月別: 2019年4月

全園 子どもの日集会

ブログ担当 全園

大型連休を前に一足早く、幼稚園では、子どもの日を祝う集会がありました。

全園児が体育室に集まって、みんなで歌った後、こどもの日の話を聞きました。

星組の遠足で、取ってきた菖蒲。

「刀の形をしているんだよ」

「悪いものを追い払ってくれるんだよ、やまんばとか…」

「匂いもいいにおいで、お風呂に入れて菖蒲湯にできるんだよ」

CIMG0723

子どもたちは、よ~く話を聞いています…

「ヨモギだんごもあるんだよ」

ヨモギも星組が遠足で摘んできたもので、それを使ってお母さんお父さんが、朝からヨモギだんごを作っていてくれました。

CIMG0348

CIMG0343

CIMG0342

続いて、星組のお母さん、お父さんたちが作ったこいのぼりが紹介です。

CIMG0389

目玉は地球、子どもたちの元気な姿をモチーフにしたこいのぼり

CIMG0393

古くなった子どものTシャツを“アップサイクル”して鱗にしたこいのぼり

どちらもとてもステキで、花組の子どもたちも「あたらしいのだね」「おおきいね」と言っていました。

雨だったので、体育室で歌って、こいのぼりをくぐってあそびました。

CIMG0758

「怖いから見てる」という人、何度もくぐる人…いろいろでした!

CIMG0741

くぐった後は、ヨモギだんごをいただきま~す♪

CIMG0438

そして午後、雨があがり、こいのぼりをあげることができました!

やった~!

CIMG0449

こいのぼりの下で、先生の弾くアコーディオンに合せて「ぼくら~のこいのぼり~」とうたいました!

連休明けもこいのぼりをあげます。

青空に泳ぐ、こいのぼりをたのしみに♪

編集済み

学級通信に込める願い

幼稚園 全園, 北山校園長ブログ

若葉がまぶしい季節になってきました。
今年は6月10日から韓国ミラルトゥレ学校、中国杭州緑城(グリーンタウン)小学校の子どもたちが来日して和光小学校での三カ国交流が行われる関係で、運動会を5月25日(土)に行います。そのためのチーム作り、用具準備などが新学期早々急ピッチで進んでいます。
6年生は、先週末にはチームリーダー、サブチームリーダー選挙を行い、各学年とも運動会のチームを見越しての班長選挙、班編制も行いました。例年より早い運動会と例年になく長い連休を挟むということで、学校全体がすでに“運動会モード”になっています。

