園長ブログ

校園長ブログの名称

「またいっしょにあそぼうね!」星組と5年生の交流

ブログ担当 園長ブログ, 星ぐみ タグ: , , ,

幼稚園・星組(年長)の子どもたちと小学校5年生の交流が今年も鶴小で行われました。前日から準備をして待っていた5年生は小さな星組の子どもたちを緊張しながら迎えました。幼稚園から「たのしみ~」と笑いながら歩いてきた星組の子どもたちもペアの5年生との出会いの場面では緊張した顔でした。

IMG_2924 IMG_2932

5年生が準備した遊びのコーナーと読み聞かせ用の絵本。魚つり、ペットボトルボーリング、輪投げ、折り紙…いろんなコーナーをまわって一緒に遊びを楽しみました。はじめはお互いに緊張して固かった表情も時間がたつにつれ、少しずつほぐれていきました。

IMG_2929

星組の子どもたちは5年生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちにたっぷりと遊んでもらったことが、とても楽しかったようです。ふだんは幼稚園の中で一番年上、頼られる存在の星組ですが、この日は5年生にたっぷりとあまえさせてもらっていました。

IMG_2931

5年生にとっても5つ年下の星組の子どもたちを迎えいっしょに遊んだことは、とてもいい経験になりました。かがみこんで「つぎ、何して遊ぶ?」「作ってあげるね」「トイレ大丈夫?」とぎこちなさもありながら、ていねいに声をかけている5年生の姿が頼もしく感じられました。

IMG_2938

終わりの会では代表の子どもたちが星組からは、たくさん出てきてくれました。「いっしょに遊んでくれてありがとう」「たくさん遊べて楽しかったよ」と話してくれました。帰りはお互いに手を振りながら笑顔で”さよなら”。「またいっしょにあそぼうね!」と6月に行う2回目の交流会を楽しみにすることができました。

IMG_2948

異年齢の子ども同志が関わる取り組みは鶴幼でも鶴小でも大事な機会としてカリキュラムにも位置づいていますが、園・学校をこえる取り組みとなるとなかなか気軽に行えず、回数も限られます。それだけに子どもたちが楽しめたこと、次が楽しみになったこと、よかったなあと思います。どこかでペアの子に偶然、会えた時に「○○ちゃんだ!」と言って手を振って笑い合えたらいいなあと思います。

和光鶴川幼稚園 園長 大野裕一

新しい一年の始まりに 入園式 式辞

ブログ担当 全園, 園長ブログ

2022年度が始まりました。
4月12日には入学式が行われ新入生の子どもたちが入ってきました。
園長として以下のような挨拶を行いました。

新しく和光鶴川幼稚園にはいってきた花組・月組のみなさん、入園おめでとうございます。わたしは園長先生で、大野といいます。みんなは、「おの先」とか「くまちゃん」って呼んでいます。みんなもそう呼んでね。みんなは幼稚園で何が楽しみかなあ、楽しみなことってなあに?幼稚園ではね、どろだんごをつくったり、すなばで山をつくったり、ボールで遊んだり、いろんな遊びをいっぱいすることができるよ。となりにある「かざみどりのおか」には、お花がいっぱいさいているし、畑で野菜を育てて食べたりするよ。お弁当を持って大きな公園に遠足にも行くよ。たくさん遊べるから楽しみだね。お友達もたくさんできるよ。こまったときや泣きたくなっちゃったときは、ここにいる先生たちや月組や星組の人が助けてくれるから安心してね。和光鶴川幼稚園には楽しいことがいっぱいあるよ。みんなも楽しいことをいっぱい見つけて、お友達とたくさん遊んでくださいね。 今度はおうちの人にお話するね。
本日はご入園おめでとうございます。お子さんの人格形成の基礎となる大事な幼児期の教育に、私ども和光鶴川幼稚園を選んでいただき心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
コロナの影響で、この約2年間は、いろいろな対策を講じながら何とか子どもの“楽しみ”を保障すべく遠足や運動会、星組の合宿などの教育活動を行ってきました。今年度も引き続き対策を講じながら何とか子どもたちの“楽しみ”を保障すべく保育を進めていきたいと考えています。まだまだ気が抜けない状況が続き、いろいろとご不便をおかけすると共に、ご協力をお願いしなければならないこともありますが、どうぞよろしくお願いいたします。私どもの園は、子どもを真ん中に親と教師で創る園です。親和会活動や様々な活動にも参加していただき、保護者の皆様も和光鶴川幼稚園での生活をたっぷり楽しんでください。子どもたちと共にみんなで楽しみながら、日々の教育作りを進めていきましょう。 そして子どもたちの成長をいっしょに見守っていきましょう。どうぞよろしくお願いします。
 それじゃあまたいっぱい遊ぼうね、おの先の話を終わります。

