行事

体育祭が無事、閉幕!

ウェブ担当SA 全校, 生徒会, 行事 タグ:
IMG_2500

例年とは異なる「コロナ禍の体育祭」を実施した生徒会。

「密を避ける」そのためにも応援は自クラスのみ、競技会場への移動にも細心の注意を払い、入口/出口を決め動線を周知、当日も実行委員が誘導。全校行事だけれど、午前と午後で登校するクラスが通常登校の半分になるように試合のスケジュールを組むなど、様々な工夫をして”実施する”ことにこだわった生徒たち。

4日間というスケジュールの中で感染対策の1つとして考えた1つひとつを貫徹していました。

本部:体育祭に関わる情報はここに集約される
本部:体育祭に関わる情報はここに集約される

IMG_2458

食堂前のスペースにはクラス毎に作成したTシャツの一覧が張り出されていました。「デザインを一から考えて決める」クラスにとって貴重な体験です。昨年度は作ることなく終わっていたので、3年生は特に完成を喜び合っていました。

IMG_2270

「じゃあ、背番号見せてくださーい!」実行委員が事前に提出してある出場選手名簿をもとに背番号で確認。さあ、試合!

サッカー
サッカー
バスケットボール
バスケットボール
サッカー
サッカー

審判も生徒で担う。まさに、生徒による手作りの体育祭。

バレーボール
バレーボール

IMG_2345

各試合結果は本部にある記録係のもとへ。全クラスから2名ずつ選出され4日間全試合の記録を正確に残していきます。

IMG_2500

例年とは違った形にはなりましたが、昨年度は中止となった体育祭。今年は「形にしたこと」が大収穫。生徒のみなさんお疲れさまでした!

 

 

体育祭へ向けて、今できることを・・

ウェブ担当SA 全校, 教員ブログ, 生徒会, 行事 タグ:
IMG_1983

毎年、5月中旬に開催している生徒会の2大行事の1つ「体育祭」。4日間を使って、クラス対抗の試合を進めていきます。クラスの中で、バスケットボール、バレーボール、サッカーを男女別につくって対戦します。

昨年度は中止となった体育祭、「今年度は何とか開催したい!」と感染症対策を一生懸命考えている生徒たちですが、緊急事態宣言下での開催は見送ることを決め6月の開催を目指しています。GWの前に競技会場の準備や、会場入りする選手の導線を確認することを大目標とするオープン戦を実施しました。

バレーの会場
バレーの会場
いろいろなところに掲示をしていました
会場のいろいろなところに掲示をしていました
女子サッカーの会場「長さ何mだっけ・・」
女子サッカーの会場「長さ何mだっけ・・」
導線が分かりやすくするための掲示も用意
導線が分かりやすくするための掲示も用意

密を避けるために、会場への入退場の導線を決めた生徒会。この日も、各ポイントで実行委員が呼びかけていました。「出口はこっちでーす!」

今は6月の実施ができるように祈りつつ、各クラスで「チームメンバーをどうやって決めるのか」、「クラスとしてどんな目標を掲げて体育祭に取り組むのか」など各クラス毎に話し合われているようです。

5月下旬にある中間テストの準備も忘れずにね!

体育祭に向けての準備が始まっています

ウェブ担当SA 全校, 教員ブログ, 生徒会, 行事 タグ:
IMG_1944

昨年度はコロナの影響で中止とせざるを得なかった体育祭。

今年度は、「コロナ禍での体育祭」として感染症対策をしながら、どんな体育祭なら実現が可能か、新執行委員会が立ち上がった昨年の12月から生徒会は考えてきています。学校とも協議をしながら、実施の方向を探っています。

IMG_1943

この日は、各クラスから選出された記録係のひとたちが集まって、対戦結果を書き込む用紙の作成をしていました。全校生徒による手作りの体育祭ならではの場面です。他にも保健係、会場係、セレモニー係などもあり、それぞれ本番に向けての会議を重ねているようです。

IMG_1945

体育祭は、クラス対抗で3つの競技(バレー、サッカー、バスケットボール)をそれぞれ男女でチームと作って対戦していきます。各クラス、オリジナルのTシャツづくりも進んでいます。

