生徒会活動

生徒会執行部

和光高等学校では、12名の執行委員が執行機関として生徒会活動をリードしています

各クラスから選出された2名の中央委員が、要求やクラブ承認などについて話し合い、議長団が年3回の生徒総会と中央委員会の議事運営を行います。クラブ活動では、クラブ長会議が開かれ、三役が中心となり、クラブ予算や、新歓オリテについて話し合います。

 

生徒会組織と代表的な組織紹介

生徒会組織図

  • 生徒総会
    全校生徒がそろって話し合う場で、和光生徒会の最高決議機関です。2月に年間活動方針と体育祭実施方針、6月に体育祭実施総括と文化祭実施方針、12月二年間活動総括と文化祭実施総括について話し合います。
  • 中央委員会
    各クラスから2名選出される中央委員は、和光高校生徒会の日常的な決議機関です。総会の議案所論議をリードしたり、生徒会員から出てきた要求項目について話し合ったり、新サークルを承認したりしています。
  • 学校協議会
    学校と生徒会の二者による協議機関です。1994年に始まり、毎年3、4回開かれます。生徒会からは、施設要求や選択授業にかかわる要求など、和光生活をより充実させるための提案がされ、学校からも生徒会へU字溝清掃の提案などがあり、一緒に学校づくりを進めています。

執行委員長 上田 実祐さん

執行委員長 上田 実祐さん

執行委員長より一言

和光高校の生徒会とは「全校生徒の組織」のことで、他の学校とは少し違うかも知れません。全校生徒で話し合い、生徒一人ひとりの声をくみとり、生徒全体の合意で進めていきます。その話し合いが、明確でスムーズになるようサポートする役割を担っているのが執行委員会です。  和光高校では、行事やクラブ活動など自分達のことを決める時、自分達生徒が一から取り組むことが出来ます。自分達に任されているという自由があると同時に、責任ある自立した存在として、学校の中で認められているのです。
執行委員会はその中で、生徒会員(全校生徒)の下支えとして活動しています。

 

議長団議長 小林秀香

議長団議長 小林秀香

議長団議長より一言

議長団は主に、和光の主要な中央委員会や、生徒総会などの進行を務めています。「なぜそのテーマを話し合うのか」「どのように話し合いを進めていくか」など、目的や手段などを議長団で話し合い、入念に準備をすることが欠かせません。また、生徒会はあくまでも生徒会員をサポートしていく立場です。学校の活動を決める権利があるのは生徒会員(全校生徒)です。
和光高校の良さは、話し合う機会がたくさんあり、自分たちで物事を決められることです。しかし、それは逆に言えば黙っていては何も変わらないということです。だから、生徒会員自身も主体的に参加しなければ、それは本当の自治とは言えません。
和光にいれば自動的に自治ができるようになるわけではありません。和光の行事に参加する限りは意見を言うなり、何らかの意思表示をするなりして自分から機会を利用してほしいと思います。
和光の自治は生徒会と生徒会員が共に活動に取り組むからこそ成り立つのです。そして、私はその機会を少しでも有意義にするために努力していきます。