新しい友だち、新しい先生、新しい幼稚園・・・ひとつひとつのことがすべて初めてでまだまだ慣れないことばかりですが、ゆっくりと時間をかけて少しずつ新しい生活に慣れていければ、と願っています。
           園長 大野裕一
P4120029

P4120023

親も子どもも笑顔があふれた冬まつり・歌の会

ブログ担当 園長ブログ タグ: , , ,

12月4日(土)この日は星組を中心とした3回目の歌の会、冬まつりが行われました。

IMG_2094

今年はコロナ感染対策として歌の会を3回に分けて行いました。年少の花組をメインにした会、年中の月組を中心とした会、そしてこの日は年長の星組を中心とした3回目の歌の会でした。歌う歌も子どもたちの気持ちを考え、その都度少しずつ変化をつけながら毎回同じではない工夫が凝らされました。

IMG_2053

当日の子どもたちの歌声は見事でぐっと胸に迫るものでした。「自然と涙が出てきてしまって…」「涙なしには見られませんでした」何人ものお母さんから声をかけられました。全園児で歌う「パレード」最後に歌う「たのしいね」は自然とみんなの顔がほころびました。

IMG_2088

後半は園庭に全員が出て、冬まつり。オープニングは20人を超えるお父さんたちの「お父さん太鼓」大きな太鼓が並び大迫力の演奏でした。コロナ禍で練習もままならなかったと思いますが、素晴らしい演奏でした。「パパ~!」「かっこいいー!」子どもたち、お母さんたちの大きな拍手と声援が飛びました。

IMG_2071

続いて“こまのたけちゃん”のパフォーマンス、絶妙の語り口と見事な技で見ている子どもたち、親たちの心をつかんで離しません。あっという間に時間が過ぎてしまいました。「アンコール」に何度も応えてくれました。パフォーマンスの後は、園児たち全員にコマのプレゼント、みんなでコマ回しに挑戦しました。たけちゃんも残って子どもたちにアドバイスしてくれました。

IMG_2079

今年はなかなか行事で親子が一緒になって楽しむ機会が持てませんでした。それだけに冬まつり、歌の会でみんなが集い、笑顔になるこの時間がとても貴重なものに感じられました。

和光鶴川幼稚園 園長 大野裕一

「やったあ!のぼりきったよ!」星組の“がけのぼり”

ブログ担当 せんせいブログ, 全園, 園長ブログ, 星ぐみ タグ: , , , , ,

毎年、この時期になると年長・星組の子どもたちは小野路城址付近に遠足に行きます。今年は私も初めて引率で同行しました。秋の紅葉がとてもきれいな中、畑の広がる雑木林の道を登っていきます。途中、牛小屋があり、何とも言えないにおいがただよってきます。「くさーい」マスクの上から子どもたちが鼻をつまんでいます。大きな牛がべろべろ舌を出しながら子どもたちを出迎えてくれました。「あっ、草食べた」「牛に乗ってみたい」「大きいなあ」ここに来なければ経験できないことです。
IMG_1739

