共同教育

和光幼稚園では、健常の子どもと障がいからくる個別的なニーズをかかえる子どもとがお互いに育ちあうことを大切にしています。障がいをもつ子どもの受け入れにあたっては、以下のことを考慮しています。

共同教育の対象となる場合の考え方

  • 日常の幼稚園の教育活動を行うにあたって、特別の介護者をつけることなく一緒にあそびや生活を送っていける。
  • 障がいの事実について父母と教師が共通認識をもち、発達課題に対して協力しながら努力できる。共に生活する学級の父母に障がいの事実を伝え『共に育つ・共に生きる』ことの理解を深め合うことを大切にする。必要に応じて専門機関との連携をする。