オープンスクール

みなさんはどんな高校生活を期待しますか?

和光には、個性豊かな友だちとの出会い、調査や討論のある少人数制選択授業が約120 講座、そして生徒が自分たちで考え創り出す体育祭や文化祭など、たくさんの発見と楽しみがあります。

オープンスクールでは、授業を実際に体験できます。また、生徒会が主催する交流会があります。そこでは高校生が、面白い授業やふだんの生活、クラブ活動、ありのままの学校生活を紹介してくれます。

和光高校オープンスクールでみなさんの参加をお待ちしております。

 

オープンスクール2019開催要項

開催要項

 

プログラム 

時間 内容
10:20 受付開始
10:50 オープニングセレモニー
11:30〜12:40 体験講座
ランチタイム 昼食は無料です。
13:20〜 クラブ紹介と高校生との交流
保護者体験講座
14:40 クロージング

体験講座一覧

1.ア・カペラコーラス(音楽)
ア・カペラと言っても多くのジャンルがあります。今回は楽器の音も声で表現し、それを歌にまぜ、歌ってみましょう。和光生も一緒に歌ってくれます。歌のハーモニーとリズムが作り出す音の世界にあなたもどうぞ。
  • 定員:25名
  • 会場:音楽室
  • 担当:赤生 倫彦
2.音とリズムは英語の楽しみ(英語)
言葉には様々な表情があります。人に意志を伝える道具、 人の考えを知る道具、その使い方によって美しく伝わることもあれば、強く訴えることもあります。今回は英語が持つひとつの特徴である音とリズムを通して英語を楽しみたいと思っています。
  • 定員:20名
  • 会場:4ゼミ
  • 担当:島村 香子

3.版画でつくるTシャツデザイン(美術)満席
版画には、凸版、凹版、平版、孔版の4種類があります。今回はその中の孔版(簡易版シルクスクリーン)を使ってTシャツにロゴを刷り、オリジナル製品を作ってもらいます。Tシャツでなくとも、家にある綿100%の製品であればどんな物にも刷ることができます。みなさん、版画の面白さ、楽しさを体験してみませんか!
*綿100%の製品を持ってきて下さい。数は問いません。
* 原画を10cm×15cmの枠の中で考えてきてもらえると作業が早く終わります。
  • 定員:18名
  • 会場:美術室
  • 担当:山口 亮
4.数の不思議!? ‐ 数字を並べてみよう(数学)
規則に従って数字を並べたものを数列といいます。ある規則にしたがって数 列を作っていくと、不思議なことが起こります。果たして、どんなことが起きる のでしょうか?実際に数列を作って、数の不思議さを体感しましょう。受講に あたって、数学が得意である必要はありません。一緒に楽しみましょう。
  • 定員:20名
  • 会場:1年1組
  • 担当:矢澤 一行

5.フエルトをつくろう(家庭)残席少
織物でも編み物でもないフエルト生地を、羊毛の性質を利用して作ります。石で文鎮を作ったり、自分だけの模様のフエルト布を作ってみましょう。
  • 定員:10名
  • 会場:被服室
  • 担当:松本 美穂
6.化学変化は突然に…?(理科)
化学反応は時に魔法を使ったかのように変化を みせることがあり、人々を驚かせます。しかし、化学反応は 魔法ではありません。法則にしたがって反応が進んでい ます。そこで今回は、時計反応と呼ばれる反応の実験を し、反応時間について考察していきます。
  • 定員:20名
  • 会場:化学室
  • 担当:氷見 康太郎