新型コロナウイルスの感染拡大が心配される中ですが、準備は進めていこうと前向きな生徒たちです。

第72回 高等学校入学式

Web担当UR 1年生, 教員ブログ, 校長ブログ, 行事 タグ: , ,

今年度の入学式が、9日に行われました。4月に生徒を迎えることができるのは、今年は特別に感慨深いことでした。式辞の中で引用しているブレイディみかこさんについて、別な投稿で著書について紹介しているので、そちらもご覧いただければ幸いです。

01 20180214g01

 

<校長式辞>

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。ようこそ和光高等学校へ。みなさんの入学を和光高校の教職員一同心から歓迎します。そして、保護者のみなさま、お子さまの入学を心待ちにしていたことでしょう。今日から、新しいステップのスタートです。
振り返ってみれば、1年前の今頃は最初の緊急事態宣言が出たばかりでした。和光高校でも、3月に1日だけ試験のための登校はありましたが、それ以降は休校で、新年度になってもずっと休みは続いていました。6月に学校が再開されても分散登校、時差登校という形でそろりそろりと進まざるを得ませんでした。昨日始業式でも在校生にも伝えたことですが、こうして4月に学校が始められ、新入生を迎えられること自体が、それだけで大きな喜びだと私は思っています。

昨年、コロナで休校が続く中、学校というのはどういう存在なのだろうか、と私は考えざるを得ませんでした。そして、世の中では、生徒にとってかけがえのない時間が失われたのだから9月入学にすぐすべきだ、とか、オンライン教育をさっさっと始めないのは無責任だとか言う声が飛び交っていました。9月入学について言えば、ちょっと冷静に考えてみれば、簡単なことではないことはすぐ分かります。ずらした最初の年は、1年5カ月分の生徒を受け入れなければならず、大雑把に言えばその1年間だけ約1.5倍の数の教室と先生の数が必要になるからです。しかし、学校に行けない不安に付け込むような形で、著名な教育評論家や知事や国会議員の中で9月入学を主張していた人たちがいました。この半年、誰も9月入学なんて言っていない、というような状況ですが、大人でも声の大きさで無責任なことを垂れ流す人がいる、ということは頭の片隅に記憶しておいてもらえれば、と思います。
話が少しそれました。皆さんと考えたいことは、学校というものの意味です。昨年の新入生にも話したことですし、説明会でもよく話すことですが、「和光は人と人の関りを大切にする学校」です。オンラインでもSNSでも関わりはつくれないわけではないですが、やはり直接顔を突き合わせてのコミュニケーションではないと、人と人の関わりは、育まれにくいし深いものになりにくい、と経験的には分かります。その理由が分からないでいたのですが、昨年の夏読んだエッセイにその答えかも、と思えるものがありました。ブレイディみかこさんの『会うよろこび』というタイトルのものです。海外に住んでいる作家と、オンラインで対談した際、相手から「他者への信頼は、視覚と聴覚だけじゃなくて、嗅覚とか味覚とか触覚とかの感覚も使って築くものらしいです。だから、こうやってネットで話していることと実際に会うことはイコールではないみたいなんです」と伝えられます。元になっているのは、著名な霊長類学者の山極寿一さんの説ですが、「人は五感のすべてを使って他者を信頼するようになる生き物」で、「鍵になるのが、嗅覚や味覚、触覚といった、本来『共有できない感覚』」、だから「他者の匂い、一緒に食べる食事の味、触れる肌の感覚。こうしたものが他者との関係を築く上で重要」なのだそうです。新入生のみなさんも、小さかった頃、親や近しい人から抱きしめられて安心した経験がないでしょうか。コロナが始まる前、何かとても嬉しいことがあった時、仲間と思わず抱き合ったり、ハイタッチしたりという経験があるのではないでしょうか。父母のみなさんは、自分の子どもが小さかった時、子どもを抱いて、言葉にできない愛しさを感じたことがあると思います。

人間が信頼関係を気づく、安心するということの中には場を共にする、ということがやはりどうしても必要なのでしょう。学校は「共に居る場」を提供し、人と人の関りを作り出すところとしてかけがえが無いものだと改めて思います。先ほど「和光は人と人の関り大切にする学校」と言いましたが、では「人と人の関り」はなぜ大切なのか。私は、人と人が関わることは、自分と異なる他者を理解しお互いに認め合うこと、そして共同性なり社会なりを作り出していくことにつながると思います。人間は、ひとりだけで生きていくことができず、つながりの中で生
きていく存在です。
新入生のみなさんの和光高校での時間は今日スタートしました。あなたの周りにいる同級生、上級生、そして私たち教職員と様々な関りをつくり、刺激を受けて新しい自分に出会って欲しいと思います。

