学習

顕微鏡で原形質分離を観察しよう!(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

高校1年生は生物を必修で学びます。

IMG_3949

少し前のことですが…この日は、細胞が「生きている証拠」でもある原形質流動を顕微鏡を使って観察した後、植物細胞が脱水して細胞壁から細胞膜で包まれた細胞の中すなわち原形質が離れる現象(原形質分離)を観察しました。

オオカナダモを100倍で観察すると、このように見えます。実際はさらに倍率を大きくして400倍で観察をしました。

IMG_3934 (1)

緑色の部分が葉緑体です。光合成をおこなう場所ということは、中学校で習いますね。写真では、その葉緑体が集まっている様子が分かります。これが、脱水し細胞膜が収縮した証拠となります。細胞膜は目では見えませんが、細胞から水が出てしまったことを実感できます。

印象的だったのは、生徒たちが細胞の並びや葉緑体の色の美しさに目を奪われていたことです。「実際に自分の目で見ることって大事だよなぁ」と改めて実感した日になりました。

IMG_3946

ミュージカル実習(声楽Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習 タグ:
IMG-0039
いつもは音楽室でJpop,アカペラ、イタリア歌曲などを学んでいる生徒たちですが、本日は昭和音楽大学の先生方が3名「ミュージカルを体験してみよう」という授業を開いてくれました。
IMG-0042
まずは音楽練習。ミュージカル特有の発声方法からはじまり、本日チャレンジする曲「フェイム」の音取りをしました。
ダンス練習ではステップや手を使う音楽表現を教えていただきまいた。
IMG-0049
最後に歌とダンスをあわせて仕上げ。プロのピアニストさんに伴奏され、気持ちよく踊り歌いました!
IMG-0039
昭和音楽大学ミュージカル科の先生方、ありがとうございました。

三鷹文学散歩へ(日本文学研究)

Web担当UR 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , ,

2年A選択「日本文学研究」では、14年連続となる、太宰治の足跡を巡る三鷹文学散歩へ。
1
例年お世話になるみたか観光ガイド協会の皆様に代わり、かつて自らも受講生であった、2人の卒業生がガイド役として参加してくれました。後方にあるのは有名な三鷹駅跨線橋です。

3グループに分かれ、順に歩きます。この班は禅林寺にある太宰のお墓参りを。
2
この後はいつものようにエッセイ集「君は太宰をミタカ(見たか・三鷹)?」を執筆。2学期最後の授業で配布、読み合います。文学作品に触れつつ、互いの作品を共有して文章力の向上にも努めます。

3

「印象派 光の系譜」展へ(美術史)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
昨日、授業時間を使って作品鑑賞に出かけました。
場所は東京駅から徒歩5分程のところにある「三菱一号館美術館」
の「印象派 光の系譜」展。
イスラエル博物館の収蔵作品を借りて展示されており、日本初公開の作品が多数ありました。
1
レッサー・ユリィ「風景」の作品を食い入るように見ています。
2
クロード・モネ 「睡蓮の池」日本初来日の作品です。
3
クロード・モネ「ジヴェルニーの娘たち、陽光を浴びて」
4
鑑賞を終え、先に出てきた生徒。中には暗くなるまで時間をかけてじっくり鑑賞する生徒もいました。
コロナも落ち着き、ようやく外に出て本物を鑑賞することができました。生徒は新しい発見と同時に、楽しい時間を過ごせたようです。
三菱一号館美術館の皆様、施設の紹介や展覧会の概要説明など本当にありがとうございました。来週からは再生素材のアートクレイシルバーを使っての実技授業(シルバーアクセサリー制作)になります。

生理について、性について、考える(総合Ⅱ)

