2年生

日本が世界に誇れる文化とは?(異文化研究)

ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
昨日、5月24日午後、高校2年自由選択科目『異文化研究』のフィールドワークが行われました。
目的は、外国人観光客へのインタビュー調査です。
S__9289739
日本が世界に誇れる文化は何なのか?
S__9289735
日本社会の当たり前(文化)の特性を再発見する為に、自分たちが考えた質問を、フィンランド人、アメリカ人、ドイツ人、カナダ人他多くの観光客にインタビューさせて頂きました。

生活の中にある「指数」(数学)

ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
2年生の必修数学では、現在「指数」を学んでいます。
suugakusisuu01
指数の考え方を身に付けると、身の周りの指数に気付くことができます。
suugakusisuu02
suugakusisuu03
和光高校ではこのように、生活に深い関わりがある問題も取り上げます。
みなさんならどう答えますか?

未知へのアプローチ(科学技術と生活)

ウェブ担当KH 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

2年生必修A選択の「科学技術と生活」ではブラックボックスの中身を推定するという授業を行っています。

各グループでブラックボックスの情報を、破壊する以外の方法で推定します。

190514res1
生徒はブラックボックスの調査に乗り出す

形や色、箱の中からする音など、小さな手がかりからどこまで情報を引き出せるでしょうか。

190514res2
見て、触って、感じて。手がかりを探す

次週は調べたことをまとめて、グループごとに発表しディスカッションをしていきます。

生徒たちの考えたことは他のグループの生徒に伝わるでしょうか?

生徒たちの腕の見せ所です!

炎の色で元素を特定!(化学)

ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

今日は、2年生の必修授業である「化学」の授業を紹介します。1年生のときは生物室での実験をしてきましたが、今日は化学室で炎の色で元素を特定する「炎色反応」を学びます。

IMG_5551

いろいろな水溶液を燃やして色を観察していきます。

きれいなブルーの水溶液は硫酸銅が溶けています
きれいなブルーの水溶液は硫酸銅が溶けています

いざ実験!!

「緑色!キレイ!」
「緑色!キレイ!」
「赤だ!花火!」
「赤だ!花火みたい!」
「白かなぁ~」
「白かな・・。青じゃない?」

実際見ると悩むものあったようですが、それも実験の醍醐味。直接見ることって大事だね。目に見えない原子を実感する一歩となったようです。

火起こしに挑戦!(日本古代史研究)

ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

和光高校の2年生は1週間のうちに必修の選択授業が1つ、自由選択の授業が2つあります。詳しくはこちらをご覧ください。

今日は、2年生にとって最初の必修選択授業の日。11講座の中から自分で選び1年間学んでいきます。その中の日本古代史研究では「火おこし」に挑戦していました。

IMG_9443

当時はライター、マッチはありません!

生徒たちは摩擦熱から火種をつくり出す大変さを実感しながら、火を生み出す知恵に驚いていました。

IMG_9444

必修選択授業では10月に講座ごと3泊4日の研究旅行が組まれています。現地での学びをより豊かにするためのスタートラインに立った1日でした。

始業式がありました

ブログ担当SA 2年生, 3年生, 教員ブログ, 行事 タグ:
IMG_5176

少し雲がありますが、桜満開の中、2019年度がスタートしました。

始業式を終えて生徒達は入学式に向けての準備(詳しくは明日のブログで)や、新入生のクラブサークル紹介や5月の体育祭に向けての準備に忙しそうにしていました。

放課後の会議の1コマ
放課後の会議の1コマ

隣接する和光鶴川小学校のさくらも満開です。明日の入学式まで散りませんように。

IMG_5177

高尾山に行ってきました!(ワンダーフォーゲル部)

ブログ担当SA 1年生, 2年生, クラブ, 教員ブログ タグ:

9日、ワンダーフォーゲル部は高尾山に登って来ました。生徒たちは自分たちで登りたい山を選び、その山に沿った登山計画を立てます。顧問からのチェックを受けて、当日を迎えます。

普段のクラスを越えて、山を登りながら色々なおしゃべりができるのも、この部の魅力だそうです。

1814

雪がちらついていましたは、雨の日よりは登りやすく、山頂で作ったラーメンは最高でした!