さぁ、スタートの時です。一歩ずつ、あゆんでいってください。
2021年4月9日 和光高等学校 校長 橋本 暁

 

<新入生のことば>

本日は私たちの入学を祝っていただきありがとうございます。私たちは、例年に比べ色々な困難に立ち向かい和光高校に入学します。

私は両親や友達からのすすめで和光高校を知りました。平和の和に光と書いて和光と読むと聞いた時はとても穏やかで、平和な雰囲気で溢れているなと思いました。そしてポスターを見た時に目に映ったのは、「自分色」という言葉でした。この言葉から私が私なりに解釈したことは、「自分の力で未来を作り上げる」でした。なぜなら自分で自分の色を決め、それを明確に認識することで自分を再認識でき、自分にあった未来を作り上げられると思ったからです。そのような勝手な想像から和光高校への進学を決めました。

中学校3年間を参考に高校生活で心がけていきたいことは、「何事も深く考え、しかし考えすぎない」ということです。ある世界的な著名人が言っていた言葉として、「世界には色々な人がいるからみんな理解しないと」です。理
解という言葉の前には必ず考えるという行程が入ってくると思います。なぜあのような行動をとったのか、なぜあのような言葉を放ったのか、それはその人なりの考えや、感情が含まれているものです。人の内に秘めているもの
は他人によって変えられるようなものではありません。このように少し考えるだけで人を理解でき、よりその人のことを気に入るかもしれません。私は高校生活を通してそのような人間になりたいです。

そして前年度は、新型コロナウイルスの関係で、様々な生活が制限されてしまったことと思います。しかし今年度は和光高校の校風や環境の中で、何事にもチャレンジし、何よりも楽しんでいきたいと思います。自由とは自分に基づく手本になるという意味が込められています。自分でよく考えて行動し、学業や部活動も精一杯努力していこうと思います。人との協力や、同じ目標に向かっていく経験を沢山し充実した3年間を過ごしたいです。

皆さん今日から私たちの和光ライフが始まります。ある和光高校の大先輩が言っていた、「和光はホグワーツのような場所」という言葉を私達も実際に感じられるようにこれから楽しく平和な思い出を作っていきましょう。これからよろしくお願いします。

日本一長い体育祭や、和光祭を初めとした数々の行事はもちろん、高校生活を精一杯楽しむことをここに誓います。

話しに出てきた2020年度のポスターです
新入生のことばに出てきた2020年度のポスターです

入学式の裏側

ウェブ担当YH 1年生, 教員ブログ, 行事
IMG_3534

本日、入学式が実施され新入生240名が入学しました。

例年なら在校生も参加していたのですが、新型コロナウィルス感染予防もあり、在校生不参加の中での入学式となりました。

それでも、なんとか歓迎の気持ちを伝えたいということで、フリーライティング部のメンバーが各教室に黒板アートを描いてくれました。

IMG_3534 IMG_3535

入学式が終えたあと、帰り際に作品を撮ったり、作品と一緒に記念撮影を撮っている様子なども見受けられました。

在校生の歓迎の気持ちが伝わっていると良いですね。

1 2 3 4 5 6

卒業式がありました

ウェブ担当SA 3年生, 教員ブログ, 行事 タグ:
IMG_1653

本日、第69回和光高等学校卒業式があり、228名が和光高校を巣立っていきました。

IMG_1656

昨年度に引き続きプログラムを簡略化し、在校生は執行委員会の生徒のみ、そして卒業生とその保護者の出席で規模を縮小して感染対策に努めました。

校長式辞
校長式辞

卒業証書授与は、一人ひとり担任が呼名し、校長より手渡されました。

IMG_0918

IMG_0941

在校生からのことば
在校生からのことば
卒業生のことば
卒業生のことば

例年と比較してしまうと、卒業生による有志合唱や教員による合唱のプレゼントなどお祝いの場に花を添える出し物はできませんでしたが、教員から事前に作成した動画や生徒の卒業式委員会がつくった和光高校での思い出を振り返る動画が披露され体育館があたたかい拍手に包まれる場面がありました。

