和楽器

朝の集会(尺八とお琴)

ブログ担当 全園 タグ: , , , , ,

今日の朝の集会では、尺八とお箏の演奏を聴かせていただきました。

DSC_0040

尺八の渡辺 淳さんです。

美しく澄んだ尺八の音色が体育室に響き渡りました。

冬休みにどこかで聞いたのか、

子どもたちから「あ!お正月の音楽だ」という声が聞こえてきました。

『キビタキの森』という曲は、キビタキ(鳥)の鳴き声や動きが

尺八の音から伝わってくるようで、

子どもたちからクスクスと笑い声も。

DSC_0044

じっと食い入るように見つめています。

DSC_0047

渡辺さんの真似をして、尺八を吹く月組の子ども。

DSC_0057

3台のお箏の演奏もとても素敵でした。

絃の数やお箏の大きさによって音色が違うのですね。

DSC_0052

DSC_0051

尺八とお箏の説明もしてくださいました。

DSC_0054

そして、音楽と共に『花さき山』の朗読を

DSC_0055

語りは、堀先生と小西先生!

いつもとちょっと違う先生を見られて、子どもたちもうれしそうでした。

DSC_0060

終演後は、鶴幼の子どもたちのお得意な(!?)感想・質問コーナー。

DSC_0065

「お箏は何本弦があるの?」

DSC_0070

「山姥のところも怖くなかったよ」

DSC_0071

「尺八はどうして音が出るの?」

…次から次へと、伝えたいことや聞きたいことが出てくる

和光鶴川幼稚園の子どもたち。

DSC_0073

子どもたち一人ひとりの質問に、丁寧に答えてくださいました。

DSC_0080

お箏の絃をよく見せてもらったり

DSC_0087

象牙で出来ているというお箏の爪を見せてもらったり

DSC_0079

尺八を触らせてもらったり…

 

和楽器に触れる、とても貴重な機会になりました。

渡辺さんとお箏の皆さん、本当にありがとうございました。

 

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る