2学年の学習

2年の生活

自分探しの第一歩

2年生になると、和光高校ではさまざまな科目を含んだ選択授業が始まります。
芸術選択だけであった1年生からみると非常に幅が広がります。
実習や作業を軸に学習する授業、研究と討論を軸とする授業、
制作をする授業など必修授業とは違ったさまざまな内容・形態の授業を少人数で受けることができます。
自分で授業を選びとっていく中で、自分が本当にやりたいことが何なのか見えてきます。

出岡 聡志さん

2年の紹介:出岡 聡志さん

自分の「好き」を大切に

自分の高校生活はやりたいことも好きなようにやっています。日常生活、部活、バイト、髪の毛を染めたり、服も好きな物もとにかく楽しくがモットーです。
部活動ではブラスバンド部でギターを弾き、写真部で様々なものを撮ったり、バドミントン部で先輩後輩同級生問わず楽しく過ごしています。
授業を選択して取ることができて、自分の楽しみや先輩の話を聞いて決めました。中でもB2の「声楽」はとても楽しいです。自分は音楽が大好きなので、1年生のときからずっと選択しています。先生もとても面白く、みんな音楽で楽しんでいます。また、A選択の「農と地域」では先生が好きで選択しました。1年生の時の担当で、人柄が良く、授業の流れも好きなのですぐに決めました。
自分は和光高校に入り、自分の好きをしっかりと考えることができました。自分の好きなことを隠してしまう人、そんな人には和光にはとてもいい場所だと思います。

 

高橋 美結さん

2年の紹介:高橋 美結さん

学びが身につく選択授業

「選択授業があるというところに魅力を感じたので、和光高校を志望しました。」私は和光高校の入試の面接でこう言いました。
2 年生では必修選択が12種類と、自由選択27種類があります。3年生になると、必修選択が13 種類と50 種類以上の自由選択があり、
私は選択授業の多さに魅力を感じていました。
私は中学生の時は演劇部でした。中学生の時はもちろん「演劇」という授業はないので、授業に「演劇」があることが嬉しくて、「絶対に演劇の授業を取る」と思いながら入学してきました。
高校生になってから、学校外の舞台に出演し始めました。演劇の授業で身につけたものが、すごく役立っていて、演劇の授業をとってよかったと思うことはたくさんあります。自由に選択授業を取れるからこそ、自分に身につけたいものを身につけることができるし、また新たに自分に合うものを見つけることができると思います。

 

2年生の時間割の例

2年の時間割


2年生の選択講座

2年生では必修選択講座1枠と自由選択講座が2枠あります。「必修選択A」は全員が選択する講座枠です。各講座の授業計画には「フィールドワーク」が組み込まれており、教室の外に出てリサーチなど活動をする学習を重視しています。秋には3泊4日の研究旅行に出かけます。講座ごと全国各地で学習をします。

 

自由選択B1
現代史 数学研究 食物Ⅰ甲
物理A スポーツ研究 機械工学
素描Ⅰ 口語英語Ⅰ甲 中国語Ⅰ
韓国語・朝鮮語Ⅰ 英文解釈Ⅰ 被服Ⅰ
自由選択B2
翻訳小説を読む(休) メディア論 地域研究
化学A 演劇Ⅰ 書Ⅱ
声楽Ⅰ 工芸Ⅰ デザインⅠ
異文化研究Ⅰ 口語英語Ⅰ乙 食物Ⅰ乙
デジタルデザイン  入門古文