校長ブログ

オンライン少人数学級推進署名へのご協力を

サイト管理者 校長ブログ

和光学園親和会員の皆さまへ

~少人数学級推進オンライン署名ご協力のお願い~

和光学園校長会

和光鶴川幼稚園・和光鶴川小学校 校園長 加川 博道
和光幼稚園・和光小学校 校園長 北山ひと美
和光中学校・和光高等学校 校 長 橋本 暁

 

2学期が始まってしばらく経ち、各校・各園とも学び舎に子どもたちの元気な声が響いております。

さて、現在インターネット上で、少人数学級の実現を求める署名が行われています。少人数学級の実現は、私たち和光学園としても長い間その実現を願ってきたものでした。本署名の呼びかけ人には、昨年の和光デーで講演頂いた本田由紀先生、和光大学の山本由美先生、本学園の教育研究会でお世話になった佐藤学先生などが名を連ねています。また、全国知事会会長・全国市長会会長なども少人数学級の実施を求めています。文部科学大臣も「来年度から小中学校に、おいて少人数学級を段階的に導入することを検討していること」を明らかにした、との報道があります。この流れを加速し、確実にするという点で、私たちとしてもオンライン署名に協力していきたい、と考えます。親和会員のみなさまもぜひご賛同いただき署名に協力して頂ければ幸いです。

本学園では、長い期間にわたり、私学助成の拡充を中心として、ゆきとどいた教育を求める署名に取り組んできました。こちらの署名は、国会・都議会に直接提出しますが、議会で審議が行われる請願として取り組まれてきました。署名を集める過程で、対話があり人々に直接訴えることができ、また、提出の過程で議員の方々と話をしたりすることにより、流れをつくっていこうというものでした。こちらの署名運動も動きがスタートしています。こちらの署名への取り組みも併せてお願いいたします。

1学期を終えるにあたり

ウェブ担当SA 校長ブログ
IMG_6156

先週末7月31日、和光高校は1学期の終業日を迎えました。和光の生徒に限りませんが、慣れないことに取り組み不自由なことが多くて生徒たちは大変だったと思います。以下は終業日の校長のことばです。文中にもありますが、学校という場に集って何かをすることの大切さということを、生徒・教職員とも痛感した1学期でした。

<1学期を終えるにあたり>

生徒のみなさん

何とか1学期の終業を迎えることができました。6月1日に学校が再開してから、みなさんには、毎日の検温、教室に入る前に手を洗う、距離を保っての生活を心がけてもらう、マスクの着用などに協力してもらいました。学校の中からクラスターを出さずに学期末を迎えられて、一安心しているところです。

分散登校から始まって、少しずつ段階を踏んで学校生活をもとに戻してきました。しかし、今の時点でも、学校生活が日常に戻ってきたわけではありません。クラブ活動には顧問についてもらっていますし、授業も家庭科や音楽には大きく制約があったり、その他の科目でもグループ活動が制限されています。そのような中でも、登校できなかった時期と比べれば、和光高校が大切にしてきた「人と人の関わりを大切にする」ということを多くの授業で進めることができたのではないか、と感じています。また、数は多くないですが、フィールドワークに出かけ現場ならではの学びが深まったと聞いています。

先だっての職員会議で皆さんの学習の状況について話題になりましたが、全体としてみれば、休校期間中も含め課題への積極的な取り組みがあったと評価してよいでしょう。これは、生徒の皆さんの「学びたい」という気持ちが反映したものと思っています。

授業だけではなく、和光高校が大事にしてきた生徒会行事についても触れたいと思います。職員会議での議論を基に学校協議会を通じて、行事を実施するうえでコロナ対応として皆さんに考えてもらいたいことを伝えています。これを受けて執行委員会を中心に今後どうしていくか、方針を決めていくことになるのでしょう。決めた方針通り実施できるかどうかは、様々な要因からはっきりしませんが、自治活動をあきらめずに高校生らしい工夫のもと進めていくことを期待しています。

今、1学期を終えるにあたり、以上語ってきたようなことから、顔を合わせての学校生活の意義というものを私は改めて確信しています。別な言い方をすれば、コロナ禍のもと「学校とはどのような場か」ということが問われていた訳ですが、その答えは、はっきりしたと思っています。

