フィールドワーク

たけがみZOO展に行ってきました(絵画Ⅰ)

Web担当UR 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , ,
町田市民文学館ことばらんどで開催中の「たけがみZOO展」へ行ってきました。
IMG_2149
木版画家でもあり絵本作家でもある竹上妙さんは和光高校の卒業生でもあります。ご本人にも対面し、作品についてお話を聞くことができました。
大学時代に牛に囲まれ目と目が合ったことをきっかけに、「見たら見られた」を大事なテーマとして作品を制作されているそうです。展示されている動物を見ると、見つめ返されることに気が付きます。
未就学児でも楽しめるように作ったという今回の展示、生徒たちもしゃがんで子供たちの目線になってみたりもしました。
IMG_2155
たくさんの作品を見て、それぞれお気に入りの作品を見つけたり、「どうやって描かれているのかな?」とじっくりと見る生徒たちです。
IMG_2152
竹上さんに直接質問もして、楽しく鑑賞することができました。

相模川の河川敷で石斧づくり!?(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
2年選択授業「日本古代史研究」の生徒は、土曜日に、相模原市・田名向原遺跡に隣接する「旧石器はてな館」を訪れました。
まずは相模川の河川敷で「石斧」を作ります。割れやすい「ホルンフェルス」という石を見つけるところから始めます。
KIMG0173 KIMG0170
この石は、衝撃を加えると石の層に沿ってきれいに割れることから、古来から石器に使用されていました。

KIMG0178

石斧完成!
石斧完成!
硬い石で形を整え、「本格的な」石斧が完成しました。また午後は黒曜石を使って、槍先につける「尖頭器」、矢先につける「矢じり」などを作りました。
1655633434296_1655633434073_1655633432100_KIMG0186
古代の技術の高さに驚くとともに、黒曜石がなぜ相模原に集中したのか、だれがどうやって長野や栃木の黒曜石を運んだのかなど、多くの疑問も残りました。引き続き、授業で考察する予定です。

国際版画美術館へ行って作品鑑賞(版画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG-4293
国際版画美術館へ「彫刻刀が刻む戦後日本の版画運動」を鑑賞してきました。
2学期の研究旅行で制作する大型木版画の参考になればと思い、作品鑑賞に来ました。
当時の時代背景を確認しながら、当時彫られた版画作品を見ることは生徒に取っても新鮮だったようです。
IMG-4301 IMG-4296
1点、1点丁寧に見ていました。
IMG-4295
好きな作品の前で記念撮影。
IMG-4299
昔の新宿駅西口。
IMG-4300
展示作品の中でもっとも大きな作品です。

新大久保で多国籍文化に触れる(外国人と日本文化)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
6月2日、3年選択授業「外国人と日本文化」で、新大久保に足を伸ばしました。新大久保商店街振興組合、理事長大橋さんから、多国籍化している商店街の現状とその状況から生まれた、インターナショナル事業者交流会(通称4カ国会議)の様子を伺いました。
2677
韓国ブームから始まった新大久保の韓国イメージですが、実際のところは、ベトナム、ネパール、インドネシアなど多くの国から人々が集まり、ビジネスを展開し、そこに暮らしています。元から新大久保に住んでいる住民の方々とは、文化の違いから理解し合うことが難しい場面があること、地域と多文化が共生していく道を探るために始まったというお話がありました。
2678
そして、質問タイム。例えば、「具体的に文化が違って困るということはなんですか。」「4カ国会議は何語で開催されていますか。」「ヘイトスピーチなどのデモは、現在もあるのですか。」など、現場の方に聞くからこそわかることを聞いてきました。
2680
多国籍化以前からあるネパールの地域新聞社のSさんからもお話を聞きました。ネパールの人々のコミュニティーの中心としても大きな役割のある場です。日本を選んだ理由、働いていて感じることなど、生徒たちとのやりとりから、エピソードを交えて話していただきました。