ウェブ担当SA 3年生, 学習, 教員ブログ タグ:
今日は3年生の必修授業「総合」の一つのクラスで、
一般社団法人 READY BOXのうららさんとりえさんに「生理の話」をしていただきました。
36sougou111802 (1)
はじめは、もじもじしていたように見えた生徒たちも、
お二人の話を聞くうちに顔が上がり、
グループトークでは
「つらいときは休む!」
「イライラしてるとき、いつもあたってるよね」
「痛くて痛くて何もできなくて、ただただごめんね」など、
率直な発言が出されていました。
最後には一人の男子生徒が、
「つらそうなとき、こちらから声をかけたほうが良いのか
それとも何か言ってくるのを待てば良いのか知りたいです」
とリアルな質問。
それに対しては「相手にもよるけど、どうすればいいか対話できると良いですね」
という答えがありました。
36sougou111803
授業後にはお二人を囲んで話し込む生徒たちの姿も。
生理のこと、性のことは大切な人権なのだということ、自分の生き方にも関わるということ、
そんなことがじんわりと伝わり、たくさん考えることのある授業でした。
うららさん、りえさん、ありがとうございました。
36sougou111801
「READY BOX STORE: 初めての生理準備BOX」ホームページはこちら

グラウンドポールの高さは何メートル?(数学Ⅰ)

Web担当UR 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , , ,

現在、高校1年生の数学の時間では「三角比」を勉強しています。

サイン、コサイン、タンジェントという3つの比率を用いて、様々な測量計算ができるのですが、今回はその知識を用いて、グラウンドにある防護ネットのポールの高さを測ってみました。

0

まずは教室で計測するための器具を作成します。

この段階で歪んでしまうと、計測結果にも大きく影響してしまうので、みんな真剣に作っています。

1 21

完成したらいよいよグラウンドに飛び出して、計測を開始します。

各班ごとに協力しながら計測していきます。

3 4 5

最後は教室に戻ってきて、計測結果をもとに計算をしていきます。

個人だとばらつきが出てしまうので、班ごとに平均をとったりして、班の意見をまとめていきます。

結果発表をしたところ、最も正解に近い班の誤差は5cm!

簡単な器具でも、ここまで正確に計測ができるのは驚きですね。

 

My埴輪(はにわ)をつくります!(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
2年選択授業「日本古代史研究」では、「埴輪づくり」に挑戦しました。先週上野にある国立博物館を見学し、本物の埴輪を詳細に観察してきたので、それも参考にしながら作りました。
IMG_6083 (1)
完成した埴輪は、乾燥させたあと窯で焼く予定です。焼き上がりが楽しみです。

死刑制度の是非を考える(世界史)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
1年生必修「世界史」の授業は、現在フランス革命からナポレオンにかけての歴史を学んでいます。そのなかの「ルイ16世がギロチンで処刑される」というできごとから発展し、今日の授業では日本の死刑制度の是非について討論しました。
世界史ディベート写真「死刑の是非」
司会や賛成派・反対派の代表も、すべて生徒が立候補して決まり、それぞれ準備をして今日の授業に臨みました。
どちらの意見にも説得力があり、議論を聞いて自分の意見が変わった人もいました。歴史は過去のできごとですが、現代の問題を考えるきっかけにもなります。

終わらない戦争 ~毎日新聞 栗原記者講演~(戦争と史跡)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

A選択の「戦争と史跡」では、毎日新聞の記者派遣制度を利用して「出前授業」が行われました。

お話頂いたのは、栗原俊雄記者。

戦争と史跡1

「8月にはメディアで戦争のことがたくさん取り上げられる」というところからお話が始まり、これには一つの型があるとのこと。「体験者の語りがあり、戦争は悲惨でだから繰り返してはいけない、という展開をたどるものが多い。でも、それでは『戦争は昔の話、終わったこと』という印象を残してしまうのではないか」という問題提起。

戦争と史跡2

その後、具体的に、戦争孤児の戦後、空襲被害者が今も補償を求めているということ、戦争で亡くなった方の遺骨の収容が未だ終わっていないことなどをお話しくださり、21世紀になってもまさに「戦争は終わっていない」。過去の問題ではないのだ、ということを学びました。最後には、質疑応答も行われて、充実した時間を過ごせました。

 

自由律俳句をつくる(表現)

ウェブ担当YH 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG_6103

3年選択授業「表現」では10月25日、学校近くの薬師池公園へ。

IMG_6103
講座初のFWで、散策後に自由律俳句を5つ作ることが課題です。
昨年新しくできた西園では、憩いの時間を過ごすスペースも。

IMG_6107

受講生たちは思い思いに秋のひとときを過ごしました。

IMG_6108

※撮影のため一時的にマスクを外しています。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求