IMG_1740
しばらく歩いて目的地の祠に到着。荷物を置いて、この日のメインである“がけのぼり”に挑みます。先生からの注意の話も待ちきれず、どんどん子どもたちが前のめりになります。コースは“ちょっと楽なコース”“難関コース”“超難関コース”“超・超難関コース”の4コース。「登り始めていいよ」の先生の声と同時に子どもたちが“難関コース”に挑み始めます。ズルズルと滑り落ちてしまう子もいます。はじめは意気込んで登り始めた子も「おのせん、助けて~」。何回も挑戦しているうちにコツを覚え、自分でどんどん登り始めます。そのうち“超難関コース”にも挑戦する子が次々と出てきます。根っこをつかみ、足を踏ん張り、体を持ち上げ・・・上まで先に到達した子どもたちからは「○○くん、がんばれー!」と励ましの声がかけられます。声援に後押しされ子どもたちがどんどん難関をクリアしていきました。何回も繰り返しているうちにひと休みという感じで“ちょっと楽なコース”にも子どもたちが流れていきます。
IMG_1778
お弁当前、Kくんが“超・超難関コース”に挑みました。ほぼ垂直、クライミングのようなコースです。見た目からして難しい、誰も挑戦していないコースです。大人の補助なしには危ないので私は下で安全確保、上では小西先生が待ち構えます。一歩一歩、慎重に手足をかけながらの挑戦でした。最後に手で体を持ち上げて成功!Kくんが「やったあ!のぼりきったよ!」自信に満ちた顔でお弁当の用意を始めていた他の子どもたちに報告します。「すごいね!」周りの子もKくんに声をかけます。Kくん、誇らしげにうなずいていました。
IMG_1803
お弁当後、我も我もと“超・超難関コース”に並び始めました。安全確保のため一人ずつ登っていきます。目の前の絶壁を見て「やっぱりやめる」と断念する子もいました。それでも「挑戦したい」という子のほとんどが登りきることができました。全員が“難関コース”を自分の力でクリアすることができました。十回以上挑戦した子もいました。帰るときには「くたくた」「もう疲れて歩けない」という声も届くほどでした。
IMG_1821
転んだ子、すりむいた子、すべって泥だらけになった子・・・いろいろですが、こういう経験が原体験として子どもに残っていくこと、すごく大事だなあと思います。登りきってうれしかった体験も、うまく登れず悔しかった体験も、すべって怖い思いをした体験も、(大きな牛との出会いも)すべてが貴重な体験として子どもに残るだろうな、と感じた一日でした。
                        和光鶴川幼稚園 園長 大野裕一

雲一つない秋晴れの中、子どもたちの姿に元気をもらう!

hkimura 園長ブログ タグ: ,

IMG_0712幼稚園の運動会が10月24日(日)和光鶴川小学校のグランドで行われました。コロナの影響で外部の方の参観は遠慮していただきましたが大勢の家族の方が見守る中、子どもたちは元気いっぱいの姿を見せてくれました。

前日の準備には多くのお父さんお母さんたちがお手伝いに訪れ予定を大幅に短縮する時間で準備を進めることができました。「明日の運動会、楽しみですね」「泣いちゃうかもしれません」「運動会開催していただきありがとうございます」…多くの親御さんから声をかけられました。

当日は雲一つない秋晴れ!子どもたちは、ちょっと緊張した面持ちながら家族の姿を見ると「パパ~」「ママ~」と手を振ります。「あそこにパパがいるよ。あの赤い服着た…」と指をさして教えてくれる子もいます。

はじめの会では、距離を置き、マスクをしながらも子どもたちの元気な歌声が響きました。競技が始まり自分の出番を待つ子どもの表情は、緊張と楽しみが入りまざって複雑、気持ちが高ぶりすぎて落ち着かない子もいます。出番を待つ姿に心が揺さぶられました。

花組(3歳児クラス)の「ひっこしおに」4月に入園したばかりの頃は、ことばをほとんど発しなかったAちゃんが「つかまっちゃったあ」と笑顔で鬼の帽子をかぶります。月組(4歳児)の「しっぽおに」取ったしっぽをかかげる姿が誇らしげです。2回とも赤チームの勝ちでしたが差はわずか、2回目はなんと1本差でした。星組(5歳児)のリレーは圧巻。最後のアンカーまで勝負がわからない僅差でした。IMG_0808

PA240167

最後は荒馬、花・月・星の順番で「ラッセラー、ラッセラー」の元気なかけ声で力いっぱいの踊りを見せてくれました。保志副園長の太鼓、お母さんたちの笛のお囃子、子どもたち・おうちの人たち・先生たちのかけ声で会場が一つになります。IMG_1031

IMG_1133

IMG_3266

終わりの会では「もっとやりたい」「もう一回やりたい」と子どもたちの声が届きました。子どもが集まり、おうちの方が集まり、先生たちも一緒になって運動会をつくることができました。

子どもたちが見せる姿…泣いたり、悔しがったり、緊張したり、喜んだり…いろいろな表情、力いっぱいの演技に元気をいっぱいもらいました。親御さんやご家族の子どもたちをみる優しいまなざし、すてきでした。やっぱり運動会はいいなあと思える一日でした。

