2年生

和光中2年生保護者対象 授業参観・説明会

和光高校ウェブ担当 1年生, 2年生, 3年生, 学習, 行事
英語のカリキュラムの説明

9月20日(木)和光中2年生保護者の方むけに授業参観と説明会を行いました。

1時間目は授業参観、2時間目は高校3年生による学校生活や進路選択についての話、3時間目は副校長による学校説明、4時間目は個別相談(希望者のみ)です。

約60名の方にお越しいただきました。お子様の進路選択のご参考になりましたら幸いです。

2年必修「数学」
2年必修「数学」
3年選択「口語英語」
3年選択「口語英語」
英語のカリキュラムの説明
英語のカリキュラムの説明
2年必修「英語」ハーフサイズ
2年必修「英語」ハーフサイズ
1年芸術選択「音楽」
1年芸術選択「音楽」
1年芸術選択「書」
1年芸術選択「書」

インプロショー(演劇)

和光高校ブログ担当SA 2年生, 学習 タグ: ,

演劇、インプロ(即興演劇)を通してメンバーみんなとコミュニケーションし、協働し、新しい文化、芸術を創造することが演劇Ⅰの目的です。

インプロでは相手にいい時間を与えることを大事にしています。1学期に経験したインプロゲームを使って、トーナメント方式でインプロショーを行いました。

<1学期のインプロゲーム>

名前わたしあなた   You are notサイキック!   I am a tree私は木です

プレゼントゲーム   ザブーン・バーン・ボヨヨーン   さしすせそ禁止ゲーム

Yes Let’s!   つなひき   あいうえおシーン

次どうなるの?   Yes, and   家族のシーン

サムライゲーム       予想の輪                       シャイプロ

次どうなるの?シーン(地下室、雪山)                名前ハンドラップ、3題噺

フリーズダック       ワンボイス                     プレイブック

コンタクトゲーム     スモールボイス                 拍手回し

ワンワード           He said, she said               効果音をつくる

セリフカードゲーム   座る立つ寝るひざ               何してるの?

スピットファイアー   二人羽織                       思い出

1

MC(司会。うちわをもった生徒)の進行で対戦チーム同士、自己紹介します。

このとき、グループが選んだインプロゲームを発表します。

シャイプロ
シャイプロ

シャイ(恥ずかしがり屋)な人のためのインプロ?

ふたり組のうちのひとりは「うん」「いいね」「そうしよう」「ありがとう」しか言えません。

見ている人たちから「場面」と「ふたりの関係」を募集し、「空港」にいる「シャイな兄」と「妹」という設定で即興で演じています。

 

セリフカードゲーム
セリフカードゲーム

ライトが当たったら突然即興の世界に入っていました。募集して「刑務所」にいる「囚人仲間」という設定で、セリフに困ったときにセリフカードを取って読む即興です。

でも、ふたりはセリフに困ってはいなかったような。むしろ会話が弾んでいて、弾んでいるところに絶対無関係のセリフ(足元の紙片)が飛び出してくるのが絶妙でした。

プレイブック
プレイブック

事件現場に向かった刑事2名という設定で、ひとりが会話でストーリーを紡ぎ、もうひとりが本のページをパッと開いて目に入った行を朗読して、場面を作っていく即興です。

仲のいい友達同士が思い出話に花を咲かせています。
仲のいい友達同士が思い出話に花を咲かせる

 

思い出
思い出

ふたりの回想シーンを別のふたりが演じるという「思い出」という即興です。

7

対戦を終えて、ジャッジ担当グループがそれぞれのチームに得点をつけているところ。

 

スポットライトを浴びていても、とても落ち着いてリラックスしていました。きっと、ふだんの授業でお互いの視線に馴れているからなのでしょう。授業のならわしやふるまいかたをよく理解しているからこそ、自然体でがんばりすぎない感じが大変面白かったです。

 

史跡田名向原遺跡・旧石器時代学習館に行きました(日本古代史研究)

和光高校ウェブ担当 2年生, 学習 タグ:

6月23日(土)、2年生選択授業「日本古代史研究」は、相模原市にある史跡田名向原遺跡・旧石器時代学習館にフィールドワークに出かけました。
最初に館内で旧石器時代の様子について解説をしてもらったあと、相模川河川敷の河原石を使って「石斧」づくりに挑戦しました。

180623_1002

180623_1100
まっすぐ下の台石に向かって落とします。落とす石は「ホルンフェルス」と言って、変成岩の一種です。この石は薄く剥がれるように割れるため、打製石器として使われます。
180623_1137
木の柄とひもで縛って完成です。午後は館内で黒曜石を使って、「尖頭器(せんとうき)」や「石鏃(せきぞく)」を作りました。これらは槍や矢の先につけ、狩りの道具として使われました。

180623_1330

180623_1339
なかなかうまくいきませんでしたが、指導員の方に教えていただきながら形を整えていきました。古代人の技術力の高さに驚かされた一日でした。

Photoshopを使ったポスター制作(デジタルデザイン)

