教えて高校生!(小学生との交流授業)

和光高校ブログ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ
先月のことですが、
和光高校2年生と和光鶴川小学校5年生の交流授業がありました。
小学生が英語の手紙を書くことを高校生がサポート
小学生が英語の手紙を書くことを高校生がサポート
同じ和光学園の和光鶴川小学校では、
フィリピンのレトラン小学校と国際交流を行っているそうですが、
その手紙のやり取りの翻訳を高校生がお手伝いするというものです。
和光高校に来てくれた小学5年生と、高校2年4組、2年5組の生徒は
それぞれ違う教室で、班ごとに一緒に作業を進めていきます。
普段の英語授業は1クラスを半分に分けたハーフクラスで行っていますが、
この日はクラスみんなで小学生をおむかえしました。
「これで伝わるかなぁ~。」
「これで伝わるかなぁ~。」

可愛い手作りの英語の手紙を、
まずは高校生がだいたいの内容を日本語になおして伝えます。

「こんな言い方もあるよ?」
「こんな言い方もあるよ?」
その後、小学生が書いた日本語の手紙を、
今度は相手に送るために英語にする作業を高校生がお手伝いします。
「この子の名前はなんてよむんだろう?」
「ねーねー、4人家族です、って英語でなんていうの?」
10歳くらいのフィリピンの子どもが書いた手紙を日本語にし、
今度は日本語をわかりやすい英語にして手紙にするという作業は、
なかなか難しいこともあります。
「何って書こうかねぇ~」
「何って書こうかねぇ~」
高校生もいつもの授業とは違う英語をたくさん使ったようです。
2時間続きの授業でしたが、
最後にはすっかり仲良くなった小学生と高校生。
「また遊ぼうね」
なんて約束をして、お別れしている生徒もいました。
「難しいけれど、楽しいよ!」
「難しいけれど、楽しいよ!」
みんなの気持ちがこもったお手紙が無事に届きますように。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求