さて、今回は和光の「学級通信」のことをお伝えしたいと思います。
私は1981年4月に和光学園に赴任し、最初の3年間は和光幼稚園の教員として勤務し、その後和光小学校に配置転換となって30年間小学校で学級担任として子どもたちといっしょに学んできました。
幼稚園教諭として勤務したのは3年間でしたが、今にして思えばこの3年間が教師として子どもたちに向かい合うことの基礎を教えてもらうことになった時期であったと感じます。
私が新任教員として4歳児を担任したとき、隣のクラスの担任、山内先生(後に和光幼稚園、和光鶴川幼稚園園長)は、ご長男が和光小2年生に在学するお母さんでもありました。
当時、和光学園全体でも女性教員は少なく、子育てをしながら教員を続けている人はまれであったと思います。「育児休職」の制度ができたのも数年後でありましたので、女性の働きやすさ、という視点で見ると、公立校よりも遅れていたのではないかと思います。それでも教職員組合の力もあって、少しずつ働く環境が整えられていきました。
その山内先生が、初めての教育現場に戸惑いながら日々の保育に追われ、学級通信を書く余裕がなかなか持てないでいる私に、「学級通信が書けなくなったら子どもが見えなくなったということなのよ」と声を掛けて下さいました。「学級通信を書く、という視点で子どもを見て保育を作っていくといい」ということも。
すぐにはどういうことかわからなかったのですが、周りの先生たちが発行している学級通信を読みながら、子どもたち一人一人を捉えるというのはこういうことなんだ、ということが、少しずつわかってきました。
和光幼稚園も和光小学校も学級通信には子どもたちの名前がたくさん出てきます。いいことだけではなく、時には子どもたちどうしのトラブルも、クラスの中で話し合わなければいけなくなったような出来事も、学級通信で取り上げることがあります。
この通信で誰に何を伝えるか、ということをはっきりさせた上で担任は原紙に向かいます。幼稚園では遊んでいる子どもたちの様子はもちろん、担任が捉えた子どもの表情、ちょっとしたことばから感じ取られることも。小学校では行事に向かっている子どもたちの姿、算数の討論でこんなやりとりがあった、文学作品の読みの授業の流れ、授業を終えての子どもたちの振り返りの紹介、子どもたちがもめたこと、けんかになったこととその解決のための話し合い・・・・・・ 一時間の授業を終え、一日の生活を終えるとこれを伝えたい、と思うことが次々と出てきます。
あの子のあのことば、この子のこの動き、あの子とあの子のこの関わり、と浮かんできたものを通信として仕上げていきます。
幼児、低学年のあいだは主におうちの方に伝えたい、ということが多いのですが、中学年ぐらいからは子どもたちに向けてのメッセージとしての役割が大きくなります。
時には「教科通信」となることもあり、前の時間の討論の様子とその授業への感想を次の時間に通信で紹介するところから授業展開していくこともありました。低学年で“ことばあそび”に夢中になったクラスでは、友だちの発表に刺激を受けて自分もやってみよう、という子どもが次々と出てきて、友だちが作った作品は通信で紹介すると手元で改めて眺めている姿も。
こんなふうにして学級通信は私の学級経営の柱となっていき、鶴小で担任していたころは、年間400号近くになることもありました。鶴小で最後に担任した6年1組の学級通信「ニヌファブシ」(沖縄のことばで北極星)の最後は366号でした。
決して号数が多いのがいいとは思っていませんが、私は伝えたいことは伝えたい時に学級通信にしたい、という思いが強かったので、通信用の印刷用紙をずいぶん使わせていただきました。

今年も新学期が始まって3週間、幼稚園も小学校も日々の子どもたちの姿が、各クラスの学級通信からいきいきと伝わってきます。
新年度初め、学級通信名を何にするかを考えるのも担任の楽しみの一つです。
今年の和光幼稚園、和光小学校各クラスの学級通信名とその名前に込めた願いを紹介します。 (“  ”内は、学級通信で紹介していることばです)

