2年選択授業「古代史」フィールドワーク

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ
土曜日に古代史で相模原市にある「田名向原遺跡・旧石器時ハテナ館」に行きました。
館内で説明を受けた後、相模川河川敷で自然の石を使って石器(石斧)をつくる実習をしました。「ホルンフェルス」という石は割れやすく、上から落とすときれいに割れます。それを切り込みを入れた木の枝に挟んでひもで縛り、石斧を作りました。
「本当だ!割れた!」
「本当だ!割れた!」

午後は黒曜石を使った石器づくりです。鹿の角を加工した道具を使い、弓矢の先につける「鏃(やじり)」や投げ槍の先につける「尖頭器(せんとうき)」をつくります。

黒曜石
黒曜石
鹿の角を加工した道具を使って「尖頭器」をつくる
「尖頭器」づくり

力を加えると黒曜石の裏面が剥がれ落ち、鋭利な形になります。

これらの実習を通して、旧石器時代の人々の技術の高さを再認識するとともに、なぜこの遺跡から大量の石器が出土したかなど、古代の歴史の謎について考えました。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求