学習

高校2年 必修選択「絵画」 馬スケッチ

Web担当UR 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , , ,
「こんにちは!今回は和光高校のA講座「絵画」の活動の一端をご紹介します。
二学期「絵画」では動物をテーマにFWや鑑賞を重ねて、油彩制作に取り組みます。コロナの感染状況は芳しくなく、残念ながらなかなか外にも出れない状況は続いていました。そんな中、心地よい秋風に吹かれながら、二週に分けてスケッチに出かけました。
FWの目的は「動物を捉え方」を学ぶこと。本校のご近所「クレイン乗馬クラブ」の定休日にお邪魔して、休日をゆったりと過ごす馬のスケッチに挑戦です。
-1
馬を間近に見たことはあっても、モチーフとして観察したことがある人はあまり多くないはず。実は、馬は動物初スケッチにはもってこいのモチーフです。落ち着いた気性と、大きく引き締まった身体は、構造を描きとるにはぴったしなのです。
-2
1日目は、沢山手を動かしながら馬の捉え方を学びました。
どの部分から描いたらいいんだろう、視野に収まりきらない大きな動物を瞬時に観察して、一度記憶して、表現する間に動いてしまうんだもん。ね、苦労しました。
-3
少し慣れてきた2日目。モデルになってくれる馬を決めて、じっくり一枚を制作しました。生徒たちはおっかなびっくり手から餌をあげられるようになりました。ピンピンと生えた口ひげや口の柔らかさや温かさにこしょばい、と笑顔を見せてくれました。
-4
普段から人を乗せてお仕事している馬だけあって、人懐こく、観察する私たちをじっと見ていましたね。脚を掻いてこっちに来てというように馬に呼ばれたり、ココを掻いてと顔や身体を寄せてくれたり、馬とみんなとの間に不思議な絆が生まれたようでした。
-5
今後の動物スケッチや、油彩制作も楽しみになる授業となりました。
「クレイン乗馬クラブ」の皆様この度はどうもありがとうございました!

バーチャル徒歩帰宅(1年必修情報)

ウェブ担当YH 学習, 教員ブログ タグ: , ,
マイマップを使って、バーチャルで徒歩帰宅中

9月1日は「防災の日」であり、9月全体は防災月間となっています。

1年必修情報の授業では、9月の冒頭3~4時間を使い、身近にあるICTを活用してどのように自分の身を守ることができるかを考える授業を毎年実施しています。

前回に引き続き、2時間目は実際に被災したときのことを想定して徒歩帰宅した場合、どのようなルートを通り、どの程度時間がかかるのかをマイマップを使用してバーチャル徒歩帰宅をしてみようという内容です。

まず、防災地図記号の紹介と確認をしました。「実際に見たことはあるけど、意味までは分からない」「避難場所と避難所って何が違うの?」などの疑問を身近な例を元に一緒に考えながら確認します。

防災地図記号の紹介と確認
防災地図記号の紹介と確認

今度はマイマップを使って、実際にどのルートを通り、所要時間はどの程度なのかを確認します。あまりの時間の長さに教室は悲鳴の嵐でした。今回作ったルートは次回の授業でも活用します。

マイマップを使って、バーチャルで徒歩帰宅中
マイマップを使って、バーチャルで徒歩帰宅中

最後に、Googleマップできることを3つほど紹介しました。

一つはGoogleストリートビュー。このご時世もあって、海外旅行も行けない状況下ですがストリートビューを使えば、バーチャル内で海外旅行も楽しめます。いつか実際に行ける時が来ることを願っています。

2つ目は、ストリートビューの海中散策。例えばグレートバリアリーフの海中散策をすることができます。想像以上の景色に思わず生徒からも驚きの歓声が起こりました。

そして、最後は宇宙散策もできます。とは言ってもストリートビューはできません。。。でも、いつかできるかもしれないですね。国際宇宙ステーションから見た地球は必見です!