・花組にじグループ「パウワウ」・・・“「たのしいひととき」「自然の中で部族を超えた集まり」というネイティブアメリカンのある部族のことばです。”“子どもたちも大人もいろんな人たちが集まって楽しいひとときを過ごしていきたい。”
・花組かぜグループ「こまくさ」・・・山登りが大好きな担任、“こまくさ3号って・・・特急列車みたいな名前になってますけど、高山植物の名前です。「高山植物の女王」って言われているんですよ。”
・花組そらグループ「やってみよう」・・・“好奇心旺盛な子どもたちといっしょに「みてみよう!」「いってみよう!」「やってみよう!」と楽しむ一年にしたいな、と思います。”
・月1組「ジャングル」・・・“ジャングルにはいろんな植物や動物が多種多様に暮らしています。ジャングルのように月1組もそれぞれの個性が豊かに発揮できるような、それぞれのステキなところをおもしろがれるようなクラスに”
・月2組「ザッブーン」・・・馬場のぼるさんの絵本『11ぴきのねこ どろんこ』に出てくる恐竜ジャブのように、元気いっぱいの4歳児の子どもたちと、どろんこになって遊び回る一年に、という願いを込めて。
・星1組「ぶりらんて」・・・ピアノが得意な担任は、音楽用語で“輝く”“華やかに”という意味をもつことばを選びました。幼稚園生活最後の1年、一人一人がキラリと輝くことをめざして。
・星2組「よかったね」・・・“星組の1年は本当にあっという間に過ぎていきます。まさに矢のごとしです!!1その一年が終わる頃に「和光幼稚園でよかったね、星2組でよかったね」と言いあいたいという願いを込めて”
・1年1組「びっくりめ」・・・入学式の日、工藤直子さんの『のはらうた』の中から「しんぴんのあさ」(かたつむりでんきち作)をプレゼント。“ぼくのまいにち びっくりめ! つんつんのばして びっくりめ!”
・1年2組「はじめのいっぽ」・・・“どきどき、わくわく、ちょっぴりふあんかな??でもだいじょうぶ!わこうしょうがっこうにはたくさんのみかたがいるよ”で始まった学級通信No.1は「はじめのいっぽをふみだそう」というタイトルです。
・2年1組「元気モリモリ」・・・“パンもつくりたいし、あらうまもおどりたいし・・・かんがえただけでもたのしいことがいっぱいだね。”担任は持ち上がりで“元気モリモリでちこくをせずにたのしいまい日をつくっていくぞ。エイエイオー”
・2年2組「はーとがいっぱい」・・・2組も担任は持ち上がりです。“せいかつしていると、いろんなところにはーとがある。きみはどんなところにはーとをみつけられるかな。みんなではーとがいっぱいになるくらすをつくっていきたいな。”
・3年1組「けたけた」・・・音や動作を表すことばをオノマトペといいます。その中で「けたけた」といつも笑いあえるような、そんなクラスを作っていきたい、という願いを込めました。
・3年2組「ぽたぽん」・・・川崎洋さんの詩「たんぽぽ」を第1号で紹介。その中に、「おーい ぽたぽん」という一行があります。“たんぽぽのようにたくましく地に根を張って生きていきたいなぁと思っています。”
・4年1組「みんなのうた」・・・担任が交代しました。にぎやかで元気いっぱいの子どもたちに“4-1のみんなはうたやおどりが好きそうなので”、と。担任はサザンの世代でもあります。
・4年2組「きみしだい」・・・担任が落ち込んだときに聴く曲「キミシダイ列車」(ONE OK ROCK)にちなんで。“未来は自分しだいで変えられる。「自分がなりたい自分」になるために努力できる4年生になってほしい”
・5年1組「あじわう」・・・5年生は総合学習で「食」に取り組みます。何をテーマにするか、クラスで決めていきますが、自分の舌でじっくり味わい、「食」の学習も、教科の学習もしっかり味わえるように、との願いを込めて。
・5年2組「植える」・・・5年生は米作りをします。“自分で植えた苗からお米がとれて、そのお米でおにぎりを作ったら・・きっとおいしだろうなぁ。通信のタイトルは「田植え」から”“自分の中にたくさんの苗を植えよう!”
・6年1組「かふー」・・・“沖縄のことばで幸運、果報、良いこと、ラッキーの意味です。この一年を山登りと考え、だんだん高くなっていく山脈を登るように一つひとつの小さな頂上を目指すよう、目的意識を持って過ごしていきたいですね。山あり谷ありのこの山脈を一年かけて全員で「卒業」というてっぺんに向かっていきましょう”
・6年2組「とーとー」・・・“沖縄のことばで「尊い」という意味もあるし「さあ」「ぴったり」「ちょうどいい」「そうだ」という意味で使われたりもする。6年生でもいろんなことを体験しながら自分の力をたくわえていこう。”“君たちがしっかり自分の力を身につけ学んでいくためのたくさんの「峰」が用意されている。みんなの力を合わせて一歩一歩登っていこう。”

花組 屋上楽しいな

ブログ担当 花組

幼稚園の屋上にあそびに出かけました。

屋上からは色んな所が見えます。

「ぼくのうちみえたー!」

「ひこうきとんでるー!」

CIMG8282

写真は、屋上からグラウンドを見ている子どもたち。

小学生が体育の時間に走っているのが見えました!

CIMG8157

CIMG8156

この季節、屋上にはタンポポやハルジオン、カラスノエンドウ、シロツメクサ…といろんな草花があります。たくさん摘んで花束にしたり、帽子につけてみたりと嬉しそうな子どもたち。

CIMG0486

CIMG0484

綿毛もたくさん見つかりました。

ふーっとふくとフワフワとんでいくのがおもしろい。

CIMG8207

屋上の畑のすみに、たくさんのダンゴムシを発見!!

「いたー!」の声にたくさんの子どもたちが集まってきます。

「寝てるの(丸くなったの)はさわれるー!」とつまんで見せてくれる子どもたちでした。

 

星組 小野路遠足

ブログ担当 星組

星組になって2度目の遠足は、月組時代にも何度か行った小野路へ。

田んぼの畦道を跳び越えたり、花を摘んだり…

CIMG9918 CIMG0051

四葉のクローバー発見♪

CIMG9922

CIMG0055

おたまじゃくしを捕まえたり…

CIMG9919

エビも捕まえました!

