進路指導

和光高校の進路指導

一人ひとりに寄り添い、将来の生き方を考えていく、3年間を見据えた進路指導

 

和光高校の進路指導

本校の進路指導では、単に学校選びだけに留まらず、個性を尊重し、本人が自分の進路をいかに主体的に考えていけるか、を第一に考えます。

状況に応じて、担任や教科担当教員、進路指導教諭とじっくりと時間をかけて話し合い、一緒になって進路を探っていけるようサポートしていきます。また、生徒全員に配布する「進路通信」、数々の進路行事や学年行事を通2、3年次では必修授業と並んで、多くの「選択授業」がありますが、幅広い学問分野に分かれている選択授業は、進路における可能性を探り、きっかけをつくる意味においても密接に絡んでくるものと言えます。

実際に、選択授業の中から関心のある分野を見出し進路につなげた卒業生も多く、その結果和光生の進路先は実に多様です。一人ひとりに寄り添い、将来の生き方を考えていく3年間を見据えた進路指導を大切にしています。

進路指導部長 小田桐 雅之

 

各学年における進路指導目標

1年生

● 進路における将来の選択肢を増やすためにも、普段の授業で日々の積み重ねをし、基礎学力をしっかり身につける。
● 大学進学のみにこだわることなく視野を広げ、さまざまな生き方や価値観を意識する。
● 授業や行事において幅広い生き方や考え方に触れることにより、自分自身を知る。

1年次の進路スケジュール

2年生

● 自分が将来何をやりたいか、それに向かって具体的にどのような準備が必要かを考え、多様な他者や学びと出会いつつ、自己理解を深める。
● さまざまな受験制度を知った上で、それに対応できるよう、日頃から学校生活のあり方を自覚し、きちんとした学習習慣、生活習慣を身につける。
●「 選択授業」が自分の進路にどのような意味があり、関わっていくかを考える。

2年次の進路スケジュール

3年生

● 具体的に進学校を決めていく上で、大学や専門学校への進学は、自分の進路にとってどのような意味があり、関わりを持ってくるのか、学校で何を学びたいのかなど、目的意識においての軸をはっきりさせる。
● さまざまな受験方法、それにともなうルールや手続きを理解する。
● 個人、三者面談を丁寧に行い、生徒本人や家庭の信頼を得られる指導を行う。

3年次の進路スケジュール

進路指導