星組 陶芸体験

ブログ担当 せんせいブログ, 星ぐみ タグ:

毎年、幼稚園に来てくださっている陶芸家の衛藤信恭先生が、

卒業する星組の子どもたちのために、陶芸を教えてくれました。

今年はコロナ禍で諦めていたのですが、

「どうしたら実現できるか?を考えることが大事」と衛藤さん。

感染対策と工夫をして、1クラスごとに行いました。

P3050076

「自分で使う、自分のためのお皿だよ。

どんな料理をのせたいか、考えてみて。」

P3120014

ひんやり冷たい粘土のかたまりを

拳や手のひらで叩いてのばします。

P3050099

ベチン、ベチン!一生懸命叩いています。

P3050122

「手が痛くなっちゃったよー」

P3050124

伸ばしたら、竹串で好きな絵を描いたり…

P3120047

好きな形に成形したり…

P3050149

違う色の粘土で、飾りを付けたり…

P3120072

それぞれの思いがあふれる作品が出来上がりました。

P3050141

「このお皿で何を食べようかな?」

P3050148

お皿の中に何の生き物がいるのかな?

 

午後は、ろくろの体験です。

P3120092

衛藤さんの手の中で、あっという間に器が出来上がります。

「魔法使いみたい!」

P3050220

子どもたちも一人ずつ体験させてもらいました。

P3120112 (1)

くすぐったくて思わず笑みがこぼれます。

P3120127

実際にやってみると、衛藤さんのように器の形にするのは

とても難しいことがわかりました。

「衛藤さんってすごいなぁ!」

憧れのまなざしで衛藤さんの手を見つめる子どもたちでした。

 

お皿は、衛藤さんが工房で焼いてくれます。

子どもたちが1年生になって夏休み前あたりに、

幼稚園に取りにきてもらうことにしました。

どんなお皿に仕上がってくるか、楽しみです。

 

衛藤さん、素敵な出逢いと体験をありがとうございました。

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る