卒業生

和光小・和光鶴川小向け「キャッチボール会」

ウェブ担当SA 卒業生, 教員ブログ タグ: ,
2/2(日)、同じ学園内の両小学校3~5年生向けに、キャッチボール体験会を実施しました。
20200202cattchball01 (1)
この会は、和光高校野球部卒業生と、卒業生のお父さんたちで運営しています。
フォームのどこを直すべきなのか、意外と難しいキャッチボール。
本校の野球部で「考えながら練習する」習慣をつけたOBと、その練習に付き合い続けたお父さんたちが指導すると、どんどん上達していきました。
unnamed
参加者のみなさんと和光高校野球部で会えるまで、まだまだ時間がありますが、
このまま野球が好きな気持ちを大きくしていってもらいたいです。
参加してくれた小学生のみなさん、保護者の皆さん、指導してくれたOB、OBお父さん、ありがとうございました。

OB・OG戦がありました(男女バレーボール部)

ウェブ担当SA クラブ, 卒業生, 教員ブログ タグ: ,
大勢の卒業生が集まりました
1月19日に男女バレーボール部の卒業生が集まり、OB・OG戦を行いました。
当日は家族連れで訪れてくれる卒業生もおり、時の流れを感じながらも、
現役時代以上のプレーを見せてくれるなど、白熱した試合がみられました。
IMG_3405
昼食もみんなでいっしょにとりました
昼食もみんなでいっしょにとりました
毎年この時期におこなっている行事ですが、幅広い年代の卒業生が和光に
戻ってきてくれることで、大盛り上がりとなっています。
大勢の卒業生が集まりました
大勢の卒業生が集まりました
参加してくれた卒業生のみなさん、ありがとうございました。

卒業生が活躍中!!(メディア掲載)

ウェブ担当SA 卒業生, 教員ブログ タグ:

東京新聞2019年9月3日付の記事の中で、和光高校の卒業生が紹介されました!

ラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げる企画において「ラグビーボール形のもなか」の『いるかのたまご』の商品名を考案した班のリーダーを担った山田さんは、和光高校では3年の選択授業でマーケティングを受講していました。

和光でのさまざまな学びを土台に、次の舞台で活躍していることが伝わってきました。東京新聞のウェブ記事はこちらをご覧ください。

本校の「マーケティング」の授業ブログはこちらをご覧ください。

「卒業生と語る会」がありました(進路)

ウェブ担当SA 1年生, 卒業生, 教員ブログ, 行事 タグ: ,

高校1年生対象に、進路行事「卒業生と語る会」が行われました。

様々な分野で活躍されている卒業生12名をお招きして、進路決定をした経緯や仕事の魅力、働きがいなどをお聞きしました。

DSC00057

いろいろな質問にも丁寧に答えていただきました。

DSC00036

以下は参加した生徒の感想です。高校卒業後の自分や高校生活の過ごし方などを考える1日になったようです。

『今の僕は将来したい仕事はないけど、今していることが意外な風に役立ったりすると聞くと、今自分が得意なことや趣味など、自分の特色が生きるように思えるので、これからも自分らしさを考えることは大切だなと思いました。したいことを楽しんで、苦しいことからも逃げずに事に取り組みたいと思います。』(1年男子)

『先が見えないから燃える」~私はこのことがとても印象強く残っています。世間一般的に見ると、先が見えないということは不安で怖いことなのに、卒業生は何の迷いもなくこの言葉を言い切りました。とても尊敬するべき人だと思っています。これからも頑張ってください。』(1年男子)

第4回学校説明会へご参加ありがとうございました。

ウェブ担当SA 入試情報新着, 卒業生 タグ:
IMG_4283

第4回学校説明会が行われました。

今回は、和光高校を卒業した現役大学生に和光高校での自身の変化や、和光高校での学びが大学生活でどのように活きているのか、などインタビュー形式で「生の声」を聞かせくれました。

IMG_4278

IMG_4282

会の中では、大学生より「高校生活の柱になっていたことや大学への進学理由も3人バラバラだけど、それができることも和光高校の魅力の1つ」ということが語られていました。

これで、今年度の学校説明会の日程は全て終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

2014年度卒業生が子ども虐待防止運動ポスターコンテストで受賞しました。

サイト管理者 卒業生

2014年度卒業生である吉田菜々子さん(現在和光大学芸術科在学)が、子ども虐待防止オレンジリボン運動「公式ポスターコンテスト2018」で優秀賞を受賞されたそうです。

くわしくは和光大学ブログをご覧ください。

 

なお、吉田さんからの「先輩の言葉」は、本サイトの和光大学の紹介ページでも紹介しています。

吉田さんが高校3年生の選択講座「映像」で制作した動画作品です。

 

 

卒業生の渡辺裕太さんが来校しました

和光高校ウェブ担当 卒業生, 教員ブログ タグ:

