月別: 2020年5月

学校再開にあたって

Web担当UR お知らせ タグ:

和光生のみなさん、保護者のみなさま
 
いよいよ、来週より学校再開になります。この間、家庭で十分とは言えない状況の中での学習となり、きっと大変だったことでしょう。学校に登校して、みんなと顔を合わせて学ぶこと、過ごすことの意味を改めて感じた人もたくさんいることと思います。
学校再開にあたっては、新型コロナウィルスによる感染症を広げないということを第一に学校活動を考えていなくてはなりません。そのためには、生徒のみなさんにも毎朝必ず健康観察表に記入してもらう、半日の活動が終わるごとに教室を消毒する(これは教職員で行います)などの対策が必要となります。生徒の皆さんにお願いしたい具体的なことは案内が別に届くので(中学校は特設サイト5月29日掲載の「特別期間」の生活の手引、高校は5月29日配信のマチコミをご覧ください)、よく理解して必要な行動を行うようお願いするものです。そのことが、学校生活・社会を早く日常に戻すうえで重要な一歩になります。そして、新型コロナウィルスの再流行を防ぐ上でもカギになります。
感染症の広がりが今後どうなっていくかを踏まえて、これからの具体的な日程、そして、行事ができるかどうか、について判断していきますが、やはり先行きは不透明だと言わざるを得ません。さまざまな決定が急に行われたり、予定が変わったりということが今後もあり得ると理解しておいて欲しいと思います。1学期の予定については、学校で生徒のみなさんに直接お知らせします。
それでは、登校日に生徒のみなさんと会えることを心より楽しみにしています。
 
和光中学・高等学校長 橋本 暁

始業日および入学式について

サイト管理者 お知らせ タグ:

2,3年生始業日のお知らせ

東京都の緊急事態宣言解除を受け、和光高校も学校を再開いたします。学校としましては、感染症対策を行いながら、下記の日程で始業いたします。詳細については、保護者はマチコミ、生徒はClassroomを通じてお知らせしますのでご確認ください。

期日:6月2日(火)
2年生
1組〜4組 13時30分より 第一体育館
5組〜7組 14時05分より 第二体育館

3年生
1組〜3組 9時30分より  第一体育館
4組〜6組 10時05分より 第二体育館

 

 

入学式のお知らせ

東京都の緊急事態宣言解除を受け、和光高校も学校を再開いたします。学校としましては、感染症対策を行いながら、下記の日程で入学式を行います。詳細については、保護者はマチコミ、生徒はClassroomを通じてお知らせしますのでご確認ください。

期日:6月4日(木)
1組〜3組 10時より
4組〜6組 14時より

学校再開決定のお知らせ

Web担当UR お知らせ タグ:

525日首都圏での緊急事態宣言が解除され、都立高校の再開も決定いたしました。和光学園としても、高校以下各学校・各園で61日(月)から学校を再開いたします(高校のみ62日からとなります)。当面の間は分散登校・登園、時差登校・登園となります。詳しくは各校・各園より既にご連絡しているところです。ご確認ください。また、登校・登園時に健康観察を行いますが、体温・体調の記入などご家庭での健康管理に改めてご協力をお願いいたします。

和光学園校長会

和光学園休校園措置の延長について

サイト管理者 お知らせ タグ:

前回4月28日のお知らせで、和光学園高校以下幼稚園までの5月8日までの休校園をお伝えいたしました。同時に今後の対応について、東京都立高校及び神奈川県立高校の措置に準じて判断する旨をお知らせいたしました。本日、東京都立高校が5月31日までの休校を決定いたしましたので、学園としても5月31日まで休校園とすることと致します。

なお、現在の経済状況を見据え、毎年ご案内しております和光学園の奨学規程に基づく「和光奨学生の申請」について、その申請条件に新たに「コロナウィルス感染症の影響による家計急変」の項目を設け、あらためてご案内する所存であることをお知らせいたします。

2020年5月5日

和光学園校長会

忌野清志郎さん

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ:
image

4月21日の校長メッセージで、新聞記事を引用して、こんな時だから「好きな音楽を聴いて、人類には『不要不急』の活動がいかに大事かを再確認しよう」、「(音楽を聴きながら)、自分の気持ちを落ち着かせながら日々過ごすこともまた大事なこと」と皆さんに伝えた。
 

私が、自分が閉塞感にとらわれている時によく聴く曲に忌野清志郎さんの「Jump」という歌がある。もう亡くなってしばらく経つので、名前の読み方が分からない人もいるだろうか。「いまわのきよしろー」というロック歌手。この「Jump」の1番で「なぜ悲しいニュースばかり TVは言い続ける なぜ悲しい嘘ばかり 俺には聞こえる」と歌い、2番で「何が起こってるのか 誰にもわからない いい事が起こるように ただ願うだけさ」と続く。現在そのものの状況のように感じる。そして、サビのところに「Jump 夜が落ちてくるその前に Jump もう一度高くJumpするよ」という歌詞がある。諦めていないで、最後に悲惨なことになる前に、もう一度やってみようぜ、というメッセージに聞こえて、私はいつも励まされている。歌の力というものを実感するし、今も残っているミュージックビデオを見るとそこにもメッセージが込められているのを強く感じる。

 

忌野さんは、歌手には珍しく、必要なことにはおかしいと音楽を通じて訴える人だった。その彼の命日は5月2日。まだ58歳という若さだった。私はコアなファンという訳ではないけれど、毎年この季節には彼のことを思い出す。今年はとりわけ、もし忌野さんが生きていたらどんな歌を作っているのだろうか、と思わずにはいられない。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求