東京および全国での感染者数が増加している現状では、この先どうなっていくのか見通すのは極めて困難ですが、改めてみなさんに感染予防に努めることを呼びかけると共に、暑い季節ではありますが、慣れない生活の中で疲れたであろう心身を休める夏休みにして欲しいと思います。

2020年7月31日 和光高等学校長 橋本 暁

 

入学式 校長式辞

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ: ,

第71回 和光高等学校 入学式 式辞

8a6878828535297e9514f61ff906a778

新入生のみなさん、ようこそ和光高等学校へ。高校への入学は決まっていても、1回も通学できてないのだから、自分は本当に高校生になったのだろうか、と思っていた人もいるでしょう。ですから、ここでみなさんに改めてお伝えしたい。新入生のみなさん、入学おめでとう。私たちはみなさんのことを心から歓迎します。

休校期間中、なかなかみなさんに和光高校としてのメッセージを伝えることができませんでした。最初のうちは、郵送やホームページを通じて、という形を取らざるを得ませんでした。そのような形の一つとして、校長メッセージを4月に動画配信しました。見ていてくれると嬉しいのですが、その中で、みなさんに考えて欲しいと投げかけた問いがあります。それはこんなことでした。「米国のトランプ大統領は、『自分は戦時下の大統領だ』と宣言し、『コロナウィルスとの闘いは戦争だ』と言いました。しかし、私はこの認識は明確な誤りだと思っています。みなさんに直接会えた時に、私の考えは述べたいと思っています」と伝え、みなさんにトランプ発言について考えることを呼びかけました。今、私なりの考えを皆さんに伝えるときでしょう。

戦争というものは基本的に自国の外に敵がいる、ということを前提にするという点で、大きく違うということです。コロナウィルス感染症は世界的な、グローバルなものです。ですから、お互いの国の情報を交換して対処しなければなりません。具体的に言えば、ウィルスはどんな特徴を持っているのか、どんな薬が効くのかということでしょう。国際的に助け合わないと病気に対抗できません。マスク、検査試薬など医療用品をお互い融通しあうことも病気の広がりを防ぐために必要です。他国を敵とするのではなく、協力しなければならないのです。しかし、戦争に似ているところもあります。戦争中には、国内的な対立が棚上げにされ、団結が呼びかけられるのは歴史が教えてくれるところです。非常時だということで様々な我慢が必要になることも似ています。トランプ大統領は、国内的団結を自分への支持率アップにつなげるために、そして、コロナを予防するのに国民に我慢を強いることを正当化するために「戦争だ」と言ったのでしょう。

(さらに…)

忌野清志郎さん

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ:
image

4月21日の校長メッセージで、新聞記事を引用して、こんな時だから「好きな音楽を聴いて、人類には『不要不急』の活動がいかに大事かを再確認しよう」、「(音楽を聴きながら)、自分の気持ちを落ち着かせながら日々過ごすこともまた大事なこと」と皆さんに伝えた。
 

私が、自分が閉塞感にとらわれている時によく聴く曲に忌野清志郎さんの「Jump」という歌がある。もう亡くなってしばらく経つので、名前の読み方が分からない人もいるだろうか。「いまわのきよしろー」というロック歌手。この「Jump」の1番で「なぜ悲しいニュースばかり TVは言い続ける なぜ悲しい嘘ばかり 俺には聞こえる」と歌い、2番で「何が起こってるのか 誰にもわからない いい事が起こるように ただ願うだけさ」と続く。現在そのものの状況のように感じる。そして、サビのところに「Jump 夜が落ちてくるその前に Jump もう一度高くJumpするよ」という歌詞がある。諦めていないで、最後に悲惨なことになる前に、もう一度やってみようぜ、というメッセージに聞こえて、私はいつも励まされている。歌の力というものを実感するし、今も残っているミュージックビデオを見るとそこにもメッセージが込められているのを強く感じる。

 

忌野さんは、歌手には珍しく、必要なことにはおかしいと音楽を通じて訴える人だった。その彼の命日は5月2日。まだ58歳という若さだった。私はコアなファンという訳ではないけれど、毎年この季節には彼のことを思い出す。今年はとりわけ、もし忌野さんが生きていたらどんな歌を作っているのだろうか、と思わずにはいられない。