サイト管理者 2年生, 学習 タグ: ,
b2-dd-photoshop02

高校2年生のB選択講座「デジタルデザイン」では、代表的なデジタルデザインツールのスキルを身に着け、デジタルクリエイティブの制作を行います。

1学期は体育祭を題材にし、Photoshopを使ったポスター制作の練習課題に取り組みました。Photoshopを初めて触る生徒がほとんどですが、Life is Techが公開している動画教材、ポスターデザインコース with Photoshopを参考にしながら、デザイン理論の学習から、紙面レイアウト、Photoshopの基本操作などを学習していきます。

印刷後、皆の作品をホワイトボードに貼り、コメントを付箋で付けていきました。

b2-dd-photoshop01

この練習課題の後には、オリジナルのポスター制作を開始します。

「大学の授業体験」(声楽)

和光高校ウェブ担当 2年生, 学習 タグ: , ,
eyecatch
本日、声楽2年生のクラスに洗足音楽大学から篠原先生、tekkan先生が卒業生を連れて来てくれました。
初めて体験する大学の授業にはじめは緊張しています。
音大で行われる背中を叩く準備運動や発声法ならい、 Seasons of Loveの歌唱にチャレンジしました。
徐々に緊張もほぐれ最終的には3部合唱として見事Seasons of Loveを歌いあげました。
後半に卒業生による、ミニコンサートを聴き、いつもの音楽授業とは違った授業体験に大満足だったようです。
IMG_3785

2週連続でフィールドワークへ(日本文学研究)

和光高校ブログ担当SA 2年生, 学習 タグ: , ,

2年生「日本文学研究」では2週連続でフィールドワークに行きました。
まずは6月5日、川崎市立岡本太郎美術館へ。秋の研究旅行で行く太陽の塔の展示を見学しました。

IMG_2067

IMG_2066

続いて翌週12日には町田市立国際版画美術館へ。

IMG_2064
浮世絵モダーン展を踏まえて、ストーリー仕立てなどのエッセイを書き、文集をつくります。
1学期の授業は早くもあと2回、この後は研究旅行地のグループ調べや『二十四の瞳』映像を鑑賞していきます。

「log」の威力、計算尺とは?(数学)

和光高校ウェブ担当 2年生, 学習 タグ: ,

2年生必修数学では、現在「対数」を学習しています。

今回は計算機が発明される前、実は1960年ごろまでは当たり前に使われていた「計算尺」を体験します。
市販されていないとのことなので、iPadのアプリで。

計算尺アプリ
計算尺アプリ

続いて簡易版の「円盤型 計算尺」で。

手作り円盤計算尺
手作り円盤計算尺
手作り円盤計算尺②
手作り円盤計算尺②

「掛け算が一目でわかる!」

実は対数の考えが使われていることを知り、対数の威力を実感しました。
これからはさらに対数について、深めていきます。

町田市小野路「あした農場」へ出かけました(農と地域)

和光高校ブログ担当SA 2年生, 学習 タグ: , , ,
DSC_1396

2年生のA選択の1つ「農と地域」ではフィールドワークで町田市小野路の「あした農場」へ。

DSC_1393

新規就農されて5年。
DSC_1403
都会の近くで農業をすること農薬を使わないこだわりについて話を聞き、その後玉ねぎ収穫を体験させていただきました。
DSC_1399

和光中学生が和光高校生から学ぶ(英語)

和光高校ブログ担当SA 2年生, 学習
現在、高校2年生の和光高校生が、和光中2年生のコミュニケーション英語の授業にゲスト参加しました。彼女は和光中を卒業後、高校を1年間休学し、アメリカ、ミズーリ州のベルトンに留学していました。
mahiro 2
3歳しか年齢差のない彼女が、自分の肌身を通じて感じ学んできたことから、学ばせて貰う「世界の異文化」。和光中学生が準備していた質問を英語や日本語でなげかけ、中学生の知らない世界文化について学ぶ機会となりました。

「東京都埋蔵文化財センター」へ行きました(日本古代史研究)

和光高校ウェブ担当 2年生, 学習 タグ: , ,

5月22日、2年生の選択授業「日本古代史研究」では、多摩センターにある「東京都埋蔵文化財センター」にフィールドワークに出かけました。最初に縄文時代に関する映像を見た後、展示室で実際に発掘現場から出てきた遺物を観察し、職員の方からレクチャーを受けました。疑問に思ったことがあれば、積極的に質問します。
180522_1524

180522_1623
普段入ることができない収蔵庫にも入れていただきました。多摩センター開発に伴う発掘調査によって出土した土器等の遺物が、所狭しと並んでいました。

180522_1609
土の中から発掘された木製品などが、発掘後に変形しないための化学薬品による処理の様子も見せていただきました。「ポリエチレングリコール」の水溶液に手を入れてみたところ、お肌がすべすべになりました。

180522_1541
復元された竪穴式住居のなかの焚火を囲んで。炉を住居の中央におくことや、火を絶やさずに燃やすことの意味などを、意見交換しました。
今回のフィールドワークでは、土器や土偶など本物に触れ観察することで、さらに多くの疑問が生まれました。また古代史や考古学の面白さも実感できました。来週は自分たちで縄文土器づくりに挑戦します。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求