月別: 2022年1月

血液はなぜ固まるの?(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の生物では、3学期は恒常性をテーマに学習を進めています。今日は、血液凝固についてです。

血液凝固は、体内の酵素がはたらいて、血しょう中にフィブリンと呼ばれる繊維状タンパク質がつくられることを実験を通して学んでいきます。

IMG_0851 IMG_0852

血液は冷やした方が固まるのでしょうか?それとも温めた方が?

予想は冷やした方が固まるが多数派。さて、結果は・・。

IMG_0855

「え?試験管から血液が出て来ない!」「すごい!固まってる!」40℃に温めておいた血液はゼリーのように固まっています。予想とは違った結果に驚きながらも、「そうか、酵素か!」

2学期の酵素のはたらきの学習がよみがえり、冷やしてしまうと固まりにくくなることに納得の生徒たち。

IMG_0858

こちらがフィブリン。これらが、血液中の血球を集めて血餅(けっぺい)という塊をつくって破れた血管にフタをします。血餅が乾いたものが「かさぶた」となるのです。

~生徒の感想~

「けがをしたとき、かさぶたが勝手にできて傷がふさがることが当たり前と思っていたけど、細かい仕組みを正しく組み立てていき、トロンビンやフィブリンなど、1つ1つの物質がしっかりそれぞれの役目を行っているために結果的に傷がふさがって治ることに繋がっているのがすごいと思った。」

「実験を行って、血液には様々な物質が集まってできていて、どのような性質があるか、実際に実験してより理解を深めることができた。」

「血小板だけで傷口をふさいでいると思っていたので、傷口をふさぐだけでも、たくさんの工程があってそれが働いているからだと分かった。」

 

「世界を大いに盛り上げる3年生が地上絵を描く団」(特別講座)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ, 特別講座

3学期、授業がなくなった三年生は「こんなことをやりたい」と企画をもってきて、教員と共に講座を立ち上げます。今回は、2日間かけて地上絵の制作に取り組んだ講座を紹介します。
1日目、「監督」による主導で、まずは趣旨と役割分担。

役割分担

影が長く伸びる午前中、まずは幅50mある枠線の測量が始まります。

始動!

測量のアイデア出し合う

園児と「ヤッホー!」

隣接する園児や小学生からの「ヤッホー!!」に応答し、「誰ですか〜?」「何してるの〜?」のやりとりも楽しげです。2日目、本制作。

描き始める

地上絵の題材は、とあるアニメからの再現だとか。下描きは隣とのバランスを声かけ合いながら、ラインカーで描いていきます。

高2年生見にきてくれた

途中高校2年生も見にきてくれました。ありがとう!
そして完成〜!!

ドローンが上がる

情報科の教員による操縦で、ドローン撮影です!歓声が上がります。

集合写真は輪になって上空から

集合写真

輪になり、空へ向かっての集合写真。夕暮れ迫る長い影が、この場の雰囲気を伝えているようです。

小学校の屋上から望む

ありがたいことに、隣接する鶴川小学校の屋上から眺めさせてもらうことが叶いました。母校への思わぬ帰省の人もいる中、あぁ僕たち大人になっていくんだなと感じたかもしれません。
10.お疲れ様でした
さて、片付けまでが制作活動。消していきます。
11.消すの待って!心の準備がっ!
「消すのは待ってくれ、心の準備がっ…!」と縋り一同談笑。なんて和やかな現場。
12.惜しいけど消す
時間をかけて、みんなで描き、こんなにも大切なものになっていました。寂しいけど、更地に戻していきます。
13.最後にちょっと描くほど惜しい別れ
別れを惜しんでちょこっと描いて、この活動を終えました。

この2日間、日陰の水溜りには氷が張り、北風が吹き荒ぶ今年一番の寒さの中でしたが、メンバーが交わす、じわりと涙ぐむほど美しい言葉の数々に心はじんと温まるひとときでした。

「高校生のうちにこれができてよかった」(監督)
「みんな卒業してもこの思い出を持ち寄っていつまでも語らうんだろうなぁ、そんな現場を見れて幸せな担当者でした。とっぴんぱらりのぷぅ」

2年生に向けて選択講座どう選ぶ?