新年度のはじまりにドキドキ、ワクワクするって、いいなあ

ブログ担当 全園, 園長ブログ

新年度が始まりました。始業式のために集まった子どもたちの元気な声が体育室に響きます。一つ上のクラスになりドキドキする気持ちとワクワクする気もちが両方あるのでしょう。何となく落ち着かない様子です。私も初めて幼稚園の子どもたちとの出会いです。子どもと同じように心臓バクバクで落ち着きません。

退職した加川先生の挨拶、続いて保志先生の紹介「新しい園長先生です。」いっせいに子どもたちの視線が私に集まります。「だれ?」「どんな人なの?」…「新しく園長になった大野です。ある動物に似ているって言われていたけど何だかわかる?」「オオカミ?」(大野だからか!)「ライオン?」…一生懸命考えてくれました。「くまだよ!」さっそく「くまちゃん」「おのせん」って呼んで手を振ってくれました。

続いて担任の先生の発表“ジャカジャカジャカジャカジャーン”先生たちが立ったり座ったりしながら最後に担任の先生だけが立つという発表です。子どもたちの笑顔がはじけます。ホッとしてさっそく担任の先生に抱きつく子もいました。

子どもはもちろん教師もドキドキしながら始業式を迎えます。始業式後のクラス指導では園庭で紙飛行機を飛ばしたり体育室で新しい歌を歌ったりしながら新しいスタートをきっていました。

一つ上のクラスになり、新しい担任の先生と過ごした新年度の一日目、子どもたちはドキドキやワクワクがいっぱいあったと思います。新しいことが始まる時のドキドキ、ワクワク、心が動くってすてきだなあと子どもたちを見ていて思いました。

s-P4080503

s-P4080534

園長ブログ③~算数の芽・数学の種①~

せんせいブログ, 全園, 園長ブログ

『風緑通信』

                      和光鶴川小学校幼稚園校園長 加川博道

『算数の芽・数学の種(たね)』①

 <「1,2、」の次は「いっぱい」;3歳児の4月>

 教員生活35年目にして初めて幼稚園教師兼務となりました。毎日が楽しい発見の連続です。このシリーズでは、幼稚園と小学校の子どもたちの場面から、私が長年かかわってきた「算数・数学」教育の視点で切り取ってみたいと思い立ちました。よろしくお付き合いください。第1弾は…?

 入園したての3歳児「花組」のO君。玄関で何やら見上げて数えています。目の前に並んでいたのは職員の先生たちのタイムカードでした。「1,2、…1,2、…1,2…」。そばにいたお母さんが言います。「この子3以上はいっぱいって言うんです」。

何と衝撃的な場面でありましょう! それはまさに原始、人が数を数えはじめた時と同じ数え方ではありませんか‼ 「1、2」の次は「いっぱい」。その原始の「2進法」の名残は「ひとつ、ふたつ」の次が「みっつ(=満つ;いっぱい)」であり、「ONE,TWO」の次が「THREE(=THROUGHと同じ語源;突き抜ける)」であることや、漢字の「川」「森」が「3本の流れ・3本の木」で「たくさん」を表現していることなどに見て取れます。古代ギリシャでは「1」を「単数」、「2」を「双数」と呼び、「3以上」を「複数」としたそうです。考えてみれば「2」という数は人間の体の各部位から容易に認識できそうです。「雌雄・男女」の区別も同様でしょう。まさに「3」の認識こそが数の一般的理解につながるものだったのです。

ですから小学校1年生ではじめて習う数は「3」になっています。タイル□□□を黒板に貼り、ビニール袋を渡して「これと同じだけのものを探してきてね」と呼びかけます。学校中に散った子どもたちはやがて「エンピツ」「小石」「はっぱ」「木の枝」、さらには「少しの水が入った袋=『ぽた、ぽた、ぽたって水を入れた』」「膨らんだ空の袋=『フーフーフーってした』」などなど、大人の発想を超える思い思いの「□□□と対応するもの」を見つけてきます。黒板の前は豊かな□□□のものでいっぱいです。それを受けて「これをみんな『さん』っていうんだよ。こう書くよ」と初めての数字「3」を教えるのです。

「3歳児の4月」の数認識は、3年かけて「現代」とつながります。幾種類もの「□□□」を見つけられる、その土台になる豊かな数量体験を幼稚園でたくさん潜らせてあげたいとあらためて思うのでした。

