ひとりがはっきりと自分の意見を言えるようになった。そういう交流しやすい空気をつくれるようになった。」などなどたくさん成長してきたことが書かれていたそうです。

突然ですが、と「2018年の6年2組の“流行語大賞”を発表します!」と続きます。第2位は「すん」。聞いている子どもたちは「?」でしたが、これは授業中に誰も何も言わなかったときに、担任が「うんとかすんとか言ってよ」と言ったのをきっかけに、その後の返事が「すん」になったとか。そして、第1位は・・・「カマルさん」。これも聞いている人たちには「?」です。カマルさんというのは、沖縄学習旅行で泊まったホテルの食事会場でお世話をして下さった従業員の方のお名前だそうです。とてもいい人だったので、沖縄から戻った後も「カマルさん」が話題になっていたのだそうです。

最後は3学期に引き続く6年2組の課題。「授業中にもうちょっと静かになれるといい」「人に流されないようにすること」「注意する人を増やすんじゃなくて、しゃべっている人が気づけるような環境にすること」「提出物をしめきり以内に出すこと」などが挙げられました。

6年生は誰かに言われるのではなく、自分自身が感じた課題をことばにしてクラスの中で交流することで、小学校生活の残りの3ヶ月をより充実した日々にすることにつながることでしょう。やはり「沖縄」の学びが、学習旅行の思い出と共に大きな位置を占めています。先週末の「うたの会」で6年生が最後に歌った「HEIWAの鐘」の歌声、その表情と共に会場にいる人たちの胸を熱くする、想いのこもったものでした。“脅かすことでしか守ることができないと、くり返す戦争(つみ)忘れ行く愚かな権力(ちから)よ”・・・・本番直前のお昼休みに飛び込んできた「辺野古に土砂投入」のニュース、6年生の子どもたちは複雑な思いで聞いたことでしょう。沖縄に思いを馳せながら歌った「島唄」「HEIWAの鐘」でした。6年生の発表から、そんなことも思い出していました。

学年、クラスごとに2学期を振り返り、3学期に向けての目標もこのように全校で共有されることは、一人一人の子どもたちにとっては少し先の見通しや期待にもつながります。学校の中で学び合うことの意味を改めてかみしめた2学期の終業式でした。

2018年もあと数日となりました。みなさま、どうぞよいお年をお迎え下さい。

冬まつり

ブログ担当 全園, 行事

2学期最後の行事『冬まつり』が12月15日にありました!

朝早くから係のお父さんお母さんが集まって、餅つきの準備をします。

CIMG5659 CIMG5676

CIMG9090 CIMG9093

調理室では豚汁の準備も。

CIMG9088

子どもたちも登園し、「お父さん頑張れ~!」と餅つきの応援をしていました。

CIMG5666 CIMG5671

CIMG5679 CIMG5687

冬まつりのオープニングは子どもたちの荒馬です。

まずは月組の荒馬が踊ります。

CIMG9112 CIMG9113

CIMG9116 CIMG3987

次は花組の荒馬です。

CIMG9118 CIMG3992

CIMG3994 CIMG3997

星組の荒馬。勢いよく疾走します!

CIMG4000 CIMG4001

CIMG4002 CIMG9134

CIMG9135 CIMG4018

篠笛を吹いてくれたお母さん方、ありがとうございます。

CIMG4024

最後はお父さんお母さんたちも一緒に荒馬を踊りました。

CIMG9144 CIMG9146

荒馬の後は、係のお母さんお父さんたちによるあそびコーナー。

お相撲

CIMG4044 CIMG4081

コマ回し

CIMG9168 CIMG9208

貝合わせ

CIMG9182 CIMG9183

缶ぽっくり

CIMG4049 CIMG9161

インディアンクロス

CIMG9163 CIMG9200

あぶりだし

CIMG4053 CIMG4077

なわとび

CIMG9201 CIMG9167

ぼうずめくり

CIMG9185

あやとり

CIMG9192

竹馬

CIMG9159

お手玉

CIMG9189

などなど、たくさんのあそびを楽しみました。

あそびコーナーの間も、お父さんお母さんたちの餅つきは続きます。

CIMG9174 CIMG9175

CIMG9100 CIMG9101

CIMG9177 CIMG4027

お待ちかねのお昼ご飯!お餅も豚汁も美味しかった~!

