その他

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」もいよいよクライマックス!

和光高校ウェブ担当 その他, 卒業生, 教員ブログ タグ:

日本の忙しい朝の中においても、「NHK朝の連続テレビ小説は欠かさず見ている」という方は多いのではないでしょうか。さて、今回はその朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本を手掛けている和光の卒業生 岡田惠和さん(高校25回卒業生)が同窓会誌「はなみずき」に寄稿してくださったものをHPに掲載させていただきます。ご一読ください。

テレビドラマの脚本を書く仕事をしています
                       岡田惠和(高校25回3組)

現在は、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」を執筆させていただいております。
時々、仕事関係で「岡田さん、和光なんですよね?」と声をかけられます。
その顔は、なんだか皆、嬉しそうです。ちょっとだけ外国で寂しい思いをしているときに、日本人と出会ったときの顔みたいです。多分、私もそういう顔になっているのだと思います。そして勝手に「あぁ、この子はノビノビ自由に育ったんだろうな、面白い感性をしているんだろうな」と思ってしまいます。
先日も嬉しい出会いがありました。「ひよっこ」の音楽(素晴らしいですこれが)をつくってくれている宮川彬良さん。NHKで録音されているときにご挨拶させていただいたときに、同じ和光生だったことが判明。しかも宮川さん二つ下。ということは一年間は同じ高校に。そしてさらに同じ音楽系クラブだったことも。
なんだか南米の奥地で日本人と会ったみたいな気持ち。嬉しかったぁ!
出来上がった音楽、自由で、明るくて、素敵です。和光だなと思いました。
そんなわけで「ひよっこ」は脚本と音楽。和光学園出身者が担っております。
二人で頑張ってます。嬉しい仕事になりました。
☆見ている方も多いと思いますが(まだの方は是非見て下さい)、物語も音楽も心温まりウキウキする「ひよっこ」の大ファンです。和光出身のお二人です。これからもステキな作品を期待して心からエールを送ります。(和光学園同窓会事務局 須藤)

和光学園同窓会誌 「はなみずき」第50号より

和光小・和光鶴川小の「キャッチボール会」(和光高校野球部主催)

和光高校ウェブ担当 その他, 教員ブログ, 行事 タグ: ,

9/3(日)、和光高校野球部の父母会主催で、和光小学校、和光鶴川小学校の児童向け「キャッチボール会」を開催しました。
募集期間が短かったものの、8人の児童が集まってくれました!

途中、高校野球部の部員も合流して、プレーのお手本を見せます。
こういう機会は総合学園ならではですね。

高校生のお手本
高校生のお手本

小学生&コーチのペアでキャッチボール
小学生&コーチのペアでキャッチボール

初めて野球をやってみた児童もいましたが、みんな「楽しかった!」「またやりたい!」との声が。
次回は10月~11月に開催する予定です。
興味のある方はぜひ次回ご参加ください!

参加してくれたみなさん、コーチを務めてくださった野球部父母会のみなさん、お疲れ様でした!

集合写真
集合写真

教育実習生に聞く③(最終回) ~和光高校で得たもの~

和光高校ブログ担当SA その他, 卒業生, 教員ブログ タグ: ,

連載企画の第3弾(最終回)です。「和光高校の学び」が卒業後どのように活きているのか、その一端をご紹介できればと教育実習生に協力してもらったこの企画もいよいよ最終回です!

Q:「今を振り返って、高校時代の経験が活きていることなどを教えて下さい。」

A:和光高校では、「自分を解放し、考えていることや思っていることを人に伝える」ということを学びました。それができるようになったことで、自己主張の強いアメリカでも大学院に進学し、成長することができました。高校よりも大学は学生がはるかに多い中で、埋もれずにいるためにも大切だなと思いました。私の大学時代のゼミの先生は、そういう和光生をとても買ってくれています。(C・Sさん)

A:「思ったことを行動に移す」「実際に行動してみる」といったことは和光高校で身についたことであり、大学におけるサークル運営や、教育学研究会への参加などに活きています。また大学と比較すると、和光高校の良さは教職員との距離が近いことです。授業のことや日々のことを気軽に相談できるのは和光ならではだと思います。(M・Oさん)

教育実習生のみなさんの高校時代を振り返ってのエピソードはいかがでしたか?実習生のみなさん、ご協力ありがとうございました!

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求