卒業生

商品開発のイロハを学ぶ(マーケティング)

ウェブ担当SA 3年生, 卒業生, 学習, 教員ブログ タグ:
3年選択授業マーケティングでは、卒業生であり、大学時代に起業した安藤さん(株式会社19)をお招きして、商品開発についてお話を伺いました。安藤さんは視覚障害があるのですが、その経験から「視覚障害者でも健常者でも読みやすく、使いやすいもの」をコンセプトに、「白黒反転手帳」(黒字に白のペンで記入する)を開発しました。
マーケティング安藤君1
実際に商品を手に取って字を書いてみると、思いがけずこちらの方が文字が読みやすいという生徒もいました。生徒たちは発想を転換し、ターゲットを拡大(視覚障害者だけでなく目の不自由なお年寄りにも使いやすいなど)することで、新たな商品が生まれることに驚いていました。
また思いついたことをすぐに商品化につなげた行動力にも、刺激を受けていました。このあと安藤さんから頂いたアドバイスも参考にして、グループごとに「売れる商品」開発を進めていきます。
マーケティング安藤君2

異文化の中に暮らすこと~インドの装いから考えてみよう~(アジアの社会と歴史)

Web担当UR 3年生, 卒業生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
卒業生が授業に来て、
異文化の中に暮らすこと~インドの装いから考えてみよう~というテーマで語ってくれました。
特にメヘンディという身体装飾は体験もさせてもらいながら、
インドの社会的構造的な成り立ちと課題、
異文化を学ぶことで当たり前だと思っていることを壊し、あらたな視点を得ることを学びました。
生徒の感想を紹介します。
「異文化を理解していくのは難しいと思うけど、その文化のあり方や歴史を知り、様々な視点で見つめるだけでもとらえかたや印象が変わっていくものなんだと思った。」
「二項対立が植民地期に生じたために現代のインドのジェンダー対立が作られたという話は大変興味深かった。メヘンディの存在も知らなかったので面白かった」
「自分が得ている情報は本やテレビからのものが多いがそれで十分だと思っていた。実際に行き学ぶことが大切だということを改めて感じた。」
インドの衣装を着たり、メヘンディのデザインをしたり、ワクワクしつつ植民地支配の弊害やジェンダー問題も学んだ充実したひとときでした。

1 2 3

「ミニ卒業生と語る会」がありました(進路)

ウェブ担当SA 2年生, 卒業生, 教員ブログ タグ:

高校2年生で有志参加の「ミニ卒業生と語る会」が行われました。

第1回目の今日は、あえて大学進学をせずに就職を選んだ卒業生が来てくれました。今の仕事に対する”やりがい”や”大変さ”を語りながら、”夢の実現に向けて頑張るすばらしさ”や”楽しさ”が伝わるお話でした。
当時の担任の先生が司会を務めます
当時の担任の先生が司会を務めます
参加した高校生からも具体的な質問がたくさん出ました。
ミニ語る会③
自分のこれからの進路について考える充実した時間となったようです。

和光小・和光鶴川小向け「キャッチボール会」

ウェブ担当SA 卒業生, 教員ブログ タグ: ,
2/2(日)、同じ学園内の両小学校3~5年生向けに、キャッチボール体験会を実施しました。
20200202cattchball01 (1)
この会は、和光高校野球部卒業生と、卒業生のお父さんたちで運営しています。
フォームのどこを直すべきなのか、意外と難しいキャッチボール。
本校の野球部で「考えながら練習する」習慣をつけたOBと、その練習に付き合い続けたお父さんたちが指導すると、どんどん上達していきました。
unnamed
参加者のみなさんと和光高校野球部で会えるまで、まだまだ時間がありますが、
このまま野球が好きな気持ちを大きくしていってもらいたいです。
参加してくれた小学生のみなさん、保護者の皆さん、指導してくれたOB、OBお父さん、ありがとうございました。

OB・OG戦がありました(男女バレーボール部)

ウェブ担当SA クラブ, 卒業生, 教員ブログ タグ: ,
大勢の卒業生が集まりました
1月19日に男女バレーボール部の卒業生が集まり、OB・OG戦を行いました。
当日は家族連れで訪れてくれる卒業生もおり、時の流れを感じながらも、
現役時代以上のプレーを見せてくれるなど、白熱した試合がみられました。
IMG_3405
昼食もみんなでいっしょにとりました
昼食もみんなでいっしょにとりました
毎年この時期におこなっている行事ですが、幅広い年代の卒業生が和光に
戻ってきてくれることで、大盛り上がりとなっています。
大勢の卒業生が集まりました
大勢の卒業生が集まりました
参加してくれた卒業生のみなさん、ありがとうございました。

卒業生が活躍中!!(メディア掲載)

ウェブ担当SA 卒業生, 教員ブログ タグ:

東京新聞2019年9月3日付の記事の中で、和光高校の卒業生が紹介されました!

ラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げる企画において「ラグビーボール形のもなか」の『いるかのたまご』の商品名を考案した班のリーダーを担った山田さんは、和光高校では3年の選択授業でマーケティングを受講していました。

和光でのさまざまな学びを土台に、次の舞台で活躍していることが伝わってきました。東京新聞のウェブ記事はこちらをご覧ください。

本校の「マーケティング」の授業ブログはこちらをご覧ください。

「卒業生と語る会」がありました(進路)

ウェブ担当SA 1年生, 卒業生, 教員ブログ, 行事 タグ: ,

高校1年生対象に、進路行事「卒業生と語る会」が行われました。

様々な分野で活躍されている卒業生12名をお招きして、進路決定をした経緯や仕事の魅力、働きがいなどをお聞きしました。

DSC00057

いろいろな質問にも丁寧に答えていただきました。

DSC00036

以下は参加した生徒の感想です。高校卒業後の自分や高校生活の過ごし方などを考える1日になったようです。

『今の僕は将来したい仕事はないけど、今していることが意外な風に役立ったりすると聞くと、今自分が得意なことや趣味など、自分の特色が生きるように思えるので、これからも自分らしさを考えることは大切だなと思いました。したいことを楽しんで、苦しいことからも逃げずに事に取り組みたいと思います。』(1年男子)

『先が見えないから燃える」~私はこのことがとても印象強く残っています。世間一般的に見ると、先が見えないということは不安で怖いことなのに、卒業生は何の迷いもなくこの言葉を言い切りました。とても尊敬するべき人だと思っています。これからも頑張ってください。』(1年男子)

第4回学校説明会へご参加ありがとうございました。

ウェブ担当SA 入試情報新着, 卒業生 タグ:
IMG_4283

第4回学校説明会が行われました。

今回は、和光高校を卒業した現役大学生に和光高校での自身の変化や、和光高校での学びが大学生活でどのように活きているのか、などインタビュー形式で「生の声」を聞かせくれました。

IMG_4278

IMG_4282

会の中では、大学生より「高校生活の柱になっていたことや大学への進学理由も3人バラバラだけど、それができることも和光高校の魅力の1つ」ということが語られていました。

これで、今年度の学校説明会の日程は全て終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

2014年度卒業生が子ども虐待防止運動ポスターコンテストで受賞しました。

サイト管理者 卒業生

2014年度卒業生である吉田菜々子さん(現在和光大学芸術科在学)が、子ども虐待防止オレンジリボン運動「公式ポスターコンテスト2018」で優秀賞を受賞されたそうです。

くわしくは和光大学ブログをご覧ください。

 

なお、吉田さんからの「先輩の言葉」は、本サイトの和光大学の紹介ページでも紹介しています。

吉田さんが高校3年生の選択講座「映像」で制作した動画作品です。

 

 

卒業生の渡辺裕太さんが来校しました

和光高校ウェブ担当 卒業生, 教員ブログ タグ:

和光高校の卒業生で俳優・タレントの渡辺裕太さんが、フジテレビの番組
「有吉弘行のダレトク!?」(毎週火曜日22時~)のロケで来校しました。

撮影では校内を巡り、渡辺さんの中学・高校時代の話で盛り上がっていました。
また、渡辺さんをはじめ出演者の方々は、その場に居合わせた高校生の相手を
してくださるなどし、生徒たちは大喜びでした。

短い時間でしたが、久しぶりに母校の教室に入ったり、思い出話をしたり、
懐かしいひとときを過ごしたようです。

今後の渡辺さんのご活躍を期待しています。

出演のみなさん(中央が渡辺裕太さん)
出演のみなさん(中央が渡辺裕太さん)

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求