園の生活

和光幼稚園では日常の活動に加えて、1年間を通じてさまざまな行事が用意されています。

子どもたちの1年間の生活

1学期の生活

子どもは泣くのがあたり前

お母さんと離れ、はじめての幼稚園生活では、はじめは泣く子どももいます。しばらくしてから、周りのことがいろいろわかってきて泣きだす子どももいます。一人ひとりいろいろなスタートがあります。好きなあそびが見つかったり、担任に安心できるようになると、幼稚園って楽しいなと思えるようになります。

砂場はとっても面白い

泥団子づくり
砂場 山・川とつくることが楽しくなると2時間でもあそんでいる子どもたち。初めて砂のプリンができたときは、うれしくて「先生みてみて!」と大よろこびで声をかけてくれます。

(星組)5歳児の願いをこめた「子どもの日」

こいのぼり
「子どもの日集会」には星組の父母が作った大きなこいのぼりが空を泳ぎました。星組の子どもたちは自分の願いを語り、星組になった喜びを伝えてくれました。

星組から風車をもらって

風車
入園して数日後からお弁当が始まり、幼稚園ですごす時間も長くなります。星組さんが花組さんにプレゼントする風車は、とっても大切な宝物。花組さんは園庭いっぱいに大喜びで走り回ります。

たのしくておいしいお弁当のひととき

お弁当
3歳児のお弁当は、その子にとって「食べ切れる量を」「食べやすい大きさで」とお願いしています。「全部食べたよ」という満足感を味わって欲しいからです。はじめはフォークやスプーンを使っている子どもが多いですが、友だちの影響もあり、3学期にはほとんどの子どもたちがお箸を持ってくるようになります。
「ほら、つかめたよ」とうれしそうに見せてくれます。子どもは友だちの様子を見ながら使いたくなっていくものです。このじっと「見る」時期が大切です。

 

2学期の生活

年間を通じて出かける遠足

遠足
年間を通じて、3・4歳児は7~8回、5歳児は9~10回自然を求めて野山に遠足に行きます。秋の野山には、花、木の実、それに虫がいっぱいです。バッタ・コオロギ・カマキリなどを追いかけ、草の中でかくれんぼをして、夢中になってあそびます。

運動会

運動会
運動会では、ふだんの体育的活動(主に走る、跳ぶ活動)を競技化しています。意識的に体を動かすことも楽しくなった子どもたち、その力を存分に発揮して楽しみます。

収穫の秋

畑で育て、収穫した野菜を幼稚園で食べていきます。ホクホクの焼きイモに「おいしいね」とニコニコの子どもたち。月組(4歳児)は収穫した大根でさまざまな料理を味わい楽しみます。

朝の集会

プロの演奏家や曲芸師、父母の太鼓など、ふだん味わえない世界にふれて楽しみます。年15回の朝の集会は本物と出会う文化の宝庫です。

音楽の会と造形活動展、そして冬まつり

冬祭り
日頃、たくさんのうたと出あい、楽しんできた子どもたち。全園の父母の方々にうたの会と造形活動展で2学期に楽しんできた子どもたちを見ていただきます。冬まつりでは、子どもたちの荒馬・もちつき・あそび・冬の一日をたっぷり楽しみます。

 

3学期の生活

たてわり交流会

すごろく
3才と5才、4才と5才と数日とりくんだたてわり交流会を、3学期は3学年いっしょにあそびます。坊主めくり・すごろく・あやとり・パッチンがえるづくり・ロケットづくりなどで、異年齢のこどもたちが、のんびりとなごやかに楽しみます。

版画

彫り
5歳児はゴム版画に挑戦します。はじめてあつかう彫刻刀に緊張しながら胸はどきどき。でも作業を進めるうちに、彫る気持ちよさに感激し、意欲が高まります。

料理活動

調理
5歳児の誕生会では、毎月調理活動をします。自分たちの手でこねたうどんや餃子、中華まんじゅう、ほってきた竹の子やサツマイモのご飯、育てたじゃがいもで作った肉じゃがなどがメニューになります。たどたどしかった包丁使いも3学期になると、細かい千切りをができる子どももでてきます。

劇づくり

劇の会
2月は、どの年齢もたっぷり時間をかけて劇づくりをします。文学作品を題材にして、集団で作品理解を深めながらお話の世界を演じていきます。登場人物の気持ちになってしぐさやセリフをつくっていくのは子どもたちです。劇の世界を楽しむのはどの年齢もおなじですが、5歳児になると、人に見せることを意識して舞台の上で演じ、劇の会にむけてとりくみます。

 

卒業式にむけての取り組み

学年末最後の2週間は卒業に向けての準備をします。1つめは4歳と3歳の子どもたちがつくる「おめでとうパーティー」。2つめは卒業をする親たちを中心に5歳児の子どもたちと楽しみ、心温まる一日をつくる「卒業の会」。
そして幼稚園最後の日となる卒業式では、5歳児の園生活をつづった歌を全園児でうたいます。
5歳児は卒業するよろこびと大事な節目の日を実感し、3、4歳児は進級するよろこびを持ちはじめていきます。