CIMG4087 CIMG4096

CIMG9228 CIMG9230

CIMG9212 CIMG9219

CIMG9215 CIMG9222

CIMG9220 CIMG9218

冬まつりの締めくくりはお母さんたちの荒馬です。

CIMG4101 CIMG4109

CIMG9241 CIMG9243

CIMG4111 CIMG9254

そして、なんと今年は和光小の2年生も幼稚園の冬まつりへ荒馬を踊りにきてくれました!

CIMG9257 CIMG9267

CIMG5730 CIMG9259

最後はお母さんたちと2年生が一緒に踊りました!親子共演も!

CIMG4118 CIMG9266

CIMG4119 CIMG4121

素敵でした~!今年も内容盛りだくさんの冬まつりでしたね。

ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

月組 だるまさんがころんだ!

ブログ担当 月組

いろんなあそびに出会い、楽しんできた二学期ですが、

だるまさんころんだも、その一つです。

PC193460

このクラスでは、オニが「だるまさんころんだ」と言う間に

PC193464

他の子どもたちが動いて、オニに近づき、

オニが言い終わって振り返った時は動きを止めて…

PC193466

オニに「〇〇が動いた~」と呼ばれたら、

オニの隣で並んで待つ…というやり方であそんでいます。

PC193451

誰かがオニをタッチしたら、タッチした人が次のオニになるやり方で、

オニが交替します。

PC193470

「だ・る・ま・さ・ん・こ・ろ・ん・だ!」

PC193474

PC193476

PC193480

タッチされて、オニが交替しました⤵

PC193478

「だ~る~ま~さ~ん~が~こ~ろ~ん~だ」

PC193482

PC193481

じーっと、固まっています・・・

PC193484

「今、動いたよ!」

「あ~〇〇が動いた、動いた!」

などと周りの子どもたちもよく見ています。

 

子どものあそびの中にはいろいろな気持ちや立場を味わえる要素がたくさん詰まっているなぁと思います。

オニになって「だるまさんが・・・」と唱えている時には、オニ以外の子どもたちは主導権を持ち、自由に動いているのに、オニが振り返った途端、動きを止める。

ぐるっと眺める鬼が、今度は主導権を持って、みんなを見ます。

人数も最初はオニが一人なのに、だんだん動く人の方が減っていく。

オニは壁に顔を押し当てて「だるまさんが…」と唱えながら、みんながどこまで近づいてくるのかわからないドキドキや、いつタッチされるかわからないドキドキを味わっています。

タッチされると、くやしいような、でもちょっとホッとする気持ちも入り混じった様な…不思議な気持ち。

オニ以外の子どもたちも、「動いた!」と指摘されると、残念だったり、くやしかったり、「あ~見られちゃったか」と思ったり、ガチッと固まっていた体が緩んで思わず笑みがこぼれたり…。

 

子どもたちの目に見えない心の動きを感じながら、私たち大人はそれを読み取ったり、時には予想もしないことが起きて驚いたり…。

子どもの姿からいろいろな気づきを得て、私たちも一緒に育っているんだなぁと思いました。

PC193486

「だ~る~ま~さ~ん~が~こ~ろ~ん~だっ!」

「今だ!(はしれ!)」

あっ鬼が振り返った!!

さて、この後はどうなったのでしょうか…(笑)

 

 

 

 

月組 切干大根&たくわん作り

ブログ担当 月組

大根をピーラーでスライスしているところです。

そうそう、これは切干大根になる予定…

CIMG8214

CIMG8220

CIMG8231

「うす~い」「しろ~い」「長くできた~」などと言いながら、作っていました。

 

さてこちらは、たくわん作りです。

PC193433

干した大根はクネクネと曲がる柔らかい大根になっていてびっくり!