CIMG9929 CIMG0071

テントウムシ いっぱい!!

CIMG9959

CIMG9947

ダンゴムシもいっぱい!

CIMG0072

CIMG9948

のびるもたくさん採れました!

CIMG9935

CIMG0064

CIMG9938 CIMG9931

綺麗に剥けたよ~!食べてみていい?

CIMG0065

からっ…!

CIMG0066

泥団子つくった~

CIMG9953

ヨモギもこんなに摘んだよ~!

CIMG9956

お母さんにお土産♪

CIMG9958

菖蒲も摘みました!

CIMG9961 CIMG0090

どんな匂い?

CIMG0086

スギナで手品!

CIMG9963

どこが切れてるでしょうか!?

CIMG0092 CIMG9964

帰りの電車。虫かごを回して見ていました。

CIMG9982 CIMG9977CIMG9968

CIMG9976

寝てる子も…

CIMG9970 CIMG9971

疲れたのか帰りの電車は静かに過ごしていた子どもたちでした(笑)

CIMG9969 CIMG9967

月組遠足 小野路谷戸

ブログ担当 月組

月組になって、初めての遠足にでかけました!

去年までは公園に出かけていましたが、今回は

手つかずの自然がたくさんある休耕田にあそびにいきました。

CIMG9918

バスが着きました!ここからあそぶ場所まで歩くのですが、、、

CIMG9920

降りたそばから、”いいもの見ーつけた!!”

CIMG9928

CIMG9931

なかなか目的地に着きません、、、。

CIMG9924

てんとう虫がいました。

CIMG9930

てんとう虫にもうすぐなりそうな幼虫も見つけました。

CIMG9940

たけのこも顔を出していました。

まだまだ目的地に着いていません、、、(笑)

CIMG9945

タンポポやハルジオン、カラスノエンドウきれいな花もたくさん見つけました。

CIMG9943

CIMG9942

もう十分いいもの見つけた感じになっていましたが、、、やっと目的地の谷戸に到着ー。

P4245113

リュックを置いて、あそび始めますー。

CIMG9965

一生けんめい帽子の中に何かを集めています。中身は、、、

CIMG9964

踊子草の花でした。こんなにたくさん!

CIMG9966

こちらでは、その踊子草の花の蜜を吸っています。

P4245138

こちらもおいしい植物。スカンポ。

CIMG9957

洋服にぺたぺたくっつく草も見つけました。

先生にくっつけて喜んでいました。

CIMG9956

虫もたくさんいました。何かの幼虫。

CIMG9982

キリギリス。

CIMG9976

はじめててんとう虫を手に持てたんですって!

CIMG9983

たくさん花を集めて花束にしている子もいましたよ。

CIMG9984

CIMG9953

P4245151

そして遠足のお楽しみは食べられるものをたくさん見つけることです。

P4245136

一生けんめい地面を掘って探しているのは、、、

CIMG9995

じゃじゃーん!のびるです。

CIMG9997

CIMG9998

P4245128

家まで待ちきれずその場で味見をする子も。

CIMG9960

P4245139

P4245126

CIMG9999

たくさん採って、おうちで食べようとしている子もたくさんいましたが、保育者がその場で土を落としたり、薄皮を剥いていると、真似して下処理をしている子もいましたよ。お母さん楽できたかな??

CIMG9971

こんな小川がありました。そして、そこに板が渡してあって、、、

やっぱり子どもたちがしたくなったのは、、、

P4245162

CIMG9974

「渡れたよー!!!」と大喜びでした。

 

星組 4月 誕生会

ブログ担当 星組

星組4月生まれの誕生会の様子です。先日の遠足で掘ってきた筍を使ってたけのこ料理を作りました。

 

朝から張り切ってエプロンをつけるこどもたち。最初に米を研ぎました。こぼさないように・・・と気を付けながらせっせと米を研ぎますが、楽しくていつまでもいつまでもやっている人も・・・

4月誕生会 (7)

CIMG9742

 

調理室に移動して初めての包丁です。今回はたけのこ、油揚げ、大根を切りました。

4月誕生会 (22) 真剣な表情のこどもたち

CIMG9761

お手伝いのお母さんに見守られ、丁寧に切ります。

4月誕生会 (29)

4月誕生会 (39)