ウェブ担当SA 1年生, 教員ブログ タグ:
IMG_0865

和光高校は2年生から、1週間の中で月・火・木曜日の午後が選択授業になります。それぞれの曜日に10以上の講座が用意されています。

この日、1年生は3年生から、「当時どのような視点で講座を選んだのか」「何を大切に決断していったのか」お話を聞きました。

IMG_0866

「自分の好きなこと、やりたいことをまずは大切に」

「授業を受けるのは自分自身、親がアドバイスしてくることがあるかもしれないけれど、それは横に置いておいて考えて!」

研究旅行(A選択)での学びで大きな進路変更を決断しました」

様々な視点を投げかけてくれた3年生たち。1年生の講座パンフレットを眺める表情がグッと引き締まります。

IMG_0869

廊下には研究旅行の概要を写真で紹介したパネルが並びます。生徒たちは、休み時間を利用して「どうしようか~」と意見交換をしていました。たくさん悩んで、自分なりの選択ができますように。

IMG_0872

専門学校説明会がありました

Web担当UR 2年生, 教員ブログ, 行事 タグ: , , , ,

和光高校の2年生は3学期は来年度の選択授業を見据えて、進路の行事がたくさん始まります。

今日はその第1弾として、専門学校説明会が開催されました。

123

まずは大教室で、講師の方のお話を聞きます。

専門学校の仕組みや、受験方法、いつから準備をしたらいいのかなど、丁寧に説明を受けました。

全体会が終了した後に、それぞれの分野に分かれて話を聞きます。

45

用意された講座は全部で〇〇講座。多種多様な専門学校の方からの話を生徒も真剣に聞いています。

67

さらに廊下には専門学校のパンフレットや案内冊子などがたくさん置かれて、自分に必要な書類を選んでいました。

98

今回の説明会が、自分の進路について真剣に考える手助けになってくれればいいなぁと思っています。

席替えをしよう!

ウェブ担当SA 1年生, 教員ブログ
IMG_0819

3学期がスタートして、学級の自治活動も新たな運営体制(委員長、副委員長、書記)を決めて進めていきます。

この日、彼らは「席替え」をクラスに提案しました。和光高校では、定期テストの時には出席番号順に座ってもらいますが、通常の授業のときには、座席は生徒自治に委ねています。ですから、席替えをするタイミングも、その方法も彼ら次第です。

今回は「6班をつくって、どの班になるのかはクジ引き。その後、決まった班員の中で話し合いで場所を決める」に決まり、さっそくクジ引き・・と思いきや、ある生徒から「視力が低い等で、前の席が良いひとはどうすれば良いですか?」と質問が。

「その人たちは、事前に前の班である1・3・5班のクジの中から引いてもらうことにします。そして、その班の中での話し合いの際、考慮してもらってください。いいですか~?」

一同「いいで~す」

IMG_0818

『自分たちのことは自分たちで決める』席替えも大事な自治の1つですね。

自分で時間割をつくる!~選択講座説明会~

Web担当UR 2年生, 教員ブログ タグ: ,

毎年恒例の高校2年生向けの選択講座説明会が今年も行われました。

和光高校の3年生になると約80種類の授業の中から自分で選択し、オリジナルの時間割をつくることになります。

IMG_0699

自分の興味のあることから選ぶ人、進学を見据えて選ぶ人、将来自分に必要なものを選び誰一人として同じ取り方はないといわれています。

本日はその第一歩として、教室で担任から講座の取り方と注意点を聞いたあと、3年生の先輩からアドバイスを聞きました。

IMG_0692

「何を基準にして、決めたのか?」「決める際に失敗したことは?」「1年間授業を受けたうえでアドバイスは?」など、様々な視点からのアドバイスを3年生は語ってくれました。

IMG_0693 IMG_0696

先輩の話に2年生は真剣に耳を傾けていました。

将来の自分を考えながら、豊富な選択講座に目を輝かせている姿が印象的でした。

 

3学期がはじまりました

ウェブ担当SA 全校, 教員ブログ, 生徒会 タグ:
IMG_0811

3学期がはじまりました。

当初、体育館に1、2年生が集まり対面で行うはずだった始業式でしたが、感染状況を鑑みて各教室で実施しました。

モニター越しでしたが、校長先生からは学びについて、副校長先生からは感染対策について話がありました。

IMG_0812

また、3学期は生徒会の新執行委員会が本格的に始動します。2学期に全校投票で選ばれた執行委員は冬休みから会議を重ねているようです。始業式では、新執行委員長から、選挙に協力してくれたみんなへの感謝の言葉や「こういう社会状況だけれど、あきらめずに何ができるか、みんなで知恵を出し合って生徒会活動をつくっていきたい」と力強い呼びかけがありました。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求