園長ブログ

「またいっしょにあそぼうね!」星組と5年生の交流

ブログ担当 園長ブログ, 星ぐみ タグ: , , ,

幼稚園・星組(年長)の子どもたちと小学校5年生の交流が今年も鶴小で行われました。前日から準備をして待っていた5年生は小さな星組の子どもたちを緊張しながら迎えました。幼稚園から「たのしみ~」と笑いながら歩いてきた星組の子どもたちもペアの5年生との出会いの場面では緊張した顔でした。

IMG_2924 IMG_2932

5年生が準備した遊びのコーナーと読み聞かせ用の絵本。魚つり、ペットボトルボーリング、輪投げ、折り紙…いろんなコーナーをまわって一緒に遊びを楽しみました。はじめはお互いに緊張して固かった表情も時間がたつにつれ、少しずつほぐれていきました。

IMG_2929

星組の子どもたちは5年生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちにたっぷりと遊んでもらったことが、とても楽しかったようです。ふだんは幼稚園の中で一番年上、頼られる存在の星組ですが、この日は5年生にたっぷりとあまえさせてもらっていました。

IMG_2931

5年生にとっても5つ年下の星組の子どもたちを迎えいっしょに遊んだことは、とてもいい経験になりました。かがみこんで「つぎ、何して遊ぶ?」「作ってあげるね」「トイレ大丈夫?」とぎこちなさもありながら、ていねいに声をかけている5年生の姿が頼もしく感じられました。

IMG_2938

終わりの会では代表の子どもたちが星組からは、たくさん出てきてくれました。「いっしょに遊んでくれてありがとう」「たくさん遊べて楽しかったよ」と話してくれました。帰りはお互いに手を振りながら笑顔で”さよなら”。「またいっしょにあそぼうね!」と6月に行う2回目の交流会を楽しみにすることができました。

IMG_2948

異年齢の子ども同志が関わる取り組みは鶴幼でも鶴小でも大事な機会としてカリキュラムにも位置づいていますが、園・学校をこえる取り組みとなるとなかなか気軽に行えず、回数も限られます。それだけに子どもたちが楽しめたこと、次が楽しみになったこと、よかったなあと思います。どこかでペアの子に偶然、会えた時に「○○ちゃんだ!」と言って手を振って笑い合えたらいいなあと思います。

和光鶴川幼稚園 園長 大野裕一

親も子どもも笑顔があふれた冬まつり・歌の会

ブログ担当 園長ブログ タグ: , , ,

12月4日(土)この日は星組を中心とした3回目の歌の会、冬まつりが行われました。

IMG_2094

今年はコロナ感染対策として歌の会を3回に分けて行いました。年少の花組をメインにした会、年中の月組を中心とした会、そしてこの日は年長の星組を中心とした3回目の歌の会でした。歌う歌も子どもたちの気持ちを考え、その都度少しずつ変化をつけながら毎回同じではない工夫が凝らされました。

IMG_2053

当日の子どもたちの歌声は見事でぐっと胸に迫るものでした。「自然と涙が出てきてしまって…」「涙なしには見られませんでした」何人ものお母さんから声をかけられました。全園児で歌う「パレード」最後に歌う「たのしいね」は自然とみんなの顔がほころびました。

IMG_2088

後半は園庭に全員が出て、冬まつり。オープニングは20人を超えるお父さんたちの「お父さん太鼓」大きな太鼓が並び大迫力の演奏でした。コロナ禍で練習もままならなかったと思いますが、素晴らしい演奏でした。「パパ~!」「かっこいいー!」子どもたち、お母さんたちの大きな拍手と声援が飛びました。

IMG_2071

続いて“こまのたけちゃん”のパフォーマンス、絶妙の語り口と見事な技で見ている子どもたち、親たちの心をつかんで離しません。あっという間に時間が過ぎてしまいました。「アンコール」に何度も応えてくれました。パフォーマンスの後は、園児たち全員にコマのプレゼント、みんなでコマ回しに挑戦しました。たけちゃんも残って子どもたちにアドバイスしてくれました。

IMG_2079

今年はなかなか行事で親子が一緒になって楽しむ機会が持てませんでした。それだけに冬まつり、歌の会でみんなが集い、笑顔になるこの時間がとても貴重なものに感じられました。

和光鶴川幼稚園 園長 大野裕一

園長ブログ①~創造力につながる学力を~

せんせいブログ, 全園, 園長ブログ タグ:

『風緑(かざみどり)通信』

               和光鶴川小学校幼稚校園長 加川博道

      「創造力につながる学力を」

 和光鶴川幼稚園のとなり、800坪に広がる原っぱ「風緑の丘」に、今年も春がやって来ました。私も校園長として2年目を迎えます。

昨年度は教員になって初めての幼稚園生活。たくさんの驚きと学びがありました。その筆頭は何といっても「自然の中の本物の体験」。春のイチゴ摘みに始まり、何度も出かけた野津田公園遠足、そして日々の「風緑の丘」での自然体験。虫取り・草花摘み・かけっこ・おにごっこ、畑にはかぶ・だいこん・さつまいもを植え、収穫して食べる、冬には自然になっているみかんの木からみかん狩り・・・などなど、幼児期の体験は「狩猟・採集の時代」「農耕の時代」という「人類の体験」を繰り返すことが大事なのだ、それでこそ個の人格の太い幹が育つのだとつくづく実感したのです。それはさらに、教師と子ども、子ども同士の豊かな「対話」により、より高い認識につながっていきます。「体験と対話による教育」、小学校の生活べんきょうや総合学習、そして教科学習にも通じる、ともに大事にしているものが見えました。これこそ「和光鶴川の教育」と納得したものでした。

 小学校でも、1月の公開研究会を目指して、「道徳教育」「英語教育」「アクティブ・ラーニング」という、2020年からの文科省・新指導要領の目玉ともいうべき分野で研究を重ね、私たちの考える実践を発信していきました。大きな成果があったと思っています。

 共通しているのは、やはり教育には「子どもの主体性が大事だ」ということ。それがなくては本当の子どもの学力・力にはなりません。それぞれの学習に主体的に参加しているからこそ、それぞれの学びが子ども一人ひとりの中でつながり、融合し、人格形成に至るのです。ある卒業生のお母さんが語った言葉です。「今年大学に入りましたが、大学の授業が楽しいそうです。こっちで浮かんだ疑問がこっちで解決するというんです。ですが周りの友だちは『覚えることが多くて大変だ』といっているそうです」。「覚える学力」か「つなげて考える学力」か、「創造力につながる学力」はどちらなのかはおのずと明らかです。その土台に「やってみたい」「楽しかった」という「豊かな体験」が欠かせないとあらためて思うのです。

和光学園を支えてくださる方に寄付をお願いしています。

くわしく見る