CIMG9778

ご飯が炊けたあと大きな飯台でたけのこと油揚げを混ぜ合わせます。

4月誕生会 (58)

CIMG9810 「うわ~いい匂い」

大人の味の木の芽和えと、ノビルの葉っぱのぬた

4月誕生会 (102)

いただきますのタイミングに合わせ、天ぷらコーナーではたけのことノビルの天ぷらが揚がっていて揚げたて天ぷらも食べました。

CIMG9836

CIMG9847ノビルの天ぷら

4月誕生会 (115)

CIMG9857

自分たちで収穫してきたたけのこ。たっぷりおいしく食べました。

「子どもの権利条約」30年の年に

幼稚園 北山校園長ブログ

グランドの桜はまだ少し花を残していますが、いちょうの木にはみずみずしい薄緑の葉が芽吹き、まぶしい日差しの中で子どもたちが元気に駆け回っています。
新年度が始まって2週間、新1年生が入学して10日が経ちました。

 

4月8日の始業式には、まだ入学式前なので2年生以上の子どもたちに、以下のような話をしました。


今日から2019年度が始まります。みなさん、一年ずつ学年が上がりました。
あさっての入学式で新1年生が入ってくると、新しい1年生から6年生までがそろいます。
みなさんは、担任の先生が誰になるのか、ドキドキしているのではないでしょうか。この後の発表を楽しみにしていて下さい。
また、この後、紹介がありますが、新しい学年の初めにお別れする人、仲間に加わる人がいます。新しい出会いも楽しみですね。

 

さて、今年、2019年がどういう年かということをお話ししたいと思います。
今年は、みなさんにとても関わりがある「子どもの権利条約」ができてちょうど30年となる節目の年です。
「子どもの権利条約」ということばを聞いたことがある人はいますか?
「権利」というのは何かをしてもいい、またはしなくてもいいということ
「条約」というのは国と国との間で決めた決まり、約束、ということです。
「子ども」とは、18歳になるまでの人たちなので、高校を卒業するまでは「子ども」として、この「子どもの権利条約」に書かれていることの対象となります。

 

どうしてこの「子どもの権利条約」ができたのか、というと、昔は戦争がたくさん起こり、多くの子どもたちが犠牲になりました。子どもが戦争を始めるわけはないのに多くの子どもたちが犠牲になってきたのです。
また、子どもが十分に守られることがなく、小さいうちから長い時間働かされる、ということもあって、命を落とすこともありました。
子どもたちを、おとなと同じように、ひとりの人間としての人権を認め、大きくなるまで守っていくことが出来るように、という願いを込めて作られたのが「子どもの権利条約」です。

 

ここに書かれている“子どもの権利”は、大きく分けて4つあります。

生きる権利:すべての子どもの命が守られること
育つ権利:もって生まれた能力をじゅうぶんに伸ばして大きくなることができるように、病気になったらお医者さんに看てもらったり、学校へ行ったり、暮らしていくための助けを受けること、そして友だちと遊んだりすることができること
守られる権利:暴力を受けたり、むりやり働かされたりすることがないよう、守られること
参加する権利:自由に自分の意見を言ったり、自分たちの意見を伝えるためにグループを作ったりできること

 

こんなの当たり前だ、と思っていると思いますが、この「権利」が守られないことが起こることもあります。
みなさんもニュースなどで「虐待」ということばを聞いたことがあるでしょう?
「虐待」というのは、家族など身近な人から暴力などを受けることです。
今年の1月には、千葉県で親から「虐待」を受けて、4年生の女の子が命を落としました。
「子どもの権利条約」第19条には、虐待を受けたすべての子どもを守るための仕組みを作らなければならない、ということが書かれています。
それでも、暴力によって傷ついたり命を落としたりする子どもが後を絶ちません。私たち大人は、そういうことが起こらないようにするための努力を続けなければならないと思っています。

 

みなさんは、誰かから暴力を受けたり、いやなことを言われたりすることはあるでしょうか?
そういう、痛い思いや、いやな気持ちになることをされなくてもいいという権利を持っています。もしそういうことがあったら、「やめて」と言って、逃げること、そういうことがあったということを誰かに話すことが大切です。
たとえ相手が身近な人でもそうです。

みなさんは、自分のことを守る権利があるのです。

 