和光高校の卒業生で俳優・タレントの渡辺裕太さんが、フジテレビの番組
「有吉弘行のダレトク!?」(毎週火曜日22時~)のロケで来校しました。

撮影では校内を巡り、渡辺さんの中学・高校時代の話で盛り上がっていました。
また、渡辺さんをはじめ出演者の方々は、その場に居合わせた高校生の相手を
してくださるなどし、生徒たちは大喜びでした。

短い時間でしたが、久しぶりに母校の教室に入ったり、思い出話をしたり、
懐かしいひとときを過ごしたようです。

今後の渡辺さんのご活躍を期待しています。

出演のみなさん(中央が渡辺裕太さん)
出演のみなさん(中央が渡辺裕太さん)

現代学生百人一首入選作品の紹介です

和光高校ウェブ担当 3年生, 卒業生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

ご報告が遅くなりましたが、東洋大学主催の第31回現代学生百人一首にて、この春に本校を卒業した長野天音さんの作品が入選いたしました。
1月15日の朝日新聞、天声人語にて紹介されています。

「いとをかし平成女子はインスタにほうじ茶キャラメルフラペチーノ」

3学年自由選択講座「表現」での作品です。
受賞者の長野さんからもコメントを頂きました。

「パッと閃いたものを書いて自分で満足していた短歌が、大勢の人の目に触れることになって驚いています。嬉しいです。」

「表現」の授業は、作文・エッセイ・小論文・創作物語・詩歌などあらゆるジャンルの文章を書き、互いに読みあい意見交流をする授業です。
短歌はその中の一つの取り組みで、授業で取り上げるほか、各自がノートなどに年間を通じて書き続けていきます。

受賞作品のほかにも、たくさんの作品が授業では作られています。
音数が制限されシンプルな表現だからこそ、たくさんの短歌の中に生徒の本音が発見できます。

3年選択「マーケティング」売れる商品作り

和光高校ウェブ担当 3年生, 卒業生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

高校3年生の選択授業【マーケティング】では、現在商品開発をテーマに「売れる商品作り」に取り組んでいます。今日は自らのアイディアを商品化して、大学時代に起業した卒業生、安藤将大さんをお招きしてお話しを聞きました。

授業の様子①
授業の様子①

その商品は【白黒反転手帳】です。おそらく世界で初めての商品であるとのことです。自らも視覚障がい者である安藤さんは、黒地に白いペンで書いた方が視覚障がい者にとって見やすいということに着目し、他の人にもそうしたニーズがあるのではないかと考えたそうです。安藤さんは商品開発をするうえで大事なことや、問題発見力の大切さについて話してくれました。

白黒反転手帳
白黒反転手帳
授業の様子②
授業の様子②

その後グループに分かれて、自分たちが考えてきたアイディアについて、担当教員や安藤さんを交えて深めました。来月半ばには作品化して、プレゼンテーションを行う予定です。

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」もいよいよクライマックス!

和光高校ウェブ担当 その他, 卒業生, 教員ブログ タグ:

日本の忙しい朝の中においても、「NHK朝の連続テレビ小説は欠かさず見ている」という方は多いのではないでしょうか。さて、今回はその朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本を手掛けている和光の卒業生 岡田惠和さん(高校25回卒業生)が同窓会誌「はなみずき」に寄稿してくださったものをHPに掲載させていただきます。ご一読ください。

テレビドラマの脚本を書く仕事をしています
                       岡田惠和(高校25回3組)

現在は、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」を執筆させていただいております。
時々、仕事関係で「岡田さん、和光なんですよね?」と声をかけられます。
その顔は、なんだか皆、嬉しそうです。ちょっとだけ外国で寂しい思いをしているときに、日本人と出会ったときの顔みたいです。多分、私もそういう顔になっているのだと思います。そして勝手に「あぁ、この子はノビノビ自由に育ったんだろうな、面白い感性をしているんだろうな」と思ってしまいます。
先日も嬉しい出会いがありました。「ひよっこ」の音楽(素晴らしいですこれが)をつくってくれている宮川彬良さん。NHKで録音されているときにご挨拶させていただいたときに、同じ和光生だったことが判明。しかも宮川さん二つ下。ということは一年間は同じ高校に。そしてさらに同じ音楽系クラブだったことも。
なんだか南米の奥地で日本人と会ったみたいな気持ち。嬉しかったぁ!
出来上がった音楽、自由で、明るくて、素敵です。和光だなと思いました。
そんなわけで「ひよっこ」は脚本と音楽。和光学園出身者が担っております。
二人で頑張ってます。嬉しい仕事になりました。
☆見ている方も多いと思いますが(まだの方は是非見て下さい)、物語も音楽も心温まりウキウキする「ひよっこ」の大ファンです。和光出身のお二人です。これからもステキな作品を期待して心からエールを送ります。(和光学園同窓会事務局 須藤)

和光学園同窓会誌 「はなみずき」第50号より

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求