和光学園における「個人情報」の取り扱いに冠する基本方針(2005年4月1日)

2005年4月1日

学校法人 和光学園

学校法人和光学園は、その開学当初から、『子ども』たちの「人格陶冶」を学園の基本精神として掲げ、児童・生徒、親、教師のそれぞれの立場や発意を大事にする「三位一体」体制に基づく運営をその本旨としてきました。その後,中規模の総合学園に発展した後も、構成員それぞれの人格を尊重し、その妨げとならないように関係者に関する個人情報の収集・保管・利用にあたっても最大の注意を払ってきたという経緯があります。

こうした基本姿勢は、先に「個人情報保護に関する法律」が制定され、その中の「(学校を含む)個人情報取り扱い事業者の義務等」の施行に伴い、全面的な実施に移される状況に至っても当然保持されるべきものと考えていますが、改めて、その拠り所として「学校法人和光学園 個人情報保護に関する規定」(以下、「規定」と称す)を制定し、その基本方針を明らかにすると共に、これまで以上に個人情報保護の重要性を深く認識し、個人情報の取り扱いに伴う個人の権利・利益を損なうことの内容適切な措置を講じることを再確認するものです。

なお、「規定」全文は本サイトを通じて閲覧・入手することができますが、その主要な点を列記すれば以下の通りです。

  1. この規定における「個人情報」とは、「現在及び過去における、本法人が設置する学校の学生・生徒・児童及び保証人・保護者」(つまり、在校・在学生、卒業生と、その保証人・保護者)、「本法人が設置する学校の教育を受けようとする者」(つまり、入学、入園を希望する方々)の他、「役員、教職員、その他本法人に関わるもの」について、本法人が必要に応じて職務上取得または作成した個人に関する情報で、特定の個人の識別が可能となる情報をさします(「規定第2 条」)。
  2. 「個人情報」の収集は、本法人の業務に必要な範囲において、利用目的を明確に定め、目的の達成に必要な範囲に限定して行なうこととし、止むを得ず利用目的を超えて利用するときは、原則として本人の同意を得ることとしています(「規定」第5,6条)。
  3. 具体的な個人情報に関する「個人情報管理者」は各本属長(学長、校長、幼稚園長)とし、それぞれの部署における個人情報の収集、利用、管理及び保存、ならびに開示及び訂正の請求に対し、適正に対処する責務を負うこととしています(「規定」第4条)。なお、ここに言う「開示、訂正」に関する用件や必要な手続きについては「規定」第9,10,11条により定められています。

以上