Googleマップを使った宇宙散策
Googleマップを使った宇宙散策

ハザードマップ制作(1年必修情報)

ウェブ担当YH 1年生, 学習 タグ: ,
帰宅経路の安否を確認中

9月1日は「防災の日」であり、9月全体は防災月間となっています。

1年必修情報の授業では、9月の冒頭3~4時間を使い、身近にあるICTを活用してどのように自分の身を守ることができるかを考える授業を毎年実施しています。

防災授業最終回となる3時間目は、前回作成したルートを「重ねるハザードマップ」を使い、ハザードマップを作図していきます。

「重ねるハザードマップ」の紹介
「重ねるハザードマップ」の紹介

「重ねるハザードマップ」は、調べたい地域の洪水や、土砂災害の被害に遭うエリアを視覚的に表示することができる地図製作ツールです。自分だけのハザードマップを制作することができます。実際に前時に作成した自分の帰宅ルート付近の安否を確認しながらハザードマップをつくっていきます。マーカをつけることができるため、避難所、避難場所の場所を確認しながらマーカーを打っていきます。また、スマートフォンでも使用することができます。

帰宅経路の安否を確認中
帰宅経路の安否を確認中

いつ来るか分からない災害。防災月間に関わらず、今回学んだことが忘れずに緊急事態にしっかり対応できるように備えて欲しいです。

インドネシアの生徒たちと交流(英語Ⅰ)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

オンラインを使って高校1年生がインドネシアの生徒たちと交流をしています。今日がその初日!

交流の目標は「目の前にいる人がどんな人なのかを知ること」。
何を大事に思っているか、どんな事に興味を持っているか、それをどう思っているかなど、相手に興味をもって話しかけていきます。
そこから相手のことを知るために自分がどんな風に関わり、反応し、そして声かけが出来るかに挑戦していきます。
IMG_3694
英語が聞こえなくても、話したいことが言えずにモジモジしても、交流したいという気持ちがあって、オンラインでも出会ってみることが大事だと考えています。
 IMG_4908
インドネシアもコロナの影響で自宅からの参加者が多く、沢山の画面が見える中で話すこととなりましたが、笑いが生まれるグループもいて、ちょっとした困難でも負けない姿を見ることができました。
 IMG_4910

ひとりひとつの国を調べる(アジアの社会と歴史)

ウェブ担当SA 3年生, 学習, 教員ブログ タグ:
KIMG1924_2

3年選択授業アジアの社会と歴史では、受講生ひとりひとりが1つのアジアの国を調べています。

クジで自分の調べる国が決まったら、座席の位置も地理に合わせて移動しました。
自分の隣国を意識する為です。
今回の授業では、一人一台PCを使いながら基本情報を調査しました。
自分の言葉でまとめながら、その国の立場に立てるように1枚レポートを作成。
今回紹介しているのはイランとフィリピンです。
Screenshot_20210918-102505_2 (2) Screenshot_20210918-102356_2 (1)
高校3年生の2学期は進路もあって落ち着かない時期でもあるのですが、
今回の授業は高い集中力で、タイピングの音だけが響き渡る時間が続きました。
次回の授業では、今回調べたことをいかして、隣国との外交関係や、世界で起こる出来事への対応など、
それぞれの国の立場でどう動くのか考えます。

災害に備える(情報)

ウェブ担当YH 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
家庭での対策についてレポート課題に取り組む

9月1日は「防災の日」であり、9月全体は防災月間となっています。

1年必修情報の授業では、9月の冒頭3~4時間を使い、身近にあるICTを活用してどのように自分の身を守ることができるかを考える授業を毎年実施しています。

1時間目は実際に起きた東日本大震災のマグニチュードの規模を世界で比較したシミュレーションを、そして東日本大震災の約10倍の被害総額が予想されている南海トラフ地震が発生した時のことを想定したシミュレーションドラマを見て、イメージを膨らませました。