校長より和光生のみなさんへ

ウェブ担当SA 校長ブログ

和光高校生のみなさん、こんにちは。

校長の橋本です。新2・3年生の皆さん、進級おめでとう。新しい担任の先生がだれになるか、ドキドキしていた人もいるでしょう。

そして、新入生と転入生のみなさん、ようこそ和光高校へ。このように動画配信という形ですが、みなさんにお話しできて本当にうれしく思っています。

さて、和光高校は今年先生たちの体制に大きな変化があります。8年間にわたり副校長を務めた梅津靖先生が退職され、新しく林尚子先生が副校長になりました。どうぞよろしくお願いします。

生徒のみなさん、保護者の皆さま、既に新しい教科書と学年や担任の教員からのメッセージ、そして取り組んでほしい課題が家に届いていると思います。このような形ではあれ、何とか新しい年を始めることができて良かったと思っています。コロナウイルスがいつ収まってくるかは誰にも分かりません。ですから、「学校がいつ再開できるか」私にもはっきりとしたことは言えません。休校が続く限られた環境の中で、どのように和光高校の学びが始められるか、私たちも準備しているところです。

和光高校は、人と人の関わりを大切にし、生徒中心の活動を大事にしてきました。みんなで集えない中、今後どうしていくか、みなさんとともに考えていきたいと思っています。

和光生のみなさん、コロナウィルスの影響はどこまで続くかは分かりません。今、できることをやりましょう。学校からの課題にはもちろん取り組んでほしいのですが、私のお勧めは、家にある本を読みなおしてみることです。そして新聞に眼を通して欲しいと思っています。そうやって、ことばで考える力を鍛えて欲しいと思っています。どうしても読むものが無いという人は、校長ブログで紹介している、ブレィディみかこさんの『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』という本を読んでみてください。そんなこと言われたって、本屋さんは多く閉まっているし、図書館も閉まっている中で、どうしたらいいんだという人もいるでしょう。出版社のホームページに4章分、文章が出ています。ぜひ検索してアクセスして読んでみてください。

先ほど、新聞を読んでほしいといいましたが、ジャーナリストの金平茂樹さんという人はこんな文章を書いています。「自宅にいる時間が増えたのなら、本を読んで批判精神が鈍磨しないようにしよう。鈍磨って耳で聞いてちょっと分からないですね、鈍くならないように、ということです、本文に戻ると、「好きな音楽を聴いて、人類には「不要不急」の活動がいかに大事かを再確認しよう。」と言っています。そうやって、自分の気持ちを落ち着かせながら日々過ごすこともまた大事なことだと思います。

もう一つ、お願いがあります。考えて欲しいことです、みなさんに。米国のトランプ大統領は、「自分は戦時下の大統領だ」と宣言し、「コロナウィルスとの闘いは戦争だ」と言いました。しかし、私はこの認識は明確な誤りだと思っています。みなさんに直接会えた時に、私の考えは述べたいと思っていますが、ぜひ和光高校生の皆さんにもこのことを考えてほしいのです。

高校の教職員一同、みなさんに一刻も早く会えるのを楽しみにしています。密集状態をさけ、健康に気をつけて毎日を過ごしながら、先ほどの繰り返しになりますが、今、できることをひとつ一つやっていってください。

校長より新入生のみなさんへ(4月8日付)

ウェブ担当SA 校長ブログ
DCIM100MEDIADJI_0014.JPG

新入生の皆さん、昨日ホームページ等でお知らせした通り、16日に予定していた入学式を延期せざるを得なくなりました。和光は人と人のつながりを大切にしてきた学校です。仲間と共に学ぶことを大切にしてきた学校です。在校生も皆さんとの出会いを楽しみにしていました。残念ながら、皆さんに会えるのは、しばらく先のことになってしまいます。4月10日に郵送する通信で、新しいクラス・担任の先生を発表できるよう準備しています。同時に、休校期間中、和光高校での学びに少しでも触れられるように課題を準備し、同梱します。ひとりで取り組むのは大変かもしれませんが、頑張ってみてください。

 