「なんか、やわらかい…」

「いいにおいする」

「切干大根のにおいだよ」と言っている人もいました。

PC193440

ぬか、塩、ざらめ、鷹の爪…

PC193442

そして、ビール!!

PC193446

PC193450

おいしくできますように…と祈る子どももいましたよ(笑)

おたのしみに~♪

月組 大根づくしの毎日だったね!

ブログ担当 月組

9月に種をまき、育ててきた月組の大根。

今年は豊作でした!

台風や大雨で小さな芽がとばされたり、流されることもありましたが、

幼稚園の屋上にある畑で大きく育ちました。

11月末から12月いっぱい…週3回くらい大根料理を味わった子どもたちです。

CIMG7909

CIMG7839

CIMG7854

カブではありませんが、思わず、

うんとこしょ、どっこいしょ…と声をかけたくなるくらい

力が入っている子どもたち。

CIMG7904

長くて太い大根は、真っ直ぐ上に引っ張らないと

折れてしまいます。

周りを掘って、掘って…力を合わせて…

PC053147

抜けた~!!

PC053149

CIMG7917

CIMG7847

CIMG7864

CIMG7869

CIMG7873

CIMG7875

大根の葉は、ごま油で炒めたり、菜飯にしました。

根っこの方は、大根スティック、ふろふき大根、

鶏肉や豚肉と煮物にしたり、大根餅や大根ステーキにして食べました。

CIMG7877

CIMG7901

CIMG7902

「いいにお~い」「今日はなに?」と楽しみにしている子どもたちですが、

実は味見…という名のつまみ食いを狙っている人も…(笑)

PC073219

大根料理の匂いに包まれて過ごした一カ月でした!

PC073224

CIMG8027

食べきれない大根は、切り干し大根と沢庵にします。

年明けも、まだまだ大根が味わえそうです♪

おいしくな~れ!

 

 

朝の集会 三線

ブログ担当 全園

先日の朝の集会は『三線』の公演でした。

三線というのは沖縄の弦楽器で、胴部分にニシキヘビの皮が張ってあります。

CIMG5395

沖縄の妖怪『キジムナー』を歌った沖縄民謡。リズミカルな曲で、みんなで手拍子しながら聴きました。

CIMG5399 CIMG5400

『あかたすんどぅんち』という沖縄のわらべ歌。振りを教わり、みんなで振りをつけながら、「シーヤープー シーヤープー ミーミンメー ミーミンメー ヒージントー ヒージントー イーユヌミー イーユヌミー」と歌いました♪

CIMG5415 CIMG5421

CIMG5410 CIMG5424

CIMG5420 CIMG5432

最後はみんなで賑やかに『カチャーシー』を踊りました!

CIMG5437 CIMG5442

CIMG5445 CIMG5444

CIMG5449 CIMG5447

楽しかったねー!!三線奏者の栗原さん、ありがとうございました!!

本日冬まつり開催します

ブログ担当 お知らせ, 入園情報新着, 行事

本日、和光幼稚園にて冬まつりを開催します。

ぜひあそびに来てください。

 

日時:12月15日(土)10:00~13:30

場所:和光幼稚園

<プログラム>

・全園児『荒馬』 10:00~10:20

・あそびのコーナー 10:30~11:40

・餅つき 8:40~9:55/10:30~11:40

・軽食 12:00~13:00

・おわりの会 13:10~13:30

お知らせ 冬まつりに来てください!

