和光小学校校園長ブログ「子どものなる木」「みんなにとって居心地のいい環境を いっしょにつくっていきたい」 ~学級通信に込めた想い その1~

幼稚園 北山校園長ブログ

入園式、入学式から10日経ち、新入園の子どもたちのお弁当も始まりました。1年生はえんぴつを持ってプリントに向かうのがうれしそうです。
今年も、幼稚園、小学校ともに各クラスの学級通信のタイトルを紹介します。

今回は幼稚園です。

それぞれの担任が通信第1号に名前の由来を載せます。今年はほぼ編集なしでそのままご紹介します。名前の由来の紹介文の長さに関わらず、この1年の子どもたちとの日々への期待と願いはたっぷりと通信の中に込められています。

 

・にじグループ「ひゅっげ」

通信名は『ひゅっげ』(Hygge)にしました。デンマーク語で「居心地のいい空間」や「楽しい時間」と言う意味があります。「人と人とのふれあいから生じる温かく居心地の良い雰囲気」と書いているものもありました。世界的なブームもあって、耳にしたことがある方もいるかと思います。日本語だと「ほっこり」や「まったり」という表現の方が感覚的にしっくりくるかもしれません。にじグループの子どもたちと、そしてお家の方と一緒に過ごす時間を楽しみたい、みんなにとって居心地の良い環境を一緒につくっていきたいという願いを込めて決めました。親和会や通信を通して、みんなで子どもたちの成長を見守り、楽しんで見ていけたらいいなと思っています。合言葉は『ひゅっげする!』です!!

 

・かぜグループ「マカニ」

「マカニmakani」は、ハワイの言葉で、「風」という意味です。ハワイ語には、「雨」や「風」を表す言葉が、わかっているだけで300~400あるとか・・・。「風」を表す言葉だけで2000以上!!という説もあるそうです。「風」といってもいろんな風がある。自然と共に生きている島・・・ハワイならでは・・・ですね。学級通信「マカニmakani」には、私の目線で見た、感じた・・・かぜグループの子どもたちの日々の様子、お母さんやお父さんから寄せられたメールを紹介したり、私の思いを書いたり・・・大人同士の交流の場としても大事にしていきます。幼稚園という小さな社会の中で、子どもたちは人との関わりを、いろんな「マカニmakani 風」を感じていくことでしょう。花の香りが漂う風、柔らかい風、突風、雨まじりの風、さわやかな風、冷たい風、やさしく背中を押す風・・・。風を浴びて、風を感じて、自分らしく幸せに生きる子ども時代を過ごしてほしい・・・そんな願いを込めました。そして、私たち大人も、いろんな「マカニmakani 風」をおもしろがって、過ごしていきましょう!!さぁ、はじまり、はじまり~♪

 

・そらグループ「こもれび」

木漏れ日を見ると、肩に入っていた力がすっと抜けて、ふうーっと深呼吸したくなりますよね。この春、保育室の準備をしている時、花組のテラスにいると、暖かな日差し、そこから見える森の緑がなんて気持ちよい場所なんだろう、、、。同じ幼稚園にいても、クラスによって見える景色が違う!!!!これから幼稚園に入ってくる子どもたちと毎日、この景色を見ながら過ごすのだなー、早く子どもたちに会いたいー!と思いながら準備をしました。“マスクもしなきゃだめ““行きたいところに自由にでかけられない”なんとも息苦しい生活が続いていますが、幼稚園生活での、我が子の変化や、友達との関係が広がっていく姿を喜びあったり、同じクラスの大人同士の交流を通して、ふっと力が抜けるような時間を一緒にすごせたら良いですね。日差しガンガンだと暑すぎてぐったりしちゃいますよね。木々の合間から優しく照らす木漏れ日のように、子どもたちがはじめての幼稚園で、少しずつ楽しいことを見つけて、少しずつ友達と過ごすことを心地よく感じて欲しい。そんな願いも込めて。

 

・月1組「やれやれ」

花組の時の学級通信では、いろいろある子どもたちの全てを「わっはっは」と笑って見守りたいと願い「わっはっは」と名付けていました。今年も、わっはっはと笑いながら!でも、時には「やれやれ」って感じなんだろうな。でも、やれやれって思うと気持ちは楽になりますよね。子どもたちの日常を気楽に楽しく見守りたい、そんな願いと・・・もうひとつは、子どもたちよ!今のうちにどんどんやれやれー!!という願いを込めて・・・月1組の通信は「やれやれ」にします。お家の方からのメールもたくさんまっています。楽しい一年にしましょう!!! 楽しくなる気しかしない

 

・月2組「いいからいいから」

学級通信は 「いいから いいから」です。絵本の「いいから いいから」が大好きで今年は絵本の名前からつけました。絵本のおじいちゃんの「いいから いいから」となんでも言ってドシーンと構えている感じがおもしろいです。読む機会があったら読んでみてくださいね。子どもたちもこれからたくさんいろいろなことをやっていくと思います。が、その都度、「いいから いいから」と慌てず構えて関わっていけたらいいなと思います。

 

・星1組「きょうがきた」

月組の 3 学期に子どもたちと歌った「きょうがきた」という歌。(谷川俊太郎作詞・林光作曲)子どもたちの歌声がとっても素敵だったのですが、歌詞もいいのです。これから始まる星 1 組の子どもたち、そして星組の生活を思った時に「あ!通信のタイトルにしたいな」と思いました。今日という日を、そして明日を楽しみに過ごす毎日でありたいです!

 

・星2組「ほしくさ」

花が咲いている様子が星に見えるからこの名前にしました。(学級通信ではきれいな写真付きです)

 

 

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る