7.解剖でわかる体のしくみ ─鳥類の解剖(理科)
空を飛ぶことができる鳥類の体は、どのようなつくりになっているでしょうか。ニワトリを解剖し、ヒトの体のつくりと比較しながら、その共通点と相違点を調 べます。また、鳥類の卵の殻は、受精前と受精後のどちらにできるのでしょうか? 解剖をすると、その答えもわかります。
  • 定員:20名
  • 会場:生物室
  • 担当:折原 佳祐
8.出生前診断について考えよう(社会)
お母さんのお腹にいる赤ちゃんの健康状態を診断する検査 があります。赤ちゃんの健康に心配があれば、それに備えて出産準備 をするのが検査の目的です。ところが、赤ちゃんの健康に心配な診断 が出ると、出産をあきらめるご家族もあります。この出生前の診断が あることについて考える講座です。
  • 定員:20名
  • 会場:1年2組
  • 担当:横山 幸三

9.人が人を裁くということ(社会)
誰かを裁く? 自分が裁かれる!? けっして他人ごとでは ない司法の世界。まだ中学生だし関係ない? でも、14歳になった 君には刑事責任能力がある、刑法にはそう書かれているんです。実 際の事件をケースに模擬裁判をやってみましょう。答えのない問い をみんなで一緒に考えてみる、そんな和光の日常の授業の一コマを 体験する講座です。
  • 定員:20名
  • 会場:1年3組
  • 担当:赤城 貴紀
10.方言音読会(国語)
「てっ」「きときと」「ももっちい」「なまら」「どえりゃー」「じゃがじゃが」……身近な人やテレビ、ネット動画などで時々耳にする方言をまねしてみませんか。間違っていていいから、声の表現や方言を楽しんでみましょう。ウォーミングアップで交流し、「ご当地キャラ」をまじえて練習し、音読発表をします。

  • 定員:20名
  • 会場:1年4組
  • 担当:関根ちひろ

11.プログラミングってひつよう?(情報)
中学校でプログラミング教育が必修化になっていることは知ってい ますか?世界各国では既に小学校でプログラミング教育の必修化の取り組みを 進めています。アメリカの大統領、オバマ氏をはじめ、スティーブ・ジョブズやビ ル・ゲイツなど、世界の著名人がプログラミングの重要性について語っていま す。それでは、なぜそこまでプログラミングの勉強が必要なのでしょうか?その時 代背景を探りつつ、ボール型ロボットSpheroを使って、自分の思い通りにロボッ トを動かしてみましょう。
  • 定員:20名
  • 会場:第2コンピュータ室
  • 担当:林陽介

昨年度参加者インタビュー

在校生インタビュー

保護者むけ企画

オープンスクール当日に保護者向けの企画をご用意しております。 ※いずれか一つにご参加ください。
  • 企画①「卒業生に聞く和光高校」
    和光高校卒業生2人に和光高校のことや、卒業後のことを話してもらう講座です。和光中学から和光高校、大学へ進学した卒業生と、高校から和光に来て、大学へ進学し、社会人になった卒業生の2人から、和光高校での生活、経験を聞きます。友達関係は?学習については?進学については?など語ってもらい、みなさんからのご質問に答えてもらいます。
  • 企画②「国語〜『本気』と書いて・ウォーミングアップ集」
    毎学期、立ち上がりの授業ではいきなり本題である教材(評論や小説、古文など)にあえて入らず、「ウォーミングアップ」と称して、国語的な頭の体操を取り入れています。また、答案返却解説後などの、いわゆる隙間時間に用いることもあります。15分程度のちょっとした時間ですが、ここで磨かれるセンスや感性を大切にしています。生徒の反応もよい、そんなメニューを幾つかご体験いただければと思います。
  • 企画③「体験!和光高校の数学の授業」
    和光高校の数学は、1年:週4時間・2年:週4時間の必修授業と、2・3年の選択授業で構成されています。文理別クラス分けや、習熟度別クラス分けを行っていない本校では、あらゆる学力層、あらゆる要求に対応するために独自の工夫をたくさんしています。難解と思われる高校数学ですが、「数学おもしろい!」と言われるような実践を日々研究しています。そんな和光高校の数学を、実際の授業を体験していただきながらご紹介したいと思います。