また、在校生のことば、卒業生のことばは、コロナ禍での生徒会活動にどのように向き合ってきたのか率直な思いが語られ、その言葉には「このコロナ禍にあっても前を向いて進んでいく」という力強さに満ちていました。私たち教員も力をもらうことができた彼らのことばを校長式辞と合わせてぜひ、ご覧ください。在校生のことばはこちら。卒業生のことばはこちら

最終授業は校内FW(日本文学研究)

ウェブ担当YH 2年生, 3年生, 学習, 行事 タグ: , , ,
IMG_4613

2月16日、2年日本文学研究では太宰治の三鷹を歩く、「校内FW」を実施しました。講座OG3年生6名が前日打ち合わせ、当日本番のガイド役を。

IMG_4613

2年生は8名三班に分かれ、スクリーンのある三部屋を順に回ります。各部屋に3年生が2名ずつ待機し、事前に講座担当者が卒業生OBと撮影してきた太宰ゆかりの三鷹各地映像を流し、解説をしました。

IMG_4649

受講生は文集用のエッセイを書き上げ、講座を締めくくりました。OB OGの力を借りながら、何とか形はつくれました。全員出席の一本締めで、1年間のゴールとなりました。

 IMG_4639 IMG_4643

「卒業生と語る会」がありました

ウェブ担当SA 1年生, 卒業生, 教員ブログ, 行事 タグ:
1月29日(金)に1年生対象の「卒業生と語る会」を行いました。
1年生の進路指導目標の中に「大学進学のみにこだわることなく視野を広げ、さまざまな生き方や価値観を意識する」や「授業や行事において幅広い生き方や考え方に触れることにより、自分自身を知る」があります。この会はその目標に照らして進路指導の1つに位置づけています。進路指導について詳しくはこちら
今年は、1つの講座の定員を半数に減らしたり、一部オンラインの講座に切り替えるなど、コロナ対策をしながらの実施となりました。
P1040401
全部で16の講座がありましたが、どの講座も個性的で、自分の高校時代の話、今の仕事に至るまでの経緯、収入など、生々しい話も含めて、自由に語っていただきました。
IMG_8209 (1)
生徒たちは、一生懸命話を聞き、応答している場面が見られました。
感想文用紙にも、時間をかけてたくさん書いていました。
IMG_8210
P1040393
今回のような大人との出会いが、進路(生き方)を考えていくきっかけになるといいですね。
卒業生の皆さんもありがとうございました。

特別講座「写真講座」~ポートレート編~

ウェブ担当YH 3年生, 特別講座, 行事 タグ: ,
講座の様子※モデルはソーシャルディスタンスを取りながらマスクを外しています。

先日実施した特別講座「写真講座」の第3回のテーマは「ポートレート」でした。

2人組になって、お互いをモデル兼カメラマンを担います。

ただ撮影するだけでなく、どのようなテーマやポーズで撮影するのかをチームで相談しながら撮影していました。

天気が非常に良かったおかげもあって、和やかな雰囲気でした。

講座の様子※モデルはソーシャルディスタンスを取りながらマスクを外しています。
講座の様子※モデルはソーシャルディスタンスを取りながらマスクを外しています。
交互にモデルとカメラマンを担当
交互にモデルとカメラマンを担当

今まで講座の中で学んできた「構図」や「光」を意識しながら撮影を楽しんでいました。

最後の高校生活に、また貴重な思い出の記録が残せたのではないでしょうか。

韓国ハクナム高校とのonlineによる国際交流

ウェブ担当YH 行事 タグ:
image7

韓国ハクナム高校とのonlineによる交流が最終日を迎えました。
この交流は主に意見交換を中心に展開しており、全校から生徒を募集し、1〜3年生が集まっています。毎回何のテーマで話すかか、またグループ分けをどうするか、また自分たちがやりたい交流とは何なのかを考えて和光高校内でも意見交換を重ねて取り組んできました。

今まで4回交流会をしました。
お互いに顔見知りになり、話す中で笑ったり真剣になったり、気まずい雰囲気になったりと、交流とは何かを考えた半年でした。

今後はお互いのレポートを読みながら、この交流を振り返っていきます。どんな想いや言葉が出てくるのか楽しみです。

 image6 image7

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求