学校生活

和光高校の学び

授業の様子

❶ 3年間同じクラスで学ぶ価値

和光高校では、3年間クラス替えがありません。

それはなぜか。 ― 自分で考え、他の人の意見を聞きながら、自分たちの生活を自分たちでつくっていくためには、クラスを基本としたゆとりある人間関係づくりがまず第一だから ー です。

2年生から選択授業が始まり、3年生では必修科目が「社会」と「総合」「理科」「体育」だけになり、クラス全員で学ぶ必修科目より選択講座がむしろ多くなります。クラスメートがそれぞれ別々の選択講座をとれる環境でクラス替えをしたら、生徒会の行事やHRが成り立たなくなってしまいますよね。(参照:教育課程表

和光高校では、クラスが3年間かけて育っていくことをベースに、行事と授業、そして一人ひとりの学びがあります。

❷ 基礎学力の充実

基礎学力の定着のための学び

「考える力」「表現する力」を重視し、定期テストのほかに提出物や発表、討論の活動など生きるために必要な基礎学力を定着させることを目標にしています。

全員が必ず学習する必修授業では、いわゆる「詰め込み式」ではなく、じっくりと取り組めるように精選した内容で進めています。

 

❸ 学校生活のすべてが学びにつながる

多彩な選択講座
コース制とは違って、幅広い分野にわたって設置された選択講座の中から、自分の興味・関心に応じた組み合わせでとることができます。いろいろな経験の中で、進路について具体的に考えていけるようになります。選択での新たな出会いは、新しい自分との出会いでもあります。

❹ 学習と生活をテーマにした個人面談

1年生の1学期から毎年1回以上、個人面談を行っています。学習、生活などの状況や心理について、生徒一人一人と担任がじっくり話し合うことが目的です。