ほうらしゃん(うれしい)!楽しく伝わったよ奄美大島

ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
2月5日、昨年10月の鹿児島県奄美大島の研究旅行で見たこと、学んだことを和光鶴川小学校1年生に伝えに行きました。鶴小は中高校舎の後ろにあります。
最初に講座生お手製のスライドショーを見てもらい、研究旅行を紹介しました。
ひとこと1
ひとこと2
鶴小生はメンバーがドローンで撮影してくれた海や岬、浜の映像が映ると
「きれーい」「行きたーい」と釘づけ。そしてシマの方々が映ると微笑んでいました。
ひとこと3
ひとこと4
次にシマグチ(奄美の方言)クイズ。「はげ~」「けんむん」「ふりむん」などの意味をあててもらいました。ヒントを出すのがなかなか難しく、鶴小生はあてたくてあてたくて何度も手を挙げてくれました。
ひとこと5
最後に「大きな栗の木の下で」のシマグチバージョンを教えて、一緒に振りをつけながら歌いました。すぐ歌えるようになるのは高校生も小学生も同じですね。
ひとこと6
司会のふたりが「今日、どんな方言覚えた?」と聞くと、「だいばんくりきぬしゃーなんてぃ(大きな栗の木の下で)」と歌って答える子もました。
好奇心旺盛で素直なところも小学生、高校生同じです。
また、あちゃや(また、会おうね)。
高校2年生必修選択「ひととことば」和光鶴川小学校1年生実習

北京の学生と交流した1日

ブログ担当SA 1年生, 2年生, 学習, 教員ブログ, 生徒会 タグ:

1月末、北京大学付属中学校が和光高校へ1日訪問する日がありました。

「中学校」といっても12歳から17歳の生徒3000名程が通う学校ですが、今回はその内の希望者68名が学校間交流として来校しました。

DSC00099

午前中は北京学生が2つのチームに分かれ、1年英語で文化交流や自己紹介を交えたペアワーク、2年英語で日本の遊びやスポーツを体験しそれぞれ交流をしました。

DSC00114

 午後はさらに細かく6つのチームに分かれ、2年生の選択授業「食物」「異文化理解」「メディア論」「口語英語」、「1年国語」、「1年体育理論」に参加しました。
「食物」ではたこ焼きを作りました。普段台所に立たない生徒が多い北京生たちにとって、「混ぜる」、「切る」といった作業が次にどう繋がるのかが分かりづらく、和光生たちも言葉だけでなく切り方や混ぜ方などを見せながら一緒に作業をしていきました。
IMG_0874
「メディア論」では中国と日本でそれぞれで流れている報道や情報について、生徒たちが自分の考えを表明し合いながら実際の声を聴き合い、報道が作り出す日中構造について検証していきました。
DSC00111
「異文化理解」では「日本と中国はどうやったら共存できるか」というテーマで日本にあるデータの検証を交えながら、未来について語り合う時間をもちました。
「国語」では「表現をする」ことに重点をおき、「初めて出会う人とどう交流するか」に挑戦しました。学校規則、アニメなど自分の興味関心から質問をし、互いの間合いを感じたり、言葉のつたなさを超えて自分たちのことを伝え合う時間となりました。
「体育理論」では北京生から健美操(けんびそう)という踊りを習いました。北京生も衣装をつけて表現してくれ、みんなで楽しく習いながら踊りました。
DSC00121
放課後は部活動に参加。サッカー部、バトミントン部、バスケ部が活動をオープンにしてくれました。自分たちで道具を用意し、会場を整えるという日本の部活の姿勢に驚いたそうです。

太宰治を感じる三鷹散歩(日本文学研究)

ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

2年A選択「日本文学研究」では11年連続となる、太宰治を感じる三鷹散歩へ。
IMG_0344
スクールバスで現地へ、まずはガイドの方と顔合わせです。3グループに分かれます。

玉川上水やかつての住居跡などを散策し、太宰が愛した陸橋へ向かいました。
IMG_0356
このフィールドワークを活かして、生徒達は「君は太宰をミタカ?」文集づくりをはじめています。

IMG_0406

 

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求