ブログ担当 お知らせ, 入園情報新着, 行事

明日は和光幼稚園の冬まつりです。

幼稚園に通う子どものお母さんやお父さんを中心に、楽しいあそびや軽食を用意します。

あそびは、缶ぽっくりや竹馬、すもう、あぶりだし、インディアンクロス、けん玉、こままわしなど…他にもおもしろいあそびのコーナーがいろいろあります。

軽食は、お餅や豚汁などを用意しています。

ぜひ、あそびに来てください。

 

日時:12月15日(土)10:00~13:30

場所:和光幼稚園

<プログラム>

・全園児『荒馬』 10:00~10:20

・あそびのコーナー 10:30~11:40

・餅つき 8:40~9:55/10:30~11:40

・軽食 12:00~13:00

・おわりの会 13:10~13:30

 

※雨天決行ですが、台風などで時間変更や中止になる場合もありますので、当日、和光幼稚園のホームページを確認してみてください。

星組 誕生会 餃子づくり

ブログ担当 星組

11月の誕生会の様子です。11月は餃子づくりでした。

CIMG0680 大きな白菜は1枚づつ剥いて

CIMG8417洗います

 

調理室に行き皮を作るため粉を混ぜ捏ねていきます。

CIMG0700

CIMG0709 少しづつ分けてしっかり捏ねます

CIMG8422

生地を寝かせている間に野菜を切ります。今回はネギ、ニラ、白菜のみじん切りをしました。

CIMG0722

CIMG8452

CIMG8448

次は生地を伸ばして皮にします。

CIMG0749 小さくした後綿棒で薄~く伸ばします。

CIMG8465

色んな形の餃子が出来ました。包んだ餃子はホットプレートで焼いて、ごはんと中華スープと共にアツアツを食べました。

CIMG0770  CIMG8503

おいしかった~

うたの会・造形活動展

ブログ担当 全園, 行事

12月1日、『うたの会』と『造形活動展』を行いました。

うたの会では、幼稚園の体育室に全園児が集まり、今まで楽しんできた歌をお母さんお父さんたちに聴いてもらいます。

まずは全園で『うたえバンバン』

CIMG3679 CIMG3680

トップバッターは月組です。『そんごくう』『ドロップスのうた』『おでこのこぶ』を歌いました。

CIMG3690 CIMG3693

次は花組。『秋の空』『大きなたいこ』『みかんちゃん』を歌いました。歌よりも動きに一生懸命な花組(笑)

CIMG8807 CIMG8808

そして星組。『鉄道唱歌 山手線の歌』『合宿メドレー』『ちびすけうさぎのカルロス・ロサーノ』を歌いました。

CIMG3709 CIMG3714

各学年3曲ずつ歌った後は、全園で『あの青い空のように』を歌いました。追いかけ歌なので、最初を星組が歌い、月組と花組が後から歌いました。

CIMG8814

後半は、月組が『きのこ』『いっぽんでもニンジン』『ゆかいな牧場』、花組が『ピクニック』『バスごっこ』、星組が『マーチング・マーチ』『サラマンドラ』『十二月の歌』を歌いました。

CIMG8815 CIMG3697

CIMG8809 CIMG8821

CIMG3713 CIMG3716

最後は会場にいる全員で『にじ』を合唱しました♪

 

造形活動展は、月組と花組がホールに、星組は保育室に、子どもたちが作ってあそんできたものを展示しました。

PC013122 PB303060

花組は『切り紙』『紙粘土(お弁当・ネックレス)』『木工作(乗り物)』

PC013121

PC013110

PC013118

月組は『紙工作(ロボット・乗り物など)』『紙粘土(お弁当・お面)』『木工作(乗り物)』

PB303063

CIMG5356

月組は、展示する作品を2点自分たちで選び、展示の仕方も子どもたちと考えながら行いました。

PB303102

星組の保育室には、子どもたちが4月からどんなことを楽しんできたか写真付きで紹介したり、子どもたちが作ってあそんでいたものを様々に展示しました。

CIMG5368 CIMG5370

CIMG5372 CIMG5373

星組では、うたの会のあと、『伝える会』を行いました。詳しくは『星組 伝える会』のブログをご覧ください♪

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る