今回の事態は歴史的な事態でここから学ばなければならないことがたくさんあるように思います。その参考として、藤原辰史さんという歴史家の文章をぜひ読んでみてください。新入生の皆さんには難しいかもしれませんが、部分的にでも読んでもらえれば、考えるための様々なヒントが散りばめられているように思います。

 

緊急事態宣言も今日出される予定で、外出も控えなくてはいけませんが、健康・安全に配慮した生活を送ってください。

翼の木としだれ桜
翼の木としだれ桜

2020年4月7日 和光高等学校長 橋本 暁

第68回 和光高等学校卒業式 式辞

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ:
IMG_8869

8a6878828535297e9514f61ff906a778

コロナウィルス感染の広がりが心配される中でしたが、規模を縮小し時間も短縮した上で、去る3月12日(木)に卒業式を行うことができました。保護者の皆さんと私たち教職員で、卒業生の門出を祝うことができて、本当に良かったと思っています。以下は当日の式辞です。卒業生の4月からの新しい生活が一刻も早くスムーズに始まることを祈るばかりです。

 

校長式辞

卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。そして、卒業生を今日まで見守ってきた保護者の皆さん、ご家族の皆さん、心よりお祝い申し上げます。

今日の卒業式は、卒業生のみなさんにとって、卒業という一つの区切りであると同時に、別な意味も付け加わった卒業式になりました。言うまでもありませんが、新型コロナウィルス感染対策の一環として、規模を縮小し在校生の参列がなく、合唱を省き、時間も短縮という形で行わざるを得ません。みなさんの心中を察するに、無念に思っている人も多いと思いますが、私たちとしても苦しい判断でした。どうか理解して欲しいと思います。

コロナウィルスの発生自体は、一つの自然現象に過ぎません。歴史的に見ればコレラや天然痘といった病気が大流行し社会に大きな影響を与えたことは過去にもあったのです。しかし、今の日本の社会で起きていることは、私たちの生きる世の中がどのようなものであるか、を考える材料となると思います。現在進行中の出来事ですが、しばらく後から振り返ってみれば、2011年の東日本大震災と原発事故級の大きな出来事になるのは間違いないことです。私は社会科の教師なので、そのことについて語りたい誘惑にもかられるのですが、こういう状況の中、可能な限り日常を取り戻すということも意味があることと思うので、敢えて元々皆さんに送りたいと考えていた話をしたいと思います。

(さらに…)

調理室バザーのお礼のお便りが届きました

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ:
和光鶴川幼稚園から調理室バザーのお礼のお便りが届きましたので、ご紹介します。
2020-02-21
2020-02-21 (1)
イベントで演奏したのが、和光の卒業生だったり、調理に関わっている方が元親和会員や卒業生だったり、と和光学園ならではのつながりを感じました。大変ありがたいことだと思います。
和光高校親和会員のみなさま、ご協力ありがとうございました。

本のおすすめ ~ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー~

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ:
僕はイエロー

中学生と高校生にすすめたい本を1冊ずつ紹介します。

小説を読めば、自分が経験できないようなことに出会えるし、「ネットで何でも分かる」と言われる世の中だけど、じっくり本を読んで考える力は、学校を出てからも学び続けるために必要だ、と思います。

高校生にはノンフィクションで『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』。著者はブレイディみかこさん。お名前から想像できるように国際結婚をされていて、イギリス南部のブライトン在住。彼女の息子さん(表紙の少年でしょう)の中学校での生活やイギリス社会が描かれている本です。イギリスは、つい先だってEU離脱を行い(目下のところは移行期間だけれど)注目されている国ですが、ブレグジットの背景に移民問題があることは、しばしば指摘されます。その実情がこの本のあちこちで描かれている。一つ例を出せば、自身も東欧からの移民なのに、別なカテゴリーの移民に対し差別発言を連発する息子の同級生が出てきます。そして、東洋系のルックスを持つ自分たちもよそ者として扱われた経験を扱いながら、「異文化の人たちが交流する、共生していく」とはどういうことか、という問いをブレイディさんは投げかけています。

