生徒会活動

生徒会執行部

和光高等学校では、12名の執行委員が執行機関として生徒会活動をリードしています

各クラスから選出された2名の中央委員が、要求やクラブ承認などについて話し合い、議長団が年3回の生徒総会と中央委員会の議事運営を行います。クラブ活動では、クラブ長会議が開かれ、三役が中心となり、クラブ予算や、新歓オリテについて話し合います。

 

生徒会組織と代表的な組織紹介

生徒会組織図

  • 生徒総会
    全校生徒がそろって話し合う場で、和光生徒会の最高決議機関です。2月に年間活動方針と体育祭実施方針、6月に体育祭実施総括と文化祭実施方針、12月に年間活動総括と文化祭実施総括について話し合います。
  • 中央委員会
    各クラスから2名選出される中央委員は、和光高校生徒会の日常的な決議機関です。総会の議案所論議をリードしたり、生徒会員から出てきた要求項目について話し合ったり、新サークルを承認したりしています。
  • 学校協議会
    学校と生徒会の二者による協議機関です。1994年に始まり、毎年3、4回開かれます。生徒会からは、施設要求や選択授業にかかわる要求など、和光生活をより充実させるための提案がされ、学校からも生徒会へU字溝清掃の提案などがあり、一緒に学校づくりを進めています。

執行委員長 渡部 諒さん

執行委員長 渡部 諒さん

執行委員長より一言

和光高校の特徴といえば、生徒中心の自治でしょう。行事の内容や、その詳細なルールから普段の生活、クラブ活動についても生徒が自分たちで話し合い、決める事ができます。自分達で話し合い、決定し、その責任を果たすことで生徒中心の自治が成り立っているのです。全体に関わる話し合いには全校生徒が参加します。その中でも様々な立場や考えを持つ人がおり、多種多様な意見が出てきます。それらを切り捨てる事なく、生徒会の運営を行うのが我々執行委員会の仕事です。
そんな中で、今年度の執行委員会は「柔軟性」に重きを置いて活動をしています。多種多様な意見があり、さらにはコロナ禍という難しい状況に置かれている中で新しい挑戦を拒まずに活動し、全校生徒を下から支える存在として活動しています。

 

議長団議長 

議長団議長 塩濱光章さん

議長団議長より一言

議長団は主に、中央委員会や生徒総会の進行を務めています。この学校では、学校の活動を決定していくのは生徒一人一人です。
和光の特色といえば自由でしょう。自由であるということは、同時に責任が伴う事も意味しています。和光において自由は生徒たちによる自治から成り立っています。
これらが意味することは、和光においては一人一人がこの自由な共同体の一部を担っているという意識に基づき、学校をより良い方向に導く権利と義務を持っているということです。
こうした、生徒一人一人が持つ権利を発動できる場がクラスのHRであり、中央委員会であり、生徒総会です。この場を繋ぐ、円滑な自治のための土台づくりをサポートしていくことが私たちの役目です。
私たちは生徒一人一人が意思表示をし易い様に、自治に積極的に参加し易い環境づくりに努めていきます。