東京都美術館へ(美術史)

ウェブ担当SA 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG-4312 (1)
久しぶりの快晴になったこの日、美術史の授業では今年初めての作品鑑賞に行ってきました。
鑑賞した展覧会は、東京都美術館(上野)
「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」です。
前回の授業で取り扱った画家、アンドレア・デル・ヴェロッキオの作品があり、生徒たちも真剣な眼差しで作品を見ていました。コロナの影響で中々本物の作品に触れる機会がありませんでしたが、ようやく出かけることができました。
可能な限り、生徒には本物に触れてもらえるよう出かけていきたいと改めて感じた1日となりました。

海と語らいエッセイを創る(日本文学研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG_7763
6月11日、2年「日本文学研究」では昨年に続き七里ヶ浜へ。まずは秋の研究旅行を意識して、小グループで2ヶ所を目標に歩きます。
IMG_7781
その後はお楽しみの、海と向き合う時間。尾道を舞台とした志賀直哉『清兵衛と瓢箪』をモチーフにエッセイ集を作成しますが、何らかの形で海を絡めなくてはなりません。
IMG_7782
1学期、この後は旅行地調べグループ学習そして文集の交流を。受講生たちは最初の腕の見せどころを迎えます。

「あした農場さん」との出会い(農と地域)

ウェブ担当SA 2年生, 教員ブログ タグ: , ,
2年生必修選択授業「農と地域」では町田で就農した「あした農場さん」にお話を聞き、畑作業の体験をしました。
KIMG3373
広告会社での仕事を辞め、
縁あって町田で就農した渡辺さんの話は、
みんな集中して聞きました。
野菜を買ってくれる方との信頼関係の話もありました。
KIMG3381 KIMG3388
農作業は、草刈りをしました。
最後には刈った草をあした農場で飼っている羊にあげました。
KIMG3380
短い時間でしたが濃密なひと時でした。

「印象派 光の系譜」展へ(美術史)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
昨日、授業時間を使って作品鑑賞に出かけました。
場所は東京駅から徒歩5分程のところにある「三菱一号館美術館」
の「印象派 光の系譜」展。
イスラエル博物館の収蔵作品を借りて展示されており、日本初公開の作品が多数ありました。
1
レッサー・ユリィ「風景」の作品を食い入るように見ています。
2
クロード・モネ 「睡蓮の池」日本初来日の作品です。
3
クロード・モネ「ジヴェルニーの娘たち、陽光を浴びて」
4
鑑賞を終え、先に出てきた生徒。中には暗くなるまで時間をかけてじっくり鑑賞する生徒もいました。
コロナも落ち着き、ようやく外に出て本物を鑑賞することができました。生徒は新しい発見と同時に、楽しい時間を過ごせたようです。
三菱一号館美術館の皆様、施設の紹介や展覧会の概要説明など本当にありがとうございました。来週からは再生素材のアートクレイシルバーを使っての実技授業(シルバーアクセサリー制作)になります。

自由律俳句をつくる(表現)

ウェブ担当YH 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG_6103

3年選択授業「表現」では10月25日、学校近くの薬師池公園へ。

IMG_6103
講座初のFWで、散策後に自由律俳句を5つ作ることが課題です。
昨年新しくできた西園では、憩いの時間を過ごすスペースも。

IMG_6107

受講生たちは思い思いに秋のひとときを過ごしました。

IMG_6108

※撮影のため一時的にマスクを外しています。

神奈川朝鮮高級学校生徒との交流(異文化研究Ⅰ)

Web担当UR 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , , ,

高校2年自由選択「異文化研究I」の授業では、日本社会を共に生きる外国人高校生との交流からよてい多様性が認められる将来について学んでいきます。

1 2

今回は、毎年交流している、神奈川朝鮮高級学校生徒との高校2年生20名と交流しました。普通に生活している中では考えたり、気づくことのできない発見や刺激の多きフィールドワークとなりました。

3 4

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求