日本でも、外国にルーツを持つ人が増えていく中で、異文化共生という問題は他人事ではありません。そういう意味で、「母ちゃんの国にて」という章のエピソードには考えさせられるものがあります。一時帰国したブレイディさんと息子さん、おじいさんと一緒に日本料理店で食事を楽しんでいます。その店で、スーツ姿の男性に、息子は「日本語ができるのか」と聞かれる、「うちの子は英語オンリーなんです」とブレイデイさんが応える、そうするとその男性が「日本に誇りを持つ日本人ならそれじゃいかん。あんたも日本人なんやけ、日本語を教えて、日本人の心を教えんと、日本の母とは呼べんな」と返すわけですが、この男性に対し私たちは何と言ったら良いのでしょうか。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』について、もう一つ特筆すべきことは、この本は、実は学校論にもなっているということです。演劇教育やシティズンシップエデュケーションについても取り上げられています。私たちが参考ないし参照すべきことがいくつも載っています。そういう意味では、この本は若い教師たちにも是非読んで欲しいと思います。

 

ato

そして、中学生には、小説で瀬尾まいこさんの『あと少し、もう少し』。この本は、地方の中学生が駅伝大会に出場するまでのあれこれと当日の様子を描いたものです。6人の中学生のそれぞれの語りで話が進行していくのですが、ページをめくっていくと、同じ場面が別の視点から描かれていて、「あぁ、そういうことだったんだ」と分かる作りになっています。駅伝へと向かっていく中学生の気持ちがリアルに描かれていて、きっと共感できるはずです。中学生を描いた小説はいくつも読みましたが、瀬尾さんの描く中学生の姿には現実感があります。気になって調べてみたら、この方、京都府の中学校で5年間国語の先生をされていたのだそうで、その経験が投影されているのでしょうね。そう言えば、作中に登場する、競技経験が全くない、ど素人なのに陸上部の顧問を担当させられる上原先生の言動も、とてもリアルかつ的確なのですが、それも同じ理由からでしょう。唯一、難点を挙げるとすれば、中学生ってもっと「もやもや」していて、自分が何なのか、何に悩んでいるのか、ことばに出来ないから大変なのであって、作品中の少年たちのように明確にことばになっていれば、苦労はしないよな、とは思いました。しかし、「もやもや」のままでは小説にはなりませんから、そこは仕方ないですね。

前の映画のお勧めのときもそうですが、この2冊、保護者のみなさんにも心からお勧めします。

※この投稿は、校長ブログの中学版と高校版とで、段落を入れ替えただけで内容は同じです。

【再掲載】映画のおすすめ ~僕たちは希望という名の列車に乗った~

ウェブ担当SA 校長ブログ タグ:
©Studiocanal GmbH Julia Terjung

※以下の投稿は2カ月前にしたものですが、12月の初めにレンタル・販売開始になったとのことで再掲載します。ブログを見て、「映画を観に行ったよ!」という声も寄せられました。ありがたいことです。冬休み、機会があればぜひ見て下さい。

高校生に是非見てもらいたい映画がある。

©Studiocanal GmbH Julia Terjung
©Studiocanal GmbH Julia Terjung

タイトルは『僕たちは希望という名の列車に乗った』(原題は『黙とうする教室』)。舞台は今から60年少し前、米ソ冷戦下の東ドイツ。卒業を控えた高校生による授業中のちょっとした行動が国家への反逆とみなされ、最初に言い出した人間を知らせないと高校の卒業資格を与えないぞ、と脅される。最終的には、国の文部大臣まで登場して決断を迫ってくる。仲間を「売る」のか、首謀者を教えずにエリートの道を捨てるのか(当時のドイツでは、ギムナジウムという高校課程に通えるだけでエリートコースだったし、現在のドイツもそういう傾向はある。卒業資格があれば基本的にどこの大学でも入学できる仕組みである)、選択を迫られるというストーリー。

映画の紹介なのでネタバレになってはいけないのがもどかしいが、歴史や政治に興味のある人にはぜひ見てほしいと思う。「国家」とは何だろうか、「人生の選択」とは何なのか、ということを考えさせられる映画だ。そして、実は家族を描いた映画でもあるので、保護者の皆さんにも是非ご覧いただきたい。5月から息長く上映していて、おそらく今回が最後に近い上映と思われる(9月28日から)。みなさんの行動範囲に上映館があるので、ギリギリのタイミングだが、紹介が間に合ってよかった。

 

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求