月組 いっぱいあそんだ♪一学期①

ブログ担当 月組

今日から夏休みです。

月組(4歳児)の子どもたちは、一学期、新しいことにいろいろと出会いながら、すきなあそびをたっぷりと楽しんできました。

遠足は全園の遠足も含めると、全部で4回行きました。

6月の小野路は、田植えも終わり初夏の景色に変わっていて、クルミを拾ったり、菖蒲をお土産にして帰りました。

sブログ0725CIMG5102

sブログ0725CIMG5103

sブログ0725P6271195

sブログ0725P6271203

sブログ0725CIMG5128

sブログ0725CIMG5106

sブログ0725CIMG5127

sブログ0725P6271212

sブログ0725P6271215

sブログ0725P6271217

 

木工作では、舟を作りました。

花組の時より少し大きな土台の板です。

作る前に木片をのせてみて、イメージを膨らませてみたり…。

sブログ0725P6201092

sブログ0725P7051270

sブログ0725CIMG5146

釘が曲がってしまうこともありますが、

釘を横から金づちで叩いて直したり、友だちに手伝ってもらったり、「せんせ~い」と呼ばなくても自分で何とかできるようになっていく…。

それも子どもにとってはちょっと誇らしいことです。

「ここ、自分で直したよ」とか「曲がったけど平気だった」と話にきたりします。

sブログ0725CIMG5131

sブログ0725P6211139

立体的に積み上げたり、左右対称に作る人もいます。

木工作のいいところは、釘を抜けば作り直せるところです。

友だち舟を見て、真似したり、もっとこうしたい…という思いが膨らんだりするので、一学期の終わりまで楽しみました。

sブログ0725CIMG5135

sブログ0725P6211136

sブログ0725CIMG5133

sブログ0725CIMG4805

sブログ0725CIMG4806

sブログ0725CIMG4818

sブログ0725CIMG4825

 

カブトムシもたくさん孵化したので、毎日、誰かがあそんでいました。

sブログ0725CIMG5325

sブログ0725P6291239

コマの紐で綱渡りさせたり、戦わせたり…

カブトムシは力が強いので、腕にのせると外すのが大変です。

初めの頃は「痛い~」と半べそをかく人もいましたが、だんだんカブトムシの持ち方もうまくなっていきます。

さわってみる、やってみる…と、「痛い」ことや思うようにならないこともたまにありますが、その次に持ち方やあそび方を考えて工夫してみる…。

子どもたちの生活は、そういうことの繰り返しなんだなぁと改めて思います。

sブログ0725P6291242

sブログ0725CIMG5223

虫好きが集まって、図鑑を広げているところです。

何を話しているのかな?

sブログ0725CIMG5327

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る