生徒会活動

生徒会執行部

和光高等学校では、12名の執行委員が執行機関として生徒会活動をリードしています

各クラスから選出された2名の中央委員が、要求やクラブ承認などについて話し合い、議長団が年3回の生徒総会と中央委員会の議事運営を行います。クラブ活動では、クラブ長会議が開かれ、三役が中心となり、クラブ予算や、新歓オリテについて話し合います。

 

生徒会組織と代表的な組織紹介

生徒会組織図

  • 生徒総会
    全校生徒がそろって話し合う場で、和光生徒会の最高決議機関です。2月に年間活動方針と体育祭実施方針、6月に体育祭実施総括と文化祭実施方針、12月二年間活動総括と文化祭実施総括について話し合います。
  • 中央委員会
    各クラスから2名選出される中央委員は、和光高校生徒会の日常的な決議機関です。総会の議案所論議をリードしたり、生徒会員から出てきた要求項目について話し合ったり、新サークルを承認したりしています。
  • 学校協議会
    学校と生徒会の二者による協議機関です。1994年に始まり、毎年3、4回開かれます。生徒会からは、施設要求や選択授業にかかわる要求など、和光生活をより充実させるための提案がされ、学校からも生徒会へU字溝清掃の提案などがあり、一緒に学校づくりを進めています。

生徒会執行委員長長野さん

執行委員長
長野 天音さん

和光高校では「自分たちのことは自分で決める」という、自治活動ができる環境が整っています。私はこの和光での自治活動を通してさまざまな力がついたと感じています。
1つ目は「なぜ?」と考えられる力です。和光高校では生徒が自治を行うため、あくまで先生はサポートであり、自分たちが行うことには自分たちで責任をとらなければいけません。そのためひとつひとつの決定の責任はとても重く、たくさんの人でこの決定で良いのか、決まってしまうとどうなるのかを考えることが大切になります。その中でなぜやりたいのか、なぜ大切だと思うのかを考えることは重要なので、着実に「なぜ?」を考える力がつきます。
2つ目は主張する力です。生徒自治の活動は誰かの「こうしたい!」という主張から始まります。つまり、主張がないと何も始まらないし動きません。従って主張する力も求められます。
3つ目は、現実的な判断力です。和光ではこの力が求められることが多くあります。例えばHR で文化祭のクラス企画は何をしたいか話し合ったりすることや、それを行っていくとき、今は何をするべきで、それをするためには何が可能で、何が最善なのかを個々が考える必要があります。
このような力が求められる環境で過ごすことで、力がついたと感じます。この力は社会に出てからもとても役立つものだと考えていますし、この環境で得られる経験は和光でしか経験できないものだと思います。