今日は「子どもの権利条約」の話をしました。みなさん一人一人にとても関わりのあることなので、調べたり考えたりできるといいと思います。
新しい学年で、たくさん学び、たくさん遊んで下さい。(これも「子どもの権利条約」に書かれていることです。)


 

4月の各学年の親和会でご挨拶をさせていただいたとき、始業式の話をしました。
「子どもの権利条約」ということばを聞いたことがある人は、高学年に1~2名いましたが、ほとんどの子どもたちにとってはなじみがないことばかもしれません。
日本がこの条約を批准したのは制定されたから5年後の1994年、158番目となります。
そういう意味では、まだまだ日本の子どもたちは、ここに書かれている「権利」を持った存在であるという意識を、大人が持ちきれていないのかもしれません。
“しつけ”と称した暴力、暴言が、子どもが最も安心して過ごすことができるはずの家庭内で行われていること、そのことで傷つき苦しんでいる子どもたちがまだまだいるだろうと、昨今の児相への通告数の増加からも予想されます。
子どもに関わる仕事をしている私たちが、まずその自覚を持っていくことと同時に、子どもたち自身に「権利」の意識を持つことができるような学習を進めていかなければならないと思っています。
「子どもの権利条約」30年の節目の年に、保護者のみなさんと共に考えていきたいと思います。

 

花組の様子

ブログ担当 花組

入園式から一週間経ちました。

保育室や広くなったテラス、そして砂場や芝生と色んな場所であそんでいる花組の子どもたちです。

CIMG5801

「いたいた~」保育者と一緒に枯れ葉の下のダンゴムシを見つけています。

「みせてー」「ちょうだい!」とどんどん手を出していきますが中にはやっぱりちょっと怖くて急に手をひっこめる子も(笑)

P1010069

CIMG7883

入園式は雨も降って寒い一日でしたが、その後は毎日天気が良く、砂場であそぶのも気持ちがいいです。

カップに砂を入れてごちそうを作ったり、保育者と一緒に山を作って遊んでいます。

井戸にも挑戦!最初は上手く動かせずなかなか水が出てきませんが、数人で力を合わせて出そうとしていたりします。ガチャガチャやってみるのが楽しそう。

P1010121

芝生での「まてまて~」も大好きな子どもたちです。

明日もいっぱいあそぼうね!

月組 絵の具したよ

ブログ担当 月組

固形絵の具を使って色あそびをしました。

CIMG9742

CIMG9743

CIMG9736

筆で絵を描いていると、指を使ったらどんな模様になるか試したくなった子もいました。

CIMG9737

いろいろな模様になりました。

CIMG9739

CIMG9740

CIMG9741

全園 かざぐるまもらったよ

ブログ担当 全園, 行事

入園式から一週間。

今日から、花組(3歳児)のクラスもお弁当が始まりました。

そして、今日は入園した子どもたちを迎える会を、

星組(5歳児)が中心となって開きました。

全園児が体育室に集まって…

sブログ0417CIMG8022

星組が話します

「プレゼントがあるよ」

「こわれたら、なおしてあげるよ」

などなど、それを見つめる後ろ姿は、花組です

プレゼントとは、手作りの ”かざぐるま” !

sブログ0417CIMG0313

こちらは ⤴ 先生たちからのプレゼントの劇「あかずきん」です

オオカミが出て来ると、泣き出す花組の子どもたちもいましたが、

しばらくすると、顔を手で覆い、指の隙間から、そお~っと覗いてみていましたよ(笑)

sブログ0417CIMG0322

sブログ0417CIMG0343

もらった風車を持って、屋上とグラウンドに分かれて、あそびました

sブログ0417CIMG0330

sブログ0417CIMG0335

風が吹くと、持ってるだけでもまわる!まわる!

sブログ0417CIMG0321

下向きでもまわるかな?

sブログ0417CIMG0331

風が止んでしまうと、花組の子ども風車を手で回してくれる星組も…

sブログ0417CIMG0339

一緒にタンポポを摘んでいたり…

sブログ0417CIMG8042

見て見て~まわるよ

sブログ0417P4174764

月組は、砂場に埋めて、立ててもまわるかな~なんて、

あそんでいました!

お弁当の後も、園内のあちこちで、かざぐるまをまわす子どもたちの姿がありました

 

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る