3.11のマグニチュードの規模を世界の地震と比較したシミュレーション
3.11のマグニチュードの規模を世界の地震と比較したシミュレーション
南海トラフ地震が発生した時のしたシミュレーションドラマ(NHKより)
南海トラフ地震が発生した時のしたシミュレーションドラマ(NHKより)

その時間の課題は、「家庭での対策」です。事前に宿題として「家庭での対策」を家庭で確認するようにしていました。

家庭での対策についてレポート課題に取り組む
家庭での対策についてレポート課題に取り組む

次回は、もし被災したときのことを想定して、バーチャルで徒歩帰宅をしてみようです。

労働問題について考える(現代社会)

ウェブ担当YH 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
現代社会➀
3年生の必修授業「現代社会」では、毎年労働問題について学習しています。今回は、いわゆる「名ばかり管理職」として、長時間労働や残業代未払いなどを経験したことがある、元コンビニ店長のSさんとZOOMでつなぎ、お話を伺いました。
現代社会➀
現代社会②
生徒たちは熱心に話を聞きながら、多くの質問をしていました。アルバイトの権利などについても話題になり、さっそくバイト先で聞いてみると言っていた生徒もいました。

「なぜ数学を勉強するのか?」を考える(数学Ⅰ)

ウェブ担当YH 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
10th_2gakki_math003

高校一年生 2学期の初回授業では、特別編として「なぜ数学を勉強するのか?」を考えました。
10th_2gakki_math003
まずは自分の名前を付箋に書き、黒板上に貼っていきます。
考える視点は、
*数学を勉強していてやりがいを感じるか(↑アリ、↓ナシ)
*数学を勉強する意味を感じているか(→アリ、←ナシ)
10th_2gakki_math001 10th_2gakki_math004
数学について、生徒たちはいろいろな考え方を持っていることがわかりました。
「解いてて面白いし、やりがいは感じるけど、勉強している意味はわからない」
「難しいし大変だけど、学ぶ意味はとても感じている」
これらの意見に対して、

「解けた時の解放感は数学でしか味わえない。」
「数学そのものに実用性を感じなくても、数学を使って頭の中を鍛えている。」
「数学単体では意味を感じにくいけど、何かを勉強しようと思ったときに一番役に立つ知識かもしれない。」
「算数と数学って違う。算数は数を使う計算って感じ。数学は数自体を学ぶ抽象的な感じ。」

など、それぞれの「数学を学ぶ意味」を考えている様子でした。

これからまだまだ付き合っていく数学。
この機会から、数学への意識が少しでも変わってくれることを期待して、2学期も学んでいきましょう。

相模国際学園の学生さんたちと(外国人と日本文化)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
6月末、相模国際学園の生徒さんたちと、グループトークをしました。
教室とグループを分けて、いくつかのグループと話を進めるという形です。
学生さんたちは、ウズベキスタン、ネパール、スリランカ、ブラジル、インドネシアなどの国から日本語を学びに来ている、または、在日している方々です。
1 2
5月には、オンラインで自己紹介、お互いのことについて話をし、
今回はテーマを持って臨みました。
授業で各国のことを調べているうちに、一夫多妻制が授業での関心になりました。
そこから、差別、ジェンダーなど話すテーマを決めて臨みました。
直接話を聞くことによって、より具体的に、男性・女性に差があることが国々によって形を変えて現れていることがわかり、また、日本との違いにも気づくグループもありました。
ジェンダーだけでなく、学歴による違いや将来の展望などに話が及ぶグループもありました。

和光のM-1(表現)

ウェブ担当KH 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

3年選択授業「表現」。基本は文章表現なのですが、趣向を変え自宅で1分の表現動画を撮影し、それを観た受講生たちは文章で表現・応答する試みをしました。

image0 210701res2

フラダンスやピアノ演奏、朗読にクッキング実演など、皆が思い思いに表現します。

弾き語りやラップまで!和光生たちの表現能力や意欲の高さには驚かされるばかりです。

この授業は題して「M-1」、My-1分表現です。自宅撮影による濃密な表現交流は、2週の授業に渡って行われ生徒には大好評でした。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求