園長ブログ②~一生に一度の入園式・入学式~

せんせいブログ, 全園, 園長ブログ

『風緑(かざみどり)通信』

               和光鶴川小学校幼稚校園長 加川博道

「一生に一度の入園式・入学式」

4月12日、今年も無事に幼稚園・小学校の入園式・入学式が終わりました。

「今年も」とつい書いてしまいますが、それは迎える側の理屈で、入園・入学のお子さんとそのご家族のみなさんにとっては「一生に一度の」式なのだということをあらためて思います。その思いを受け止めて、幼稚園でも小学校でも、各学年の子どもたちがそれぞれに準備をして式に臨みました。

幼稚園の年長・星組さんはみんなで新しい友だちを迎える言葉を考えました。「すなばでいっしょにあそぼうね」「けがをしたらいってね。しょくいんしつにつれていってあげるよ」など、何人かの子たちが声をそろえて順番に伝えます。最後の言葉は「いっしょにいきていこうね」。そうなのだ、幼稚園は花組・月組・星組のみんながともに生きる場なのだ。そこに今日から迎える新しい友だち。自分たちも1年お兄さんお姉さんになったという、新鮮な思いが伝わってくるのでした。

小学校でも2日かけて各学年が準備。最も緊張していたのは6年生でしょう。担当の新入生を玄関で迎え、教室まで案内し、ランドセルのしまい方を教え、時間まで折り紙をしたり絵本を読んであげたり共に過ごします。そして、体育館には手をつないでいっしょに入場。ステージに設けられたひな壇のいすに案内し、お仕事終了。アリーナの自分の席に戻る際の「ほっとした表情」がほほえましい。

2年生は言葉を考えメッセージカードを書き、3年生はプレゼントの「割りばしでっぽう」を作り・・・と、各学年の仕事をする中で、自然に子どもたちは、こんな風に迎えられた自分の入学式のことを思い出します。入学式当日の、新入生を迎える在校生の暖かい雰囲気はそうやって育まれるのです。

3月に卒業生を送り出したばかりの子どもたち。未来に羽ばたく卒業生を見、こうして新入生を迎え、子どもたちは入学式に自分たちの「来し方」を思い、卒業式に「行く末」を見ているのかもしれません。

園長ブログ①~創造力につながる学力を~

せんせいブログ, 全園, 園長ブログ タグ:

『風緑(かざみどり)通信』

               和光鶴川小学校幼稚校園長 加川博道

      「創造力につながる学力を」

 和光鶴川幼稚園のとなり、800坪に広がる原っぱ「風緑の丘」に、今年も春がやって来ました。私も校園長として2年目を迎えます。

昨年度は教員になって初めての幼稚園生活。たくさんの驚きと学びがありました。その筆頭は何といっても「自然の中の本物の体験」。春のイチゴ摘みに始まり、何度も出かけた野津田公園遠足、そして日々の「風緑の丘」での自然体験。虫取り・草花摘み・かけっこ・おにごっこ、畑にはかぶ・だいこん・さつまいもを植え、収穫して食べる、冬には自然になっているみかんの木からみかん狩り・・・などなど、幼児期の体験は「狩猟・採集の時代」「農耕の時代」という「人類の体験」を繰り返すことが大事なのだ、それでこそ個の人格の太い幹が育つのだとつくづく実感したのです。それはさらに、教師と子ども、子ども同士の豊かな「対話」により、より高い認識につながっていきます。「体験と対話による教育」、小学校の生活べんきょうや総合学習、そして教科学習にも通じる、ともに大事にしているものが見えました。これこそ「和光鶴川の教育」と納得したものでした。

 小学校でも、1月の公開研究会を目指して、「道徳教育」「英語教育」「アクティブ・ラーニング」という、2020年からの文科省・新指導要領の目玉ともいうべき分野で研究を重ね、私たちの考える実践を発信していきました。大きな成果があったと思っています。

 共通しているのは、やはり教育には「子どもの主体性が大事だ」ということ。それがなくては本当の子どもの学力・力にはなりません。それぞれの学習に主体的に参加しているからこそ、それぞれの学びが子ども一人ひとりの中でつながり、融合し、人格形成に至るのです。ある卒業生のお母さんが語った言葉です。「今年大学に入りましたが、大学の授業が楽しいそうです。こっちで浮かんだ疑問がこっちで解決するというんです。ですが周りの友だちは『覚えることが多くて大変だ』といっているそうです」。「覚える学力」か「つなげて考える学力」か、「創造力につながる学力」はどちらなのかはおのずと明らかです。その土台に「やってみたい」「楽しかった」という「豊かな体験」が